片付けられないから卒業しよう! ものを捨てるためのコツとは?

片付けられない理由に「ものの捨てるタイミングが分からない」という悩みがあります。
ものを捨てるためのタイミングと片付けのときにものを捨てるコツについて紹介します。

・片付けのコツ1 ~捨てることと整理することの違いとは?~

部屋を片付けるためのコツとして“捨てる”ということは非常に大切にキーワードになります。しかし、捨てることと整理することには大きな違いがあります。
必要なものを捨てるということは整理とは言えません、不用なものを捨て必要なものを残すということが片づけでは大切になります。

片付けでは“確実に不用なもの”を最初に捨てるというのがコツです。
例えば…

  • 不要な書類(もう使用しない書類やパンフレットなど)
  • 壊れてしまった家電
  • 使用しない日用品

など確実に不用なものを最初に捨てるようにしましょう。
必要なものを捨てる作業は確実に不要なものを処分してからというのが大切です。

・片付けのコツ2 ~自分だけのルールを作る~

ものを捨てるという判断は非常に難しいものです。そこで“捨てるためのルール”を作るということで捨てるための判断を容易にすることができます。

捨てるためのルールの例としては…

  • 2年間着ていない衣類は捨てる
  • 1年間使っていない家電は捨てる

などのルール定めてみましょう。
ルールが定まれば、ルールに従って処分と整理の判断を機械的に行なうだけで“捨てる”という判断を簡単に行なうことができます。
片付けるためのルールは恒久的なものである必要はありません。「今日の片付けのルール」というような一時的なルールでも片付けには非常に役立ちます。

・片付けのコツ3 ~リサイクルショップを利用してみよう~

“高価だったもの”や“まだ使えるもの”を捨てるというのは非常に難しいのですが、購入時に高価だったものやまだ使えるものに関してはリサイクルショップで買取可能なケースがあります。
リサイクルショップを利用したことが無いという場合には一度試しに利用してみるというのも良いでしょう。リサイクルショップでの取引を一度経験することで、次に利用しやすい環境も整うので、一度リサイクルショップを体験してみましょう。
リサイクルショップ利用の目安ですが、ある程度使用できるようなものであれば買取、又は引取可能というケースが殆どです。特に衣類に関しては買取不可能の場合でも無料引取などのサービス利用することができます。

・片付けのコツ4 大きな家電は買取回収業者に任せよう

不用なものを処分しても残ってしまうのが家電などの比較的に大型の不用品です。大型の不用品を自分で運ぶのは非常に難しいので、不用品買取サービスを利用しましょう。
不用品買取サービスでは出張買取も行なっているので荷物の運搬などの必要なく不用品を処分することができます。
不用品買取サービスの多くは不用品回収も行なっているので、処分したい不用品があれば同時に利用することでお得になります。
本格的には片づけを行ないたい場合には、不用品買取サービスを使用して一度、徹底的に片づけを行なうというのも良い方法です。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!