片付けが苦手な人でもできる簡単な片付け方法や収納について徹底解説

片付けは、めんどくさい・やる気が出ないと感じることから、後回しにしてしまうことが多いでしょう。そもそも片付けや掃除が苦手という方もいます。片付けをうまく進めるためには、目標を定めておくことが大切です。また、ものを増やさず、管理しやすい環境を作り出すこともポイントになります。片付けが苦手だと感じている方も、少しずつ住みやすい環境作りを始める努力をしましょう。

本記事では、片付けのポイントや苦手な人でもできる片付け方をご紹介します。

  1. 片付けが苦手な人の特徴
  2. 片付けが苦手でも実践できること
  3. 片付けでまずやるべきこと
  4. 片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、片付けについてよく分かります。また、片付けのコツや簡単な片付け方も理解できるでしょう。片付けで困っている方は必見です。

1.片付けが苦手な人の特徴

なぜ片付けができないのでしょうか? 片付けられない理由をご紹介します。また、片付けで得られるメリットも覚えておきましょう。

1-1.片付けられない理由・特徴

片付けが苦手な人は、掃除も苦手であるケースが多いものです。片付けができない理由は、めんどくさい・片付け方が分からない・ものを捨てられない・先延ばしにしてしまうなどが挙げられます。持ちものが、自分で管理できる量を超えている場合、手を付けられない・収拾がつかなくなるなどの理由から、片付けを後回しにしてしまうものです。

1-2.片付けのメリット

散らかったものをしまう・不要なものを捨てるなど、手順を踏んで片付けを始めましょう。ものを減らすことで管理がしやすくなり、快適な部屋にすることができます。そのため、部屋がごちゃごちゃで何がどこにあるのか分からないといった混乱を回避でき、探し物が減るというメリットが得られるでしょう。持ちものを最小限に抑えることで、1つ1つを大切にする意識も芽生えます。机の上が片付けば、集中力が高まり、作業効率もアップするでしょう。また、ものを減らすことで収納がシンプルになり、害虫やカビなどの発生リスクも軽減できるのです。

2.片付けが苦手でも実践できること

片付けが苦手でも、ポイントを押さえておくだけで上手に片付けを進めることができます。片付けを始める前に覚えておきたいことをまとめました。

2-1.ものを捨てる・増やさない

片付けが苦手な人は、ものに対する執着心が強い傾向にあります。もったいないという気持ちが優位に立ち、ものを捨てることができないのです。衝動買いをしてしまうことが多い人は注意してください。ものを捨てることと同時に、増やさない努力も必要です。ものを大切に思う心は理解できますが、必要品と不用品の分別はきちんと行いましょう。

2-2.収納を増やさない

しまうのが苦手な人は、ものを押し込むために収納を増やそうとする傾向にあります。しかし、収納を増やすことは、ものを増やすことにつながるため、安易に新たな収納を買わないように注意しましょう。既存の収納だけを活用し、収納スペースに見合った量にしてください。

2-3.心理状態

片付けが苦手な人は心理面の問題や病気を抱えている場合があります。セルフネグレクトという意欲喪失障害などです。また、精神的に不安定な状態が続くと、ものに囲まれていることに安心感を抱き、手放すことに不安を覚えることがあります。また、片付けが苦手な人に共通するのは、思い入れのある品だと抱え込んでしまい、いつまでも固執することでしょう。ものを手放すことで心身ともに自由になることができます。ものに依存する心を解放し、気持ちや思考をリセットしましょう。

2-4.汚部屋のリスクを考える

近年は、汚部屋やゴミ屋敷などが社会問題となっています。まず、片付けの必要性を再認識し、汚部屋に住むリスクをしっかり理解しましょう。汚部屋には害虫などが発生し、健康を害する危険性が潜んでいます。不衛生な環境に住み続けることで、やる気や意欲がみるみる奪われてしまい、心もどんどん蝕(むしば)まれていくのです。

2-5.プロに依頼する

ものの量が多すぎて、片付けを自力で行うのが困難な場合は、思いきってプロに依頼する方法がおすすめです。手順が分からない・収納を使いこなすことができない・ものを処分できないという場合は、自分でやるよりプロの目線で進めてもらうほうがいいでしょう。

