おもちゃを高く買取してもらう方法はこれ! コツや注意点を教えます!

「使わなくなったおもちゃを買取してもらう方法はないか」「捨てるのはもったいないから買取してほしい」などと、お考えではないでしょうか。子どもが大きくなって使わなくなったり古くなったりしたおもちゃでも、条件によっては高額買取になる可能性もあります。大切にしていたものほど、できるだけ好条件で買取してほしいですよね。そこで、今回は、おもちゃを高く買取してもらう方法やコツ・注意点について詳しく解説します。

  1. おもちゃは中古需要が高い
  2. おもちゃを高く売るコツ
  3. おもちゃを買取に出す方法
  4. おもちゃの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、おもちゃの買取についてよく分かり、できるだけ高く売ることができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.おもちゃは中古需要が高い

最初に、おもちゃの中古需要・買取条件などを見ていきましょう。

1-1.おもちゃについて

おもちゃには、2種類あります。ひとつは、子どもが遊ぶときに使う道具のことです。もうひとつは、フィギュアなど趣味用のものになります。人気の高いおもちゃの一例は、以下をご覧ください。

子ども用

  • キャラクターおもちゃ(アニメや漫画などの人気キャラクターがついているもの)
  • 知育おもちゃ(積み木やパズル・音が出るものなど)
  • 人形・ぬいぐるみ
  • 卓上ゲーム
  • 携帯ゲーム

趣味用

  • フィギュア
  • 鉄道模型
  • プラモデル
  • ミニカー
  • ラジコン

1-2.おもちゃの買取事情

おもちゃは、中古市場で活発に取り引きが行われています。プレゼント用やコレクション用などの需要があるからです。大人が子どものころを懐かしんで、当時のおもちゃを自分用に購入するケースも見られます。そのため、発売直後のものだけでなく、昔のおもちゃであっても状態のいいものや希少価値の高いものを中心に多く買取されているのです。

1-3.人気が高く壊れていないおもちゃは買取可能

以下のような種類や状態のおもちゃは買取可能です。

  • 人気メーカー(バンダイ・タカラなど)
  • 人気の種類
  • 目立つ汚れや傷・ひどい臭いがない
  • 説明書・付属品・箱などがそろっている
  • 故障や不具合がない
  • 古くてもコレクターからの需要がある(ブリキ製・セルロイド製のおもちゃなど)

2.おもちゃを高く売るコツ

おもちゃを高く売るコツについて詳しく解説します。

2-1.クリスマス前などが高額買取のタイミング

おもちゃの売却は、需要が高まる前に依頼するのがベストです。おもちゃの需要が特に高まるのは、以下のような時期となります。ボーナス時期は、贈りもの用だけでなく、自分用として求める人も増加するのが特徴です。

  • クリスマス・正月前
  • ゴールデンウィーク前
  • ボーナス時期(6~7月・12月)
  • 新入学・進級前(3~4月)

2-2.高額買取になりやすいおもちゃ

高額買取になりやすいおもちゃは、以下のような種類のものです。ただし、業者によって買取基準が違うため、査定時に確認してください。

  • 人気のブランド・種類
  • 箱や付属品などがそろっている
  • 目立つ汚れ・傷・ひどい臭いがない
  • 期間限定生産・特別仕様(限定カラー・限定オプション仕様など)
  • 希少価値の高いもの(コレクターがいる・生産数が少ないなど)

また、キャラクターものや鉄道関連のものは根強い需要があり、高額買取を期待できます。

2-3.おもちゃの買取金額相場

おもちゃの買取金額相場は、状態と中古市場での需要によって大きく変わります。以下は、一例です。

  • METAL BUILD ガンダムエクシアリペア:5,300円程度
  • セーラームーン ハートフルハーモニー:5,600円程度
  • シルバニアファミリー 村のベーカリー ヒミツのおうちセット:3,000円程度

買取相場は新品価格の10~50%程度です。ただし、中古需要が極端に高いものなどは、プレミアが付いて新品価格より上回ることもあります。なお、実際の買取相場を調べるには、ネットオークションやフリマサイトで落札実績を調べたり、業者の査定を受けてみたりするといいでしょう。

2-4.高額買取を目指すには汚れをキレイにする

おもちゃを高額で買取してもらうには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • 付属品・箱・説明書をそろえておく
  • できるだけ早く売る
  • まとめて売る
  • おもちゃを高額買取している業者に売る

3.おもちゃを買取に出す方法

おもちゃを買取に出す方法で主なものについて、メリット・デメリットと共に詳しく解説します。

3-1.おもちゃ買取専門店に売る

おもちゃ買取専門店では、未使用・使用済みどちらのおもちゃも幅広く買取しています。品揃(ぞろ)えの多さが特徴で、専門知識に基づいた査定を元に、あらゆる種類のおもちゃの買取が可能です。買取を希望するときは、業者の店頭に持ち込むか、宅配便で送付することになるでしょう。

