今すぐ家庭で出来るリサイクル活動!3Rを実践するコツ

家庭で出来るリサイクルのコツをご紹介します。リサイクルは、決して難しいことではありません。そして、家庭で取り組むことに大きな意味があるのです。「3R」の意味をしっかりと理解して、今すぐリサイクル活動をはじめましょう。

1.「3R」とは?

1-1.3Rが重要となる理由

地球の資源には限りがあります。なにも考えずに使い続けていくと資源は減り、ごみだらけになるでしょう。また、ものをつくるときにも焼却するときにも二酸化炭素が発生します。そこで、資源を大切にしてごみを減らし、地球環境にもやさしい「3R」が重要となるのです。

1-2.リサイクルの意味

使用したものをそのまま捨てずに、資源として再利用することを「リサイクル」といいます。たとえば、空になったペットボトルを原料に変えて再利用するのはリサイクルです。そのためには、きちんと分別して回収しなければなりません。

また、焼却時に発生する熱エネルギーを再利用することもリサイクルのひとつです。資源を無駄にしないことが、リサイクルの基本的な考え方といえるでしょう。

1-3.3R活動はだれでも出来る

3R活動は、企業だけが取り組むものではありません。わたしたち一人ひとりが毎日の生活のなかで出来ることがたくさんあるのです。大人だけでなく、子供でも簡単に出来ます。ごみを増やさずに資源を大切にすることは、だれにでも出来ること。出来ることから、今すぐはじめてみましょう。

2.家庭で出来る!ごみを出さないようにする「Reduce(リデュース)」

ごみを増やさないために、ごみそのものを出さない工夫が必要となります。3Rのなかで最も効果的な取り組みが、このリデュースです。そして、最も簡単に取り組むことが出来ます。

2-1.レジ袋をもらわない

スーパーなどで買い物をすると、レジ袋に入れてもらえるでしょう。このレジ袋は、一人あたり年間で約300枚使っているといわれています。日本全体で考えると、年間300億枚ほどのレジ袋が使用されているというわけです。

レジ袋は、石油を原料としたポリエチレンでつくられています。石油はとても貴重な資源です。レジ袋を断ることで、石油を大切にすることが出来ます。また、1日1枚でもレジ袋を断るだけで、年間で約3キロものごみを減量出来るともいわれているのです。買い物をする際には常にマイバッグを持ち歩き、レジ袋をもらわないように心がけていきましょう。

2-2.必要なものだけを買う

ごみとなるものを買わなければ、ごみは増えません。ものを買うときには、本当に必要なものだけを選ぶようにしましょう。そのためには、計画的に買い物をすることが大切です。食料品を買いに出かける前には、冷蔵庫のなかをチェックしましょう。

そして、必要なものをメモしておきます。余計なものを買わないで済むだけでなく、節約も出来て一石二鳥です。また、買う量も考えてください。食料品は食べきれる量だけ買うようにします。そして、詰め替え出来る商品を選ぶことも大切です。

家具や雑貨などは、長く使えるものを選ぶようにしましょう。シンプルなものを選ぶと、飽きずに長く使い続けることが出来るはずです。

2-3.生ごみを減らす

家庭から出る可燃ごみの半分ほどが、生ごみといわれています。つまり、生ごみを出さない努力をすることによってごみを減量出来るというわけです。

生ごみを出さないために、食事はつくり過ぎないようにしましょう。そして、残さずきちんと食べることが大切です。それでも、生ごみが出てしまうことはあります。そのようなときには、水分を減らしてください。生ごみは約8割が水分です。水切りをきちんと行い、乾燥してから捨てるようにしましょう。

また、野菜くずは捨てずに使えるものがたくさんあります。たとえば、にんじんの皮やキャベツの芯などから野菜ジュースをつくることが出来るのです。牛乳やバナナを加えてスムージーにしてもよいでしょう。皮ごと調理することもできます。野菜の皮には栄養も多いので、おすすめです。

3.家庭で出来る!くりかえし使う「Reuse(リユース)」

ごみを出さないように心がけていても、どうしても不要なものはでてきます。そこで、必要なのがリユースの考え方です。不要なものをごみとして捨てるのではなく、もう一度使えるようにします。同じものをくりかえし使うことは、資源の節約に不可欠です。

3-1.リサイクルショップやフリーマーケットを利用する

まだ使えるものごみとしてすぐに捨てないでください。リサイクルショップやフリーマーケットを利用すれば、だれかに譲ることが出来る可能性があります。また、自分がものを買うときにもリサイクルショップやフリーマーケットなどを積極的に利用するとよいでしょう。
特にすぐにサイズが合わなくなる子供用の服は、譲り合うことが大切です。知り合いに声をかけてもよいでしょう。

3-2.修理しながら大切に使う

同じものを長く使い続けるためには、修理が必要です。どんなに質のよいものでも、長い間使っていると壊れてしまいます。しかし、壊れたからといって捨てる必要はありません。修理出来る限り、使い続けることが出来るのです。

そこで、街にある修理店を活用していきましょう。洋服や靴などを修理してくれるお店は意外とたくさんあります。素人判断であきらめてしまう前に、専門家に見てもらってください。最近は洋服や雑貨などが手ごろな値段で手に入るようになりました。だからといって、次から次へと買い替えているとごみが増える一方です。ものを大切に使う心を取り戻していきましょう。

3-3.別の使い方を考える

使えなくなったものでも、工夫しだいで活用出来ます。たとえば、着られなくなった洋服や汚れたタオルはぞうきんにしましょう。片面しか使っていない紙は、メモ用紙にすることも出来ます。

残った料理もつくり変えれば、無駄なく食べきることが出来るでしょう。つくり過ぎて残ってしまった肉じゃがをコロッケにするなど、工夫してみてください。

4.家庭で出来る!資源として再利用する「Recycle(リサイクル)」

リサイクルとは、不要になったものを原料や燃料にして再び利用することをいいます。

4-1.ごみをきちんと分別する

ごみは分別し、資源としてリサイクル出来るようにしましょう。たとえば、ダンボールやガラスびん、ペットボトルなどです。しかし、資源として使うためにはきちんと分別する必要があります。自治体のルールに従って、一人ひとりがしっかりと分別することが大切です。

4-2.リサイクル出来る商品を選ぶ

「リターナブルびん」をご存じでしょうか? 古くからあるビールびんや牛乳びんなど、洗浄して何度も使うことの出来るびんのことです。最近は紙パックやペットボトルが主流となっていますが、リターナブルびんを積極的に使うようにしましょう。

4-3.資源回収に協力する

お住まいの地域では、自治会やPTAなどが主催する資源回収が行われていると思います。営利目的ではなく、住民が協力して古紙類などを回収してリサイクルに協力しているのです。このような資源回収にも積極的に参加しましょう。

まとめ

家庭で出来る3R活動をもう一度まとめておきます。

  • レジ袋をもらわない
  • 必要なものだけを買う
  • 生ごみを減らす
  • リサイクルショップやフリーマーケットを利用する
  • 修理しながら大切に使う
  • 別の使い方を考える
  • ごみをきちんと分別する
  • リサイクル出来る商品を選ぶ
  • 資源回収に協力する

たった少しの努力をするだけで、わたしたちの大切な資源を守ることが出来るのです。やれることから、すぐにはじめてみましょう。