2-6.必要品と不用品の見極めからスタートする

片付けが苦手な人がいきなり家の中を掃除しようとするのは、とてもハードルが高い作業です。まず、ものの見極めから始めましょう。必要品と不用品の仕分けをし、不用品を思いきって処分してから片付けを開始してください。思い出や感傷に浸(ひた)ることなく、淡々と作業を進めるのがポイントです。

3.片付けでまずやるべきこと

片付けは、苦手意識を持っていると手を付けることさえできません。できることから始め、少しずつ範囲を広げていきましょう。

3-1.まず目標を設定する

片付けの目標は、人それぞれ異なります。理想を形にするため、インテリア雑誌などを参考に、イメージを具体的に想像する方法がおすすめです。住みたい部屋をイメージすることで、片付けや収納の仕方を考えるきっかけになります。自分の定めた目標に向け、断捨離や片付けを実行しましょう。

3-2.小さなところから始める

片付けを始めるときは、狭い範囲や小さなところからスタートしましょう。ものを出して仕分けをし、処分して必要なものだけをしまうという作業を繰り返すのが片付けです。そのため、いきなり広い場所から手を付けてしまった場合、収拾が付かなくなってしまいます。まずはソファーの上やベッド周辺など、小さなところを1つ片付ければ、やり遂げたという自信にもつながるでしょう。徐々に片付ける範囲を広げるようにしてみてください。

3-3.仕分ける

既述したとおり、仕分けが片付けの第一段階です。抱え込んでいたものを思いきって処分する断捨離を実行しましょう。ものの数を減らすだけで、片付けがスムーズに進みます。仕分けをするときは、ものをいったん取り出し、ダンボールに「必要品」「不用品」「保留」と3段階に分けてみましょう。深く考えず、直感で判断していく方法がおすすめです。

3-4.置き場所を決めて入れる

片付けが苦手な人の多くが、収納をうまく使えていません。ものの仕分けをしたら、置き場所を決めてしまいましょう。収納は目一杯使わず、8割程度を目安にしてください。ものの定位置を決めるだけで、片付けやすさが増します。苦手意識が高い人ほど有効な方法です。ぜひ実践してみてください。

3-5.毎日5分でも片付ける時間を作る

片付けは、1回やれば終わりではありません。日常生活できちんと片付けをする習慣を持たなければ、あっという間にごちゃごちゃした環境に逆戻りする可能性もあります。毎日5分でも構いません。片付けをして、環境をリセットする習慣を持ちましょう。

4.片付けに関してよくある質問

片付けに関する疑問を集めました。ご一読ください。

Q.ものを捨てるのが惜しい場合はどうすべきか?
A.片付けの基本は、ものを捨てることです。しかし、惜しいと感じるようなら、リサイクルショップなどに売却するか、フリマアプリなどを使って個人売買をするなどの方法で処分を考えましょう。売れたら収益になるので、惜しみなく手放すことができます。

Q.片付けを始めるとだらだらと作業してしまう
A.だらだら作業をするのはよくありません。テレビなど集中力を妨げるものはきるなど、片付けることだけ考えるようにしてください。タイマーをセットし、30分や1時間など時間を決め、集中して実行するようにしましょう。

Q.きれいに掃除した部屋を維持するコツは?
A.毎日5分の片付けに加え、人を招く習慣を持つことです。人目に触れるという環境にするだけで、人の意識は変わります。きれいな状態を維持しようという心構えができるのです。

Q.かさばる書類はどうすべきか?
A.必要な書類に限定にして残し、残りは電子化することをおすすめします。書類は意外と場所を取るものです。電子化してスリムに収納するように心がけてください。

Q.ものを捨てる基準は?
A.1年間手を付けていないものは、今後も使わないものと判断していいでしょう。特に、衣類は流行(りゅうこう)があり、年数が経(た)つと着るのもはばかるものです。思いきって処分してください。

まとめ

いかがでしたか? 片付けは、めんどくさい・片付け方が分からない・ものを捨てられないなどの理由で、苦手意識を持つ方が多いものです。しかし、ごちゃごちゃした環境は健康にも悪く、やる気が出ないなどメンタルにも悪影響を及ぼします。片付けはまずものを処分し、ものの定位置を決めることから始めましょう。ものの量を減らすことで、持ちものの管理もしやすくなります。ものへの執着心を捨て、片付けで心身ともにリセットしましょう。