メリット

  • 専門知識に基づいた正確な査定が期待できる
  • マニアに人気のものは特に高額買取が期待できる

デメリット

  • 買取不可の場合は引き取りも依頼できない
  • おもちゃ以外の不用品の引き取りを同時に依頼できない

3-2.リサイクルショップや不用品回収業者に売る

リサイクルショップや不用品回収業者でも、不要になったおもちゃの買取をしてもらえることがあります。業者の査定を受け、買取可能で提示金額に納得できる場合は、正式に依頼しましょう。なお、リサイクルショップは買取だけ可能ですが、不用品回収業者は買取と引き取り処分のどちらも可能です。なお、不用品回収業者では店頭持ち込み以外にも、宅配回収(宅配便で業者に送付する)・出張回収(場所や日時指定をして業者に回収してもらう)を選べます。

メリット

  • おもちゃ以外の不用品を同時に買取依頼できる
  • 持ち込んだその場で買取と代金受け取りが完了する(リサイクルショップ)
  • おもちゃ以外の不用品を同時に引き取り依頼できる(不用品回収業者)
  • 宅配回収や出張回収を利用できる(不用品回収業者)
  • 買取不可のものは資源リサイクルしてもらえる(不用品回収業者)

デメリット

  • 買取金額がおもちゃ買取専門店の相場より安いことが多い
  • 買取不可の場合は引き取りもできない(リサイクルショップ)
  • 宅配回収や出張回収は回収費用がかかる(不用品回収業者)

3-3.ネットオークションやフリマサイトで売る

不要になったおもちゃは、ネットオークションはフリマサイトで売ることもできます。おもちゃは、宅配便で送付できる大きさ・重さのため、発送しやすいのも利用拡大の理由でしょう。ネットオークションやフリマサイトでは、実際に数多くのおもちゃが出品されており、人気の種類になるとすぐに落札されるほどです。まずは、専用サイトに会員登録後、出品手続きをしてください。落札されたら落札者と連絡先を交換し、支払いを確認後、おもちゃの発送に進みましょう。

メリット

  • 自分が決めた価格で売ることができる
  • 欲しがっている人と直接やり取りできる
  • 業者で買取不可となったおもちゃも出品できる
  • 思わぬ高値で落札されることがある(ネットオークション)

デメリット

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 出品から発送まで手間がかかる
  • 値切られることが多い(フリマサイト)
  • 個人間取り引きとなるため、トラブルが多い(支払い遅延・クレーマーなど)

4.おもちゃの買取に関するよくある質問

最後に、おもちゃの買取に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.おもちゃの箱があると高額買取になりやすい理由は?
A.たとえば、以下の理由があるからです。箱がある場合は、忘れずに添付してください。

  • メーカーや種類が特定でき、本物の証拠になる
  • 保管しやすい
  • プレゼント用にしやすい
  • 箱自体にもコレクターからの需要がある

Q.子どもの落書きがあるおもちゃは買取できない?
A.通常は、落ちない汚れがあるものとして扱われるため、買取不可となります。ただし、希少価値の高いおもちゃは買取可能となることもあるので、業者に問い合わせてみるといいでしょう。

Q.同じ種類のおもちゃを数個、1回で買取依頼してもいい?
A.まずは、業者に確認してみましょう。業者によっては盗難品の買取を予防するため、個数制限をしている場合があるからです。なお、複数回に分けて依頼すれば買取してもらえることもあるので相談してみてください。

Q.業者の査定金額に不満があるときの対処方法は?
A.業者に査定理由を説明してもらいましょう。正当な査定理由があるのなら、相場と納得する必要があります。ただし、特に理由がないのに相場より安い査定を出す業者は、信頼できません。取り引きを中止し、改めてほかの業者に依頼するといいでしょう。

Q.ネットオークションやフリマサイトでのトラブルを防止するには?
A.トラブルを防止するには、以下を参考にしてください。

  • 落札者制限をかける(新規入札者や悪い評価がついた人が参加できない)
  • おもちゃの傷や汚れ・欠品などのデメリットもきちんと表記・画像で伝える
  • 送料・梱包(こんぽう)方法・送付方法を明記する
  • 落札者との連絡をできる限り迅速に行う

まとめ

今回は、おもちゃの買取について詳しく解説しました。使わなくなったおもちゃも、条件によっては高く売れることがあります。まずは、業者に買取してもらえるか確認してみましょう。なお、古いおもちゃでもマニアからの需要が高く、高額買取が期待できるものもあります。自己判断に頼らず、業者に相談したりネットオークションやフリマサイトで落札実績を調べてみたりするといいでしょう。この記事を参考に、できるだけ高く売れるように準備を進めてみてください。