使用済みトナーを回収に出す方法! 廃棄よりリサイクルでエコに貢献

ビジネスタイプのプリンターはトナータイプの機種が多く使われています。トナーは粉末のインクで、少なくなったらカートリッジの交換が必要です。一方、印刷のたびに排出される廃トナーも、たまったら処分しなければなりません。トナーはどのように処分したら適切なのでしょう? この記事では、使用済みトナーの回収や廃棄について詳しく解説します。

  1. 使用済みトナーの取り扱い方法
  2. 使用済みトナーの回収方法
  3. トナーの回収・廃棄に関するよくある質問
  4. まとめ

この記事を読めば、トナーの回収や廃棄に迷うこともなくなるでしょう。ぜひ参考にしてください。

1.使用済みトナーの取り扱い方法

使用済みトナーは適正に処分しなれればなりません。ここではその回収や廃棄方法について解説します。

1-1.使用済みトナーはゴミとして捨てられない

廃トナーボックスやトナーカートリッジを交換したとき、使用済みのものは適切に処分する必要があります。使用済みトナーは一般ゴミとして処分することはできません。なぜなら、トナーはプラスチック製の微粒子で、粉じん爆発を起こす危険があるからです。実際過去に、リサイクル施設での事故が報告されています。トナーの処理には専門の処理施設が必要なため、専門業者にしか処理ができないのです。

1-2.どんな回収方法がある?

一般のゴミとして処分できないトナーは、専門のルートでの回収・処理が必要です。そのため、プリンターのメーカーやトナー販売業者で、専用の回収ボックスやリサイクルの取り組みが行われています。主な回収方法は以下のとおりです。それぞれの詳しい内容は2章で説明します。

  • 専用の回収ポスト
  • メーカーの引き取り
  • トナー販売業者の回収・買い取り
  • 産業廃棄物・不用品回収業者による廃棄
  • ベルマーク運動で回収  

1-4.トナーリサイクルの取り組み

使用済みのトナーカートリッジは、トナーを再充てんして「リサイクルカートリッジ」として再利用されたり、素材としてマテリアルリサイクルされたりします。これにより、廃棄物削減や資源の有効活用・環境保全につながるのです。

リサイクルトナーカートリッジは、一般的に次のような流れでリサイクルされています。

  1. 使用済みカートリッジを回収
  2. 検査・分解
  3. パーツ検査・クリーニング
  4. 組み立て・トナー充てん
  5. プリントテスト・検査
  6. 出荷

リサイクルカートリッジとして再利用できないカートリッジケースは、粉砕され、素材としてリサイクルされます。鉄・アルミ・プラスチックなど素材ごとに分別され、新しい用途としてリサイクルされるのです。最近では、廃トナーを樹脂顔料として再生利用する技術も開発されています。

1-5.トナー回収の注意点

トナーの交換のときに、トナーをこぼすなどした場合は、速やかにふき取り、手についたときは石けんで洗い流しましょう。トナーには毒性があるわけではありませんが、微粒なため、大量に吸い込むとホコリなどと同様に健康に害が出る可能性があります。

2.使用済みトナーの回収方法

トナーの回収方法を詳しく解説します。

2-1.家電量販店の回収ポスト

家電量販店の店頭などにトナー対応の回収ポストが設置されています。インクジェットタイプのカートリッジ回収ボックスと間違えないように気をつけましょう。

2-2.メーカーの引き取り

プリンターのメーカーでは、トナーカートリッジや廃トナーボックスを回収しています。ただし、純正品のみが対象です。回収方法は、メーカーによって違いますが、直接送付する方法、回収拠点に持ち込む方法、回収に来てもらう方法などがあります。

2-3.トナー販売業者の回収・買い取り

トナーを販売している業者でも回収しています。回収は、販売業者のホームページから申し込むことができるでしょう。純正品などの条件を満たせば、買い取りしてくれるところもあります。

2-4.産業廃棄物・不用品回収業者による廃棄

産業廃棄物業者に依頼することもできます。処分費用はかかりますが、手間がかからないのがメリットです。

2-5.ベルマーク運動による回収

ベルマークでも使用済みカートリッジを回収しています。まずは、ベルマーク専用回収箱を請求してください。専用の回収箱が送られてくるので、その箱にカートリッジを入れます。回収箱がいっぱいになったら集荷を依頼しましょう。トナーカートリッジ回収でベルマーク点数50点がもらえます。

3.トナーの回収・廃棄に関するよくある質問

トナーの回収や廃棄に関するよくある質問に回答しました。参考にしてください。

Q.トナーの回収に費用はかかりますか?
A.店頭の回収ボックスやメーカー回収は費用がかかりません。宅配便で送る場合は、送料を負担しなければならないことがあります。

Q.廃トナーを交換していたらトナーが床にこぼれてしまいました。掃除機で吸い取ってもいいですか?
A.掃除機は使わないほうが無難でしょう。トナーは帯電性が高いため、掃除機内部の電気が原因で廃トナーに引火する可能性があります。廃トナーの汚れはぬらした布でふき取りましょう。

Q.海外メーカーのプリンターのトナーも回収できますか?
A.はい。一般的に海外メーカーやノーブランド品でも回収が可能です。トナーリサイクル業者では、取り扱うメーカーが決まっているので、ホームページなどで確認しましょう。

Q.「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」の回収ボックスにトナーカートリッジを入れてもいいですか?
A.いけません。インクカートリッジ里帰りプロジェクトは、インクジェットプリンターのカートリッジ回収の取り組みです。トナーカートリッジは回収対象外となっています。トナーはトナー専用の回収ボックスを利用しましょう。

Q.プリンターにトナーカートリッジ交換のメッセージが表示されたらすぐに交換しなければいけませんか?
A.表示後1枚も印刷できないわけではありませんが、なるべく早く交換したほうがいいでしょう。カートリッジを一度取り出して水平に軽く振ってからセットし直すと、しばらくの間使える場合があります。

4.まとめ

今回は使用済みトナーの回収や廃棄について解説しました。トナーカートリッジはリサイクルできる貴重な資源です。また、トナーは、処分の仕方を間違えると事故の危険もあります。安全や環境保護のためにもゴミとして処分せずに、リサイクル回収に出しましょう。