葬儀後にやることには何がある? リストやコツを詳しく解説します!

親族の葬儀後には、やることがたくさんあるものです。ゆっくり悲しむのは後にして、やるべきことを片づけてしまいましょう。しかし、何をいつまでにやるべきなのかよく分からないことも多いものです。そこで、今回は、葬儀後にやることについて、チェックリストやコツなど詳しく解説します。

  1. 葬儀後にやることの基礎知識
  2. 葬儀後にやることのチェックリスト
  3. 葬儀後に主にやることは?
  4. 葬儀後の遺品整理について
  5. 葬儀後にやることに関するよくある質問

この記事を読むことで、葬儀後にやることについて詳しく分かります、まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.葬儀後にやることの基礎知識

最初に、葬儀後にやることの基礎知識を学びましょう。

1-1.葬儀後にやるべきことには何がある?

人が亡くなっても、葬儀が終わって完了ではありません。葬儀後も法要は続きます。また、四十九日法要が終わったら納骨も伴うでしょう。さらに、役所やそのほかの手続きをこなす必要があります。人が生活するためには、多くの契約や登録を伴っているため、ひとつずつ解約・名義変更・登録の取り消しなどを行う必要があるのです。

1-2.四十九日との関係や手続きの期限・日程

葬儀後の手続きには、四十九日法要までに行うべきものと、後日でも構わないものに分かれます。それぞれの手続きで期限を確認し、遅れないようにしましょう。四十九日が過ぎるまでは、法要関連でバタバタするものです。法要関連のスケジュール決めや手配などは、寺や親族と相談して早めに決めてください。また、合間を見てそのほかの手続きを確認し実行しておきましょう。

1-3.緊急度の高いものから手をつけよう

葬儀が終わると、一段落したことで気がゆるみます。しかし、葬儀後にはまだやるべきことがたくさん残っているのでまだ油断は禁物です。まずは、緊急度の高いものから順番に手をつけていきましょう。手続きもれがあると後から大変になるので、チェックリストを用意して確認しながら進めることをおすすめします。

2.葬儀後にやることのチェックリスト

葬儀後にやるべきことを、チェックリストで細かく確認しておきましょう。

2-1.葬儀・墓に関すること

葬儀や墓に関することは、以下のチェックリストを参考にしてください。

  • お香典の取りまとめと返礼の手配について
  • 葬儀費用の支払期日・方法
  • 今後の法要スケジュールと必要な手配について
  • 墓の用意はできているか
  • 納骨はいつのタイミングにするか
  • 墓がない場合はどうするか(購入するもしくは共同墓地に納骨する)

2-2.各種手続きに関すること

そのほかの手続きに関しては、以下のチェックリストを参考にしてください。このほかにも、必要なものがあったらリストに加え、忘れないようにしましょう。

  • ガス・水道・電気・電話の停止もしくは契約者変更手続き
  • 故人の確定申告
  • 生命保険金の請求
  • 扶養控除の異動申告
  • クレジットカードの解約手続き

3.葬儀後に主にやることは?

葬儀後、主にやることについて手順や進め方など詳しく解説します。

3-1.葬儀後にやることの手順・進め方

葬儀後にやるべきことは、とてもたくさんあります。前述したチェックリストを参考に、まずは、どんなことを行うべきか分かりやすく一覧にするといいでしょう。葬儀会社から手続き一覧をもらえることもあるので確認してください。役所関連の手続きは、期限が決まっているものが多くあります。優先順位をつけ、ひとつずつ進めてください。実際にどんな手続きが必要かについては、役所に聞いてみることをおすすめします。

3-2.葬儀後に主にやるべきことは?

葬儀後で主にやるべきことには、主にお金に関する手続きとなります。たとえば、以下のようなまた、遺品整理や遺産相続についても早めに手をつけるといいでしょう。

  • 葬祭費・埋葬費の請求(各役所・健康保険組合などへ)
  • 年金の支給停止手続き
  • 遺族年金の請求
  • 健康保険の脱退手続き
  • 遺品整理
  • 遺言状の有無の確認
  • 遺産相続手続き

3-3.葬儀後に忘れがちなこと

葬儀後にやるべきこととして、故人が生前利用していたサービス・所属していた団体について、解約・脱退届を忘れがちなので注意しましょう。特に、会費を支払っているものに関しては早急に手続きを進めてください。また、葬儀後には折を見てお世話になった方々へのお礼回りを行いましょう。葬儀中は、何かと行き届かないことがあるものです。親族や近所の方で葬儀の手伝いをしてもらった場合など、忘れずに行っておきましょう。また、遺品整理を行うことも考えなくてはいけません。

4.葬儀後の遺品整理について

葬儀後の遺品整理について、タイミング・方法・最近の傾向など詳しく解説します。

4-1.遺品整理のタイミングは?

