カーペットや絨毯の染み抜きにはコツがある!染みの種類を知ろう

カーペット、絨毯の染み抜きについてお困りではありませんか?
マニキュアやコーヒーなど、落ちにくい汚れは放置しておくと染みになるでしょう。
カーペットの染み汚れは、部屋全体の雰囲気を悪くしてしまいますよね。
せっかく部屋をきれいに掃除しても、染みがあると台無しです。
そこで、カーペットに付いた染みの取り方についてご紹介しましょう。
汚れの種類によって落とし方も異なるため注意が必要です。

そんな主婦の皆さんは、ぜひ参考にしてみてください。

1.取れる染みと取れない染み

染みには取れやすいものと取れにくいものがあります。
染みの原因になる汚れの種類についてご説明しましょう。

1-1.水溶性の染み

水で落ちやすいタイプの染みです。
ジュースやコーヒー、水性インク、醤油(しょうゆ)、お酒などがこのタイプの汚れと言えます。
染みが付いてすぐの状態であれば、水洗いだけで落とすことができる場合も。
水だけで落ちない場合は、台所用洗剤を使うとよいでしょう。
水溶性の染みは比較的簡単に落とすことができるのです。
ペットの尿や血などの染みもこの方法で掃除しましょう。
ただし、時間がたつと酸化して「漂白の染み」に変わることがあるため、注意が必要です。
漂泊の染みとは、漂白処理を必要とする染みのこと。
この状態になると、きれいに落とすのが非常に難しくなります。
クリーニング店に依頼する必要がある場合も多いでしょう。

1-2.油溶性の染み

口紅やファンデーションなどの化粧品、チョコレート、バター、ボールペンなどが油溶性の染みになります。
油に溶けるタイプの染みですが水溶性に比べて落ちにくいのが特徴です。
水洗いだけでは落ちないことが多く、クレンジングオイルなどを使うと効果的に落とすことができます。
水溶性の染みと同様に、時間がたつと酸化して漂泊の染みに変質することが多いでしょう。
そのため、早めに対処することが必要になります。

1-3.不溶性の染み

水や油に溶けず、落ちにくいのが不溶性の染みです。
墨汁や香水、泥、ほこり、サビなどがこの汚れに含まれます。
家庭で染み抜きをする場合は、手もみ洗いや歯ブラシでこするなど、物理的に力を加える方法が有効でしょう。
ただし、繊維を傷めやすいためあまりおすすめできません。
状況によってはクリーニング店に依頼することを検討しましょう。

2.カーペットの染みを取る方法

では、カーペットの染みを取る方法について具体的にご紹介しましょう。
汚れの種類別にまとめてみました。

2-1.ジュースや水性インクの場合

前述したとおり、水溶性の染みは水と台所用洗剤で比較的簡単に落とすことができます。
ジュースやお酒、醤油(しょうゆ)、水性インクなどの染みが付いてしまった場合は、ぬるま湯と台所用洗剤を用意してください。
ぬるま湯100mlに台所用洗剤を5~6滴加え、雑巾を浸します。
汚れた部分の周辺から中心に向かってたたきながら拭き取りましょう。
汚れが落ちたら、固く絞った雑巾でカーペットを水拭きしてください。
強くこすらず、表面を軽くぬぐいながら洗剤を落とすようにするのがポイントです。
最後に、乾いた雑巾でカーペットの水分を取りましょう。
ここで注意点が1つ。
牛乳も水溶性の汚れです。
しかし、牛乳のようなタンパク質の汚れには水を使うようにしましょう。
お湯を使うとタンパク質が凝固して汚れが落ちにくくなってしまいます。

2-2.マヨネーズや油性インクの場合

マヨネーズやバター、卵、化粧品、チョコレート、油性インクなど油溶性の染みには、ベンジンを使うと効果的です。
ベンジンを雑巾に付け、汚れた部分の周辺から中央に向かってたたきながら汚れを落とします。
次に、水100mlに中性洗剤を5~10滴加え、同じように雑巾で染みをたたいていきましょう。
汚れが落ちたら、固く絞った雑巾でカーペットを水拭きします。
最後に、乾いた雑巾でカーペットの水分を取りましょう。

2-3.泥や墨汁の場合

泥や墨汁、サビなど不溶性の染みは、自分で落とすのが難しいでしょう。
染みが付いてすぐの状態で、中性洗剤を3~5倍に薄めた水を歯ブラシに付けてたたくように落としてみてください。
この方法で落ちない場合は、漂白剤を使用しましょう。
ただし、カーペットの繊維に合ったものを使用する必要があるため十分注意してください。

2-4.重曹を使う方法も

カーペットの染みを落とすために、重曹を使う方法もおすすめです。
重曹は料理にも使用するものなので安心して使うことができますよね。
まず、染みの部分に重曹をふりかけてください。
お湯でぬらした雑巾で拭き取りましょう。
拭き方によっては染みを広げてしまうこともあるため、あまり強くこすらないようにするのがポイントです。
10分ほどそのまま放置し、最後に掃除機で吸い取りましょう。
重曹には消臭効果もあるため、定期的なカーペットの掃除にもおすすめです。

3.カーペットの処分方法

家庭で染みを取ることができない場合は、クリーニング店に依頼するかカーペットを買い替えるしかありません。
新しく買い替える場合は、古いカーペットの処分方法についても知っておきましょう。

3-1.自治体にゴミとして回収してもらう

カーペットを捨てる際は、基本的に粗大ゴミ扱いになります。
ほとんどの自治体では、事前に申し込みが必要になるでしょう。
あらかじめ粗大ゴミシールを購入することになるため、料金についても確認しておいてください。
そして、指定の日時に回収場所まで持って行きましょう。
ただし、カーペットのサイズや素材によっては、燃えるゴミや不燃ゴミとして捨てることができる場合もあります。
ウールや綿、い草など天然素材のものは、ゴミ袋に入るサイズであれば燃えるゴミとして捨てることが可能です。
レーヨンやポリエステル、アクリルなど合成繊維のカーペットは、不燃ゴミとして捨てることになるでしょう。

3-2.不用品回収業者に依頼する

手間をかけずにカーペットを処分したいなら、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。
たいていの業者は出張回収サービスを行っているため、自宅まで回収に来てもらうことができるでしょう。
重たい思いをしてカーペットを運ぶ必要はありません。
また、回収と同時に買い取りも行っている業者を選ぶのがおすすめです。
状態のよいものは買い取ってもらうことができるため、お得に不用品を処分することができるでしょう。
カーペットのほかにも処分したいものがあれば、まとめて依頼してみてください。
不用品回収業者を利用する場合は、事前に複数の業者に見積もりを依頼して比較するようにしましょう。
そうすることで、相場を知ることができます。
悪質な業者を選ばないように、慎重に業者探しをしてください。

4.まとめ

いかがでしょうか。
カーペットの染みを自分で落とすことができたら助かりますよね。
ずっと気になっていた染みも、きれいに落とすことができる可能性もあるでしょう。
ただし、家庭で落とすのは難しい染みもあります。
落ちにくい染みだと分かれば、カーペットを買い替えるタイミングについても検討できるのではないでしょうか。