不用品をスッキリさせるチャンス! 引越しでモノを上手に捨てるコツ

引越しは身の回りのものを生理整頓することができるチャンスです。
部屋にあるすべてのものを引っ張り出せるからこそとことん、徹底的に処分することができるのです。
引越しで必要なものと要らないものを上手にわけていきましょう。
すべて必要なものに分類しても、そのなかにはこれから使うことのないものが混ざっているかもしれません。
上手に要らないものを捨てるコツについてピックアップしていきたいと思います。
引越しをする予定がある人はチェックしておいてください。

1年以上使っていないものは“要らないもの”へ!

「もしかしたら使うかも…」「とっておくと必要なときがあるかもしれない」と本当は要らないものまで必要なものになってしまうことが多々あります。
実際に片付けられない人というのは、そのように考える人が多いのです。
もし、分別に困ってしまうものがあれば“1年以上使っていないかどうか”について考えてみてください。
そこでもし1年以上使っていなければ、それはこの先も使うことはありません。
とっておいても邪魔になってしまうだけです。
新居はキレイに維持し続けておきたいと思っているのであれば思い切って捨てましょう。
1年以内に何回か使ったことがあれば必要なものとして分類してもOKです。
1年以上使っていないものはすべて“要らないもの”のダンボールに入れて処分しましょう。

迷うのであれば捨てること!

要らないものとして処分すべきか、それともとっておくべきか…と悩んでいる場合は捨ててください。
迷うのであれば捨てること!これは意外と大切なことです。
新生活を新しい住まいで始めるとなれば、これからどんどんものは溢れてくるでしょう。
古いものは捨てて、新しいものを受け入れられる体制を整えておかなければなりません。
捨てるかとっておくか迷うのであれば捨てるべし!です。
また、それでも迷ってしまうのであれば“捨てるものリスト”を活用しましょう。
捨てるものリストとして挙げられているのは、「好きではないもの」「部屋に散らかっていたもの」「壊れているもの」の3つです。
好きではないものはこれからも使う機会もありませんし、部屋に乱雑に置かれていたものや壊れているものは必要ではありません。
3つのポイントに当てはまるものは処分してください。

要らないものはどうすればいい?

引越しで必要なものと要らないものに分別したら、要らないものの処分をどうするか悩むと思います。
友人や欲しがっている人にあげれるものなら譲るのもひとつの方法ですが、譲れるものがないケースもあります。
そのようなときは不用品回収サービスがとても便利です。
不用品回収業者や引越し業者など、不用品を回収してくれるところがあります。
基本は無料ですし、値段がつくものがあれば高値で買い取ってくれる可能性もあります。
不用品回収サービスを利用してお金が少しでも得られれば嬉しいですよね。
ぜひ近くにある不用品回収サービスをおこなっているお店を見つけてください。
なかには料金がかかってしまうところもあるので注意が必要です。

まとめ

引越しは要らないものをすべて処分することができる良い機会です。
ここで捨てるべきものは捨てておかないと新居が汚くなってしまいます。
捨てるべきかどうか迷ったときは思い切って捨てること、そして1年以上使っていないものは要らないものに分別する、この2つは上手に要らないものを捨てるポイントとなるので必ず知っておいてください。