遺品整理は、この日まで必ず行う必要がある期限はありません。ただし、賃貸物件の場合は、退去日までに済ませる必要があります。持ち家の場合は、四十九日法要が終わってから行う人が多いでしょう。四十九日法要が過ぎれば、日程にも余裕ができるからです。なお、遺産相続が発生しそうな場合は、早めに手をつけてください。現金・預金通帳など、資産価値があるものが遺産相続手続き開始後に発見されると何かと面倒です。

4-2.遺品整理の方法

遺品整理でやるべきことには、以下のようなものがあります。

  • ゴミの処分
  • 遺品の捜索・選別
  • 不用品の仕分け・処分
  • 大掃除

遺品整理は作業量が多く、時間と労力が必要になるため、計画的に進めることが大切です。

4-3.遺品整理に関する最近の傾向

最近は、遺品整理を自分たちで行うのではなく、遺品整理業者に依頼するケースが増えています。お金がかかっても、時間と労力を節約できることは大きなメリットです。また、遠方で通うことが難しい場合や、ゴミ屋敷・孤独死後のような状況でも、プロに任せると安心できます。超高齢化社会を迎え、遺品整理のニーズは増える一方です。

4-4.遺品整理業者の選び方と注意点

遺品整理を業者に依頼する場合は、以下のようなところにするといいでしょう。

  • 遺品整理で豊富な実績と知識を持っている
  • 不用品回収・買取も行っている
  • 見積もりは無料
  • 分かりやすい料金システム
  • 希望の日時・場所での作業が可能
  • 遺品整理士の資格を持ったスタッフがいる
  • 特殊清掃の依頼も可能
  • スタッフが礼儀正しくて親切
  • 作業時の損害賠償保険に加入している

なお、遺品整理業者の中には、遺族が悲しんでいる最中にやさしい言葉をかけて近づき、高額な契約を取りつけるところもあります。また、きちんとした知識を持たない業者に依頼すると遺品を雑に扱われることもあるでしょう。遺品整理業者選びは、慎重に行うことが必要です。

5.葬儀後にやることに関するよくある質問

最後に、葬儀後にやることに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.葬儀後の手続きは誰が行うべきですか?
A.誰がするべきだということはありません。しかし、遺族の中で、キーパーソンを決めて進めることをおすすめします。窓口になる人を決めておくことで、スムーズに手続きを行うことが可能です。ただし、特定の人だけに負担がかかりがちなので、周囲のサポートを欠かさないようにしましょう。

Q.葬儀後の手続きを代行してもらうことは可能ですか?
A.基本的には、遺族が行うものですが、代行してもらえる場合もあります。ただし、遺族からの委任状が必要なことがほとんどでしょう。葬儀後の手続きは重要なものが多いので、信頼できる相手に委任するようにしてください。

Q.葬儀後の手続きで忘れていたものが発覚した場合は?
A.すぐに関係先に確認してください。手続き忘れでも、後から対応できることがあります。ただし、手続き忘れによる不利益(不必要な公共料金の支払いなど)は、取り戻せる可能性が低いでしょう。

Q.遺品整理を自分たちで行うときの注意点は?
A.まずは、綿密に計画を立てましょう。日程や作業時間・やることをリスト化しておくことで、作業効率を高めることができます。当日は、こまめに進み具合をチェックし、遅れていたら修正していきましょう。なお、人手と時間には余裕を持っておいてください。万が一途中で挫折したときは無理をせず、業者に相談しましょう。

Q.葬儀後に役所で申請した費用はいつ入金されますか?
A.葬祭費などは、申請してから数週間かかることが多いでしょう。役所によっても異なるため、確認しておくと安心です。なお、葬儀費用の支払いは分割払いやクレジットカード払いができないところもあるので、葬祭費などの支給金を当てにせず、別途準備をしておきましょう。

まとめ

今回は、葬儀後にやることについて詳しく解説しました。親族の葬儀が終わっても、まだたくさんやるべきことが残っているものです。効率よく手続きを進めるためには、何をいつまでに手続きするかきちんと確認しておきましょう。やることリストを作って、緊急性の高いものから手をつけると確実です。なお、葬儀後には徐々に遺品整理の計画を立てることもおすすめします。遺品整理は、四十九日法要後のタイミングで構いませんが早めに業者の手配をするなどすれば、余裕を持って対応できるでしょう。