大切な住まいを長持ちさせるために。家のメンテナンスをする時期と場所を知っておこう!

長年住んできた家を、より住みやすい家にするためにリフォームは行われます。
家というものは「建ててしまえばそれで終わり」という訳ではありません。
やはり老朽化はあるものですから、無理に古い状態で住んでいると建物として耐久性の問題など…色々と発生します。
また、住んでいる人の年齢があがるというのもリフォームを考えなくてはならない大きなポイントです。
住みやすい家、そして住んでいて安全な家が一番。
家のメンテナンス方法やメンテナンスを実施するべき時期についてご紹介したいと思います。

基本のメンテナンスはこまめな掃除

メンテナンスというと大げさに考えてしまいますが、普段のこまめな掃除もある意味メンテナンスです。
常にいい状態を保つことで、老朽化は最小限に抑えられるでしょう。
普段の掃除をさぼりがちだと、どうしても家そのものが傷みやすくなります。
せっかく建てた家、購入した家ですから、自分の家の価値を守るためにも掃除は必須です。

メンテナンスするべき場所を知ろう

リフォームというととても大掛かりで、数十年に一度という考え方をしている人が多いでしょう。
しかし、実はリフォームやメンテナンスは5年に一度考えておいてください。
もちろん5年で全てリフォームしなくてはいけないというわけではなく、5年に一度必要なものもあれば、10年に一度、15年に一度という頻度は場所や建物の状況によっても変わります。
5年に一度実施するべきことについては、床下のメンテナンスなど…そして15年に一度実施するべきことはキッチンや洗面台など水周りの取替えなどが挙げられます。

壊れてからではなく、周期を決めておこう

リフォームやメンテナンスはどこか不具合があってから考えればいい、その考えは実は間違っています。
不具合が起きてくると、家にとってよくないことがたくさん起こります。
その影響で他の場所が傷むことも考えられますので、不具合が生じる前に定期的にメンテナンスが必要です。
5年に一度の周期で考える、これをオススメしたのは、壊れたものの影響を他の場所が受けないように、という意味です。
また手遅れになれば、意外とダメージが大きく広がっている可能性もあり、リフォームやメンテナンスが大掛かりになるかもしれません。
そうなれば時間もかかりますし、費用もかかります。
お金をかけないために限界まで家をそのままにしておいた結果、逆にお金を使わなくてはなりません。
リフォームやメンテナンスで必要以上のお金を使わなくてもいいようにきちんと周期を決めてくださいね。

いかがでしょうか?
今回の記事では、

  • 基本のメンテナンスはこまめな掃除
  • メンテナンスするべき場所を知ろう
  • 壊れてからではなく、周期を決めておこう

この3つをご紹介しました。
こまめに掃除をしてできる限り老朽化を防ぎ、家をいい状態で維持しながらも、メンテナンスするべきところは5年に一度ぐらいで検査をしましょう。
そして痛みが激しくなる前にきちんとリフォーム・メンテナンスをして暮らしていく…それが家を長持ちさせる秘訣です。