子供がこんなにかわいく撮れた! いつもの写真を上手にとる方法

子供が生まれて、写真をパシャパシャ。
娘が成人式だから、キレイな写真を撮りたい!

携帯電話にカメラが装着されてから、写真を撮る機会が増えた方も多いのではないでしょうか。
孫が産まれたから、写真をたくさん撮りたいという方も多いでしょう。

しかし、写真を撮ってみると意外と自分の思い通りに撮れていないことに気づきます。
それは、人物写真の撮り方を知らないからです。

この記事では人物をキレイに摂る写真の撮り方をご紹介しましょう。
お子様の写真をキレイに撮りたい方は、ぜひ参考にしてください。

まずは構図を考えてから撮る

写真を撮る時にやりがちなのが、顔を入れることだけを考えてたくさん撮ってしまうこと。
やみくもに撮っても思い通りの構図では撮れません。

おすすめは、構図を考えてから写真を撮ること。
写真を撮るときは

  • ・どんな写真を撮りたいか
  • ・どんな表情を撮りたいか

これを考えてからカメラを構えてみましょう。

  • バストアップのほうがいい?
  • 全身を縦で入れる?
  • 背景はどこまで入れよう?
  • キレイな景色は入れたほうがいいかな?

などなど、さまざまな要素を考えてみましょう。

小さな子供の場合は考えるヒマもなく動いてしまうことがありますので、連続シャッターで撮るのがおすすめ。

撮った写真を見て「こうしたほうがいいかな?」など、いろいろ試行錯誤して構図を考えてもよいでしょう。

余白の残し方がポイント!

人物写真をプロっぽく撮るには、余白の残し方を考えて撮るのがポイント。
人物を上から下までおさめることだけを考えてしまいがちですが、実は余白の残し方によって写真の印象は大きく違ってくるのです。

カメラを横にして撮る場合、人物は左右どちらかの1/3程度におさめ、余白を大目に残して撮ってみましょう。
写真の衣装がぐっとプロっぽくなるはずです。

小さな子供の場合、子供を真ん中におさめ、正方形の余白ができるように撮ってみるとかわいらしく撮れます。

また、外で写真をとる場合は青空も上手に入れて。
空が入っているとさわやかな印象になります。

写真を見返した時に、その時の思い出がよみがえるような写真をとってくださいね。

目線は上からと下から、両方で撮ってみる

小さなお子様を撮りたい方は、ぜひ「上から」と「下から」に挑戦してください。

子供の目線より高いところから撮ってみると、いつもと違う表情に気づかされます。
子供の足元に近づいて下から見上げるような構図で撮ると、子供がいつもより大きく見えてとても面白い写真が撮れます。

着物を着た成人式の娘さんなどにもおすすめ。
目線を変えるといつもと違う表情の写真がたくさん撮れますから、ぜひ試してみてください。

まとめ

写真を撮るときは、被写体のことだけに目を奪われがちです。
ここに書いたような「余白」「目線」に気を付けると、いつもより表情豊かな子供の写真が撮れます!
お子様がいる方はぜひ試してみてくださいね。