失敗しないで就活写真を撮る! 撮影前に知っておきたい3つのコツ

就活で使う写真。それは企業にあなたのイメージを伝える重要な道具です。
ですから、就活で使う写真は写りの良いものを使用しなければなりません。
「あなたと働きたい」と企業側に思ってもらえるような、写りの良い写真と取るためには幾つかコツがあるんですよ。
あなたもそのコツを知りたいと思いませんか?
そこで本日は、失敗しないで就活写真を撮るコツを3つご紹介します。就活にふさわしい写りの良い写真を手に入れるために是非お役立てくださいね。

コツその1:就活写真はリラックスできる雰囲気の写真スタジオで撮ってもらう

あなたの就活写真。どこで撮影する予定ですか?
就活に使う写真は写真屋さんで撮って貰うのがベストな方法です。写真屋さんは写真のプロなので、どうやったら写りの良い就活写真を撮ることができるのかということを良く知っていることでしょう。
写真屋さんを選ぶときには、表情の作り方・姿勢等を的確にアドバイスしてくれるリラックスした雰囲気の写真屋さんを選んでください。就活写真にふさわしい自然な表情を作りやすくなるでしょう。

コツその2:普段から表情作りを練習しておく

就活に使う写真で大切なのは自然でリラックスした表情です。しかしながら、その中に真面目さが含まれていなければなりません。
キリッとし過ぎてもNGですし、笑顔になり過ぎてもNGなのです。
「チョット難しい…」と思いませんか?
普段から写真に慣れていないと、カメラの前で自然な表情を作るのはとても大変ですよね。だからこそ、普段から自然な表情を作る練習をしておくことが大切なんですよ。

  • 背筋をしっかり伸ばし、肩の力を抜く
  • 目を適度に開く
  • 口元は引き締めて口角を少し上げ、微笑む

この3つを毎日鏡の前で練習してみてください。家族の誰かに見て貰うのもいいでしょう。
毎日練習しておけば、カメラの前でリラックスした表情を作りやすくなりますよ。

コツその3:普段から身だしなみを整える癖をつける

表情が良くても身だしなみが整っていなければ採用の確率は下がってしまいます。
ですから、就活写真を撮る時には身だしなみをしっかり整えることが大切なのです。
普段の生活で、身だしなみを整える癖をつけるといいですよ。例えば、

男性の場合

  • 髪が長すぎないように注意する
  • 地毛に近い色にしておく
  • ヒゲの剃り残しがないか確認する
  • シャツにはきちんとアイロンをかける・襟が汚れていないか確認する
  • ボタンをきちんととめる
  • ネクタイが曲がっていないか確認する

女性の場合

  • 髪の毛は縛るかしっかり整える
  • 地毛に近い色にしておく
  • シャツにはきちんとアイロンをかける・襟が汚れていないか確認する
  • ボタンをきちんととめる。開ける場合はキレイなM字になるようにする

就活の時期が近づいてきたなら、これらの点を意識するようにしましょう。自宅で身だしなみを整える練習をするのもオススメですね。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では失敗しないで就活写真を撮るコツを3つご紹介しました。

  • コツその1:就活写真はリラックスできる雰囲気の写真スタジオで撮ってもらう
  • コツその2:普段から表情作りを練習しておく
  • コツその3:普段から身だしなみを整える癖をつける

就活に使う写真を撮るためにはこれら3つのコツを意識しておくことが大切ですよ。写りの良い就活写真を撮るために是非お役立てください。