買い替え時はここ!! マンションの買い替えるときのタイミングとは?

家族構成の変化などで今住んでいるマンションを買い替えたいと思った時、悩むのはそのタイミングです。
いったいどのタイミングで行えば経済的にも負担が少なく、満足いく買い替えができるでしょうか。
今回は買い替えのタイミングを4つご紹介しましょう。
今のマンションを買い替えたい、と考えている方はぜひ読んでみてください。

マンションの買い替え時その1 売却したお金でローンが返済できそうな時

マンションを買うとき、多くの方がローンを組みます。
マンションを買い替えるということは現在残っているローンマンションを売ったお金で相殺する必要があるのです。
売却額がローン残高に近いか、それより多いほど買い替えはスムーズ行えます。
新しい住居の目星がつき、売却したお金でローンが返済できそうな場合が買い替えの最高のタイミングといえるでしょう。

マンションの買い替え時その2 マンションの価値が上がった時

バブルがはじけて以来、住宅は住み続けるほど価値が下がるのが一般的ですが、まれに価値が上がる場合があります。
特急が止まる駅ができたり、開発が進んだりした場合は値段が上がりやすいですね。
買い替えを検討しているときにマンションの価値が上がったら、最高のタイミングです。
ローン残高よりマンションの売却額が高くなることが多くなるため、買い替えがスムーズに進むでしょう。

マンションの買い替え時その3 良い買い替え物件が見つかった時

もうローンの返済が終わった、という方は良い物件が見つかった時が買い替えのタイミングです。
ローンが残っていなければ、新しくローンを組んでも負担が極端に増えることはありません。
新しい新居に引っ越した後にじっくりと買い手を探すこともできます。

マンションの買い替え時その4 今住んでいるマンションを買いたいという人が出た時

今、日本では借り手の見つからない空き家が増えているそうです。人口が減少に転じ、住宅の需要が少なくなっているからでしょうか。
中古マンションは一軒家よりも買い手が付きやすいですが、それでも立地条件や値段によっては買い手が見つかりにくい物件もあります。
そのような中で「あなたの家をぜひ買いたい」という方が現れた時は、買い替えの良いタイミングといえるでしょう。
新しく買う予定の物件がまだ決まっていないという場合は、売却したお金でローンを返済し一時賃貸に仮住まいをしながら新しい部屋を探すこともできます。少々面倒ですが、買い手が付きにくい立地や築年数のマンションにお住まいの方にはおすすめです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はマンションの買い替えのタイミングについてご紹介しました。
家庭の経済状態やローンの残高も考えて、一番良い方法を選んでください。