引越しの掃除をスムーズにするためのコツ

引越しは身の回りのものを整理整頓する大チャンスです。
ここで「要らないもの」と「要るもの」にしっかり分けておかなければ新しい住まいでも部屋が汚くなってしまうでしょう。
大チャンスの引越しのときに掃除をスムーズに進めるためのコツを挙げていきたいと思います。
今までお世話になった部屋をキレイにし、新しい住まいで気持ちを新たにスタートすることができるようにしっかり身につけておきましょう。
掃除が苦手な人でも簡単にできます。

1.新居は入居前に掃除をすること

まず1つ目のコツは、「新居は入居前に掃除をきちんとやっておくこと」です。
引越し当日にバタバタしないためにも入居前に新居を掃除しておかなければなりません。
搬入をするまえに掃除をしておかなければきちんと隅々までホコリや汚れをとることができないからです。
引越し当日はいろいろと大変なので引越し予定日の数日前がベストタイミングです。
掃除には1日かけてする人もいれば、半日かけておこなう人もいます。
1日かけてゆっくり掃除をした方がオススメです。
掃除だけでなく、害虫駆除も必ずおこなってください。
気持ちよく新居で生活をするためにも入居前に掃除をしていきましょう。

2.旧居は大まかに掃除をすること

今までの住まいであった家は明け渡した後に必ずクリーニングが入ります。
クリーニングが入るからといって汚いままにするのはNGです。
今までお世話になった家ですからきちんと感謝を込めて掃除をしていきましょう。
隅々まで掃除をする必要はありません。
大まかな汚れやホコリを取り除き、キレイにするだけで大丈夫です。
部屋についてしまった傷や汚れは取り除くことができるのならばきちんとキレイにしておくこと。
とくに、キッチン・浴槽・トイレといった水まわりは入念に掃除をしてください。
引越しが近くなるといろいろと忙しくなってくるので引越し日が決まれば、その日までにひとつずつ掃除をしていった方が効率的です。
今日はキッチン、明日はトイレとその日にやるべきことを決めて掃除をおこなっていきましょう。

3.引越し当日の最後のお掃除

引越しの掃除のコツとして、最終段階となる最後の掃除があります。
引越し業者がきて荷物が搬出されたとき、あらためてもう一度旧居を掃除していきましょう。
用意するものは雑巾・バケツ・ちりとり・ホウキの4点のみです。
家具が置かれていたところはホコリがつまっていたり、汚れがついている可能性があります。
そのようなところは雑巾でしっかりふき取り、床に落ちてしまったホコリはホウキとちりとりを使ってキレイにしていきましょう。
なかなかとれない汚れは中性洗剤を使うと効果的です。
最後の最後にきちんと掃除をすると気持ちよく部屋を去ることができるでしょう。

まとめ

  1. 新居に入るまえの掃除
  2. 旧居の掃除
  3. 引越し当日の掃除

以上3点について説明しました。
引越しの掃除はそれぞれの段階にあわせて掃除をすることがコツになります。
引越しギリギリになってしまうとバタバタしてしまい、なかなか掃除を進めることができません。
よって、余裕をもったスケジュールで掃除をしていきましょう。
時間に余裕がなければ掃除をすることはできないので要注意です。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!