部屋を広くみせる方法を3つ紹介! ~ポイントを掴んで部屋を広くしょう~

部屋が狭くても一工夫をすれば広い部屋に変身させることができます。
「部屋を広くみせたい」「広々とした部屋のなかで生活したい」と思っている人はきっと役に立つでしょう。
部屋を広くみせる方法についていくつか紹介していきたいと思います。
どのような方法があるのか知り、自分の部屋を広い部屋に変えていってください。
部屋を広くみせる3つのポイントを紹介します。

ポイント1:「抜け」をつくり、視界を広くしよう

視野の「抜け」を利用する方法があります。
「抜け」とは視界が遮らないことを指しています。
例えば、玄関に入るとすぐ視界に入る大きな置物があったり、リビングに入ると同時に家具が視界に入ってしまうと自然と部屋が狭く感じてしまいます。
このようなレイアウトには「抜け」がまったく感じられません。
「抜け」をつくるためには、部屋の入り口からみえるところに大きなものを置かないこと、入り口から部屋の奥まで視界が広がるように長く突き抜けることができる空間をつくることが大切です。
入り口付近にはできるだけ家具やものを置かないようにしてください。
もし、背の高い家具を置くのであれば、入り口付近ではなく部屋の奥に置くと部屋を広く保つことができます
。家具の配置やレイアウトを考えることも部屋を広くみせる重要なポイントです。

ポイント2:圧迫感を与えない色を使おう

なんとなく狭く感じてしまう部屋は共通して圧迫感のある色を使っている傾向があります。
色が濃い目のものばかり部屋に置いてしまうとゴチャゴチャになってしまい、部屋が圧迫されているように感じてしまうものです。
圧迫感を与えない色といえば「白」が1番でしょう。
白は光を反射してくれるため、より部屋を広く感じさせることができます。
明るく爽やか、清潔感あふれる白は初心者でも使いやすいと思います。
白を基調にした部屋は明るみを増し、部屋も広くみせることができ、一石二鳥です。
どのような色で統一しようか迷っている人はぜひ白に統一してみてはいかがでしょうか。
カーテンも白の壁紙にあわせた色を選択するとより部屋を広くみせることができるのでオススメです。

ポイント3:凸凹のないレイアウトにする

部屋の中に高い家具・低い家具どちらとも置いてしまうと部屋が狭くなってしまいます。
また、あちこち家具を分散させて置くこともNGです。
広く部屋をみせるためには部屋全体が凸凹にならないように工夫しなければなりません。
天井が低くても低いソファーやテーブル、家具を配置すれば自然と高い天井に感じられますし、広々とした部屋づくりができます。
ポイントとしては、「壁面を多くみせる」こと。壁面がいろいろな掛け物、飾りで埋まってしまうと狭くなってしまうのです。
壁面を多くみせた方が広々とした部屋に感じられます。
もし壁にかけたいものがあれば、シンプルなデザインにすることです。
このように、凸凹のないレイアウトを心がけるだけでも部屋は大きく見違えます。

まとめ

部屋を広くみせる方法についてまとめてみました。

  • 「抜け」をつくる
  • 「白」を活用する
  • 「凸凹」のない部屋にする

以上の3つのポイントが主に挙げられます。
これらのポイントをしっかり踏まえたうえで、上手に家具を配置していけば狭い部屋でも広くみせることができるでしょう。
ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!