プランターで寄せ植えを上手に作るコツとは?注意するべき点は何?

植木鉢に比べて大きさのあるプランターは、寄せ植えを作るのにぴったりです。
また、冬は寒くて植物の育成には不向きのように思えますが、寒さに強い植物も少なくありません。
さらに、花の持ちがよいので長期間楽しめるでしょう。
そこで、今回はプランターで上手に寄せ植えを作るコツをご紹介します。
園芸店やホームセンターにいくと、この時期はお正月用に華やかな寄せ植えを売っているでしょう。
それを自分で作ってみると、より好みのものができます。
また、できあがった寄せ植えを長持ちさせる方法もご紹介しましょう。
寄せ植えにチャレンジしてみたいという方は必見ですよ。

1.寄せ植えの魅力とは?

まず始めに、寄せ植えの魅力をご紹介します。
通常の鉢植えや庭に草花を植えるのとは何が違うのでしょうか?

1-1.鉢植えの中に動きが生まれる

植木鉢にひとつだけ植物を植えるよりも、プランターに複数の植物を植えた方が見た目も華やかで動きが生まれます。
また、狭い場所を飾るアイテムとしてももってこいでしょう。
同じような効果は、花びんに花をいけても期待できます。
しかし、寄せ植えの方が根っこのある分長持ちするでしょう。
お手入れをしていれば、3か月以上楽しめます。

1-2.お手入れも簡単

ガーデニングは庭で行うことが基本です。
しかし、初心者は庭一面にいろいろな植物を植えてしまうと、手入れが不十分になることも多いでしょう。
また、植物によっては手入れをこまめにしないと枯れてしまうこともあります。
寄せ植えならば、複数の植物を一度に手入れができるのです。
さらに、初心者でも水やりや追肥などを行いやすいでしょう。

1-3.冬でもガーデニングが楽しめる

プランターの大きさにはいろいろありますが、どれも抱えて持ち運べるサイズです。
ですから、戸外に雪が降っても屋内で植物栽培が楽しめます。春の花を一足早く咲かせることもできるでしょう。
また、複数の鉢植えを育てるよりもスペースの節約にもなります。
さらに、一本だけ植えると寂しいものでも、まとめて植えると華やかに見えるものも多いのです。

2.寄せ植えを作る際の注意点とは?

では、寄せ植えを上手に作るにはどのような点に気をつければよいのでしょうか?
この項では、注意点やコツをご紹介します。

2-1.欲張って植えすぎないこと

花の苗は小さいですので、ついたくさん植えたくなってしまいます。
しかし、植物は成長するもです。
茎や葉だけでなく根っこも伸びるでしょう。
ですから、プランターの面積に対し植物の数が多すぎると土の中で根っこ同士がからまりあい、立ち枯れの原因になります。
花の苗を植えたときは土が見えすぎて寂しくても、植物が育つにつれてちょうどよくなるでしょう。

2-2.背丈のバランスや色の配色を考える

背が高い植物ばかりを植えると、バランスが悪く見えます。
かといって横に広がるように伸びる植物ばかりを植えても、格好を整えるのが大変です。
寄せ植えを格好よく見せるには、背丈のバランスに気を配りましょう。
プランターで寄せ植えを作る場合は奥の方に背の高い植物を植えて、手前に向かって低い植物を植えると見栄えがしやすいです。また、寄せ植えというと花に注目が集まりがちですが、緑をアクセントに入れるとより華やかに見えるでしょう。
ですから、花だけでなく観葉植物を植えてもよいですね。
丸いプランターを使う場合は、中心に観葉植物を植えて周りに花を植えてもよいでしょう。
さらに、花の配色にも注意してください。
花は大きく分けて赤や黄色、オレンジなどの暖色系と青やパープルなどの寒色系があります。
同じ系統の花色を植えるとまとまりが出やすいでしょう。
指し色は白を使うと、どちらの系統にも合います。

2-3.育ちやすい環境が同じ植物同士を植える

寄せ植えは、基本的に自分の好きな植物を植えればよいでしょう。
しかし、植物によって育ちやすい環境は違います。
水と太陽がたっぷりと必要な植物もいれば、日陰で乾いた土を好む植物もいるでしょう。
育ちやすい環境が真逆の植物を同じ鉢に植えてしまうと、育成にバラツキが出ます。
ですから、育ちやすい環境が同じ植物同士を植えましょう。
また、寄せ植えを置く場所も考慮に入れてください。
太陽が1日中当たる場所に日陰を好む植物を植えてしまうと、持ちが悪くなります。

2-4.寄せ植えに向いていない植物もある

植物の中には、寄せ植えに向いていないものもあります。
たとえばバラは害虫がつきやすく、別名「肥料食い」というほどたくさんの肥料が必要です。
ですから、バラは単体の鉢植えの方が向いているでしょう。
寄せ植えに向いているかいないかの区別は、市販の寄せ植えを参考にするとよいですね。
市販の寄せ植えに使われている植物は、寄せ植えに向いています。

3.寄せ植えを長持ちさせる方法とは?

では最後に、寄せ植えを長持ちさせる方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

3-1.これからの季節は霜と雪に注意する

今は、お正月用の植物が園芸店やホームセンターなどにたくさん売られています。
葉ボタンやフクジュソウ、さらにパンジーなどは寒さに強い植物なので、0度を下回らなければ枯れる心配はほぼないでしょう。
しかし、霜や雪に花が当ると変色したり枯れたりしてしまいます。
ですから、天気予報を見て霜注意報などが出たら、玄関の中などに入れてあげてください。

3-2.サンルームは日の当たりすぎに注意する

壁や天井がガラス張りになったサンルームは、植物を育てる温室としても使えます。
サンルームに寄せ植えを置けば、水仙やチューリップなどの春先の植物も人あり先に楽しめるでしょう。
しかし、サンルームの場合は日光の当たりすぎに注意してください。
サンルームは冬場でも気温が高くなることも多いです。
寒さに強い植物の場合は、逆に暑さに弱いものが少なくありません。
ですから、日中は外に出して日が暮れたらサンルームの中に入れてあげるようにすると、長持ちしやすいでしょう。
また、日中の気温でも0度を下回るような北国では、逆にサンルーム以外の場所に寄せ植えを置くと枯れやすいです。
外気温を確認しながら置き場所を調整しましょう。
ただし、球根や種などは外気温にあまり影響されません。
土の中の温度が一定していますので、同じ場所に置いておいてもよいでしょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は寄せ植えを上手に作るコツをご紹介しました。
まとめると

  • 寄せ植えは育ちやすい環境が同じ植物を植えるとよい。
  • 高さを考え、花を同系色でまとめると見栄えがしやすい。
  • 植えすぎは禁物。最初は寂しいくらいでちょうどよい。
  • 霜や雪をさけられる場所に置いておこう。

ということです。
今はポインセチアや葉ボタンなど、クリスマスやお正月に楽しめる植物がたくさん売られています。
ポインセチアも寄せ植えができるので、挑戦してみても面白いでしょう。
また、屋内の小さなスペースで楽しめる多肉植物やサボテンの寄せ植えも、人気があります。
多肉植物やサボテンは水やりがほとんど必要ないので、長期間留守にしていても枯れにくいのです。
ですから、ひとり暮らしの方が楽しむ寄せ植えにはぴったりでしょう。
小さなプランターを利用して作ってみるのもお勧めです。