押入れを活用しよう!収納のアイデア3つ

部屋の中というのは、すっきりキレイに片付いているのが理想。
でも生活をしていると、どうしても生活感は出てしまいますよね。
じゃあどうやって片付けるのか…。収納を増やしてしまえば片付いたように見えるかもしれませんが、収納が増えすぎてしまうのも、部屋の生活感が出てしまう要素になります。
できるだけすっきりキレイに片付けるためには、備え付けの収納をどれだけ活用できるか、そこがポイントとなってきます。和室には必ずといっていいほど備え付けでついている押入れを、上手に収納場所として活用するアイデアをご紹介していきます。

ぴったりの収納用具を探す

押入れのスペースというのはかなり限られてきます。
寸法が決まっているので、適当に収納用具を詰め込んでいけばいいというわけではありません。
小さな隙間も活用することが大切なので、きちんと寸法を測って、ぴったりの押入れ用収納用具を探してみましょう。
最近は押入れ専用という収納用具も増えていますので、ぴったりのものが見つかるはずです。

ポイントは奥行きを活用すること

押入れは奥行きが比較的深い収納ができるスペースです。
本来であれば、布団などをしまうためにあったのですが、最近はベッドを使用する人が多くなったので布団を収納している人は減りました。
押入れ特有の奥行きを活かすという意味でも、後ろ半分に棚を置いて前には扇風機やストーブなども置けるような広いスペースを確保すると見た目もスッキリしますし、全てを収納用具にしてしまうよりも色々なものがしまえて便利です。

突っ張り棒でクローゼットに

突っ張り棒をつければすぐにクローゼットにかわってくれるので、洋服をかけて収納したい人向けです。
上下で分かれているのでコートなど丈の長いものは収納しにくいですが、シャツやブラウス・スカートなどは楽々入ります。
突っ張りはできれば頑丈なものを選んで、簡単には落ちてこないものを選ぶと、耐久性もアップしていいと思います。

まとめ

  • ぴったりの収納用具を探す
  • ポイントは奥行きを活用すること
  • 突っ張り棒でクローゼットに

押入れ収納がしやすくなるアイデア3つをご紹介しました。
生活スタイルに合わせて押入れに何を収納したいかが変わると思いますので、これら3つを利用して収納をしたいものを収納できる便利な押入れ収納スペースを作ってみてください。
作り付けの収納である押入れにたっぷり収納できれば、余計な収納家具を購入することなく、部屋が広くすっきりとしてくれます。
もしそれでも入りきらないというときは、思い切って不要なものは処分するなど、片付けには思い切りも大事ですよ。