家がもっと輝くかも!! エクステリアの3つの魅力とは?

エクステリアとは、庭や外構、外壁など家の外を飾るものの総称です。
家の内部の装飾の総称をインテリア、といいますが、その対義語ですね。
家本体に比べてエクステリアは少々軽く考えられる傾向にありますが、エクステリアが上手くいくと家がもっと輝いて見えるだけでなく、暮らしやすさも向上するのです。
今回はそのエクステリアの魅力をご紹介します。

エクステリアの魅力その1 家の住人の個性が出せる

エクステリアは家の住人の個性が色濃く反映されます。
ニュータウンなどで同じような住宅が並んでいても、エクステリアでどこのお宅か区別がつくことも多いでしょう。
日本の住宅は欧米の住宅に比べると、無個性だと言われることが多いですが、エクステリアを工夫すれば、世界にただひとつ、自分だけの家が完成するのです。
そうなると、家に対する愛着も一層高まることでしょう。

エクステリアの魅力その2 家族の絆が深まる

ガーデニングやウッドデッキの設置などもエクステリアの範疇です。
四季折々にきれいな花が咲きみだれる庭や、ベンチなどを置いて暖かな日差しを浴びてくつろげるウッドデッキなどが家にあれば、家族が自然とそこに集まるようになり、会話も増えます。
また、嫌なことがあって落ち込んでいる時でも、きれいな風景やそこで楽しげに遊ぶ家族の姿を見れば再び元気が湧いてくることでしょう。

エクステリアの魅力その3 家がもっと住みやすくなる

家は建てる場所によって段差があったり、雨の日に周囲がぬかるんだりします。
少しぐらいの不便は我慢しなくてはいけない、と思っている方も多いでしょうが、エクステリアを工夫することによって、それらの不便を解消することができるのです。
たとえば、段差があるところにスロープをつけることによって、出入りがぐっと楽になります。
また、雨の日、玄関までできるだけ濡れないようにいくことができるカーポートなども作ることができるでしょう。
予算との兼ね合いもあり、小さな不便があるところに家を建ててしまった方、エクステリアで十分に補うことができます。
また、お隣との仲を良好に保つためには、お互いのプライバシーを侵害しないことが大切。
目隠しを付ければ我が家だけでなくお隣のプライバシーも保つことができるのです。

いかがでしたでしょうか。
こうして例を挙げてみると、エクステリアの魅力はたくさんあるのですね。
これから家を建てるという方・家をもっと住みやすくしたい、という方ぜひエクステリアを工夫してみてくださいね。