台風の被害は火災保険でカバーできる? 補償対象&請求方法を詳しく!

「台風の被害に遭った場合は、加入中の火災保険でカバーできる?」「台風の被害で火災保険の補償対象になるケースを詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 最近は、スーパー台風と呼ばれる猛烈な台風が増え、日本各地に大きな被害をもたらすことが多くなりました。台風の大きさや強さ・進路も多種多様であり、場合によっては住んでいる地域に大きな被害をもたらすこともあります。まずは、台風の被害を受けたときに備えて、火災保険を見直すことが大切です。

そこで今回は、台風の被害と火災保険について詳しく解説します。

  1. 台風による被害は火災保険で補償される?
  2. 火災保険の補償対象となる被害例
  3. 火災保険の補償対象とならない被害例
  4. 火災保険の保険金を請求する方法
  5. 火災保険を見直すときに押さえるポイント
  6. 台風の被害と火災保険に関するよくある質問

この記事を読むことで、台風の被害と火災保険の関係についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.台風による被害は火災保険で補償される?

最初に、台風による被害が火災保険で補償されるかどうか見ていきましょう。

1-1.火災保険で台風被害が補償されることがある

火災保険では、台風による水災・風災・落雷で家屋や家財が被害を受けた場合、内容によっては補償されることがあります。火災保険は、火事による損害を補償するだけの保険ではありません。台風による被害も幅広くカバーしているのです。ただし、どんな状況でどこまで補償対象となるかは、火災保険の契約内容によって異なります。

1-2.火災保険の対象となるものは?

火災保険で、台風被害の補償の対象となるものには、以下の一例をご覧ください。

  • 建物:屋根・窓・ドア・畳上・床上・物置・カーポートなど
  • 家財:家電・家具・自転車・125cc以下の原付自転車・パソコンなど

なお、加入している火災保険の種類や内容によっても、建物・家財に含まれるものが異なるので、詳しくは保険会社に確認してください。

2.火災保険の補償対象となる被害例

火災保険の補償対象となる被害例を3つご紹介しましょう。 

2-1.台風の強風により瓦屋根が飛んでしまった

台風の強風により屋根瓦が飛んでしまった場合は、火災保険の補償対象になります。屋根瓦が飛んだことは、台風による風災に当たるので、問題なく認められるのです。なお、屋根瓦が飛んでしまうと雨もりの原因になるため、できるだけ早く保険会社に確認を受けましょう。現場を確認しようとして自分で屋根に上るのは危ないので、やめてください。

2-2.台風による豪雨で下水があふれて床上浸水した

台風による豪雨で下水があふれて床上浸水した場合も、火災保険によってカバーできます。床上浸水は、台風による水災に当たるからです。床上浸水ともなれば、建物の基礎や家財を含め、大きな被害が出ます。水が引いたタイミングで保険会社に連絡して、現状をきちんと見てもらいましょう。

2-3.台風による落雷で家電製品が壊れた

台風は、猛烈な雷を伴うことがあります。たとえば、台風による雷の影響で家電製品が壊れた場合も、火災保険の対象になるので安心してください。文字どおり、台風被害の落雷に当たるので、補償対象と認められるのです。家電が壊れて使えなくなっても、そのままで保管しておきましょう。補償を受けるためにも、壊れた家電の現物を確認する必要があるからです。

3.火災保険の補償対象とならない被害例

台風の被害を受けても、火災保険の補償対象とならないこともあります。

3-1.台風の強風で瓦が飛び隣家のカーポートが破損した

台風の強風で家の瓦が飛んだことにより隣家のカーポートが破損しても、火災保険の補償対象にはなりません。火災保険でカバーされるのは、あくまでも加入者の自宅となる建物および家財です。したがって、隣家のカーポートが破損しても保険金を受け取ることができません。別途損害賠償保険に加入していない場合、隣家のカーポート修復にかかる費用については自己負担になります。

3-2.台風による大雨で車が水没して使えなくなった

台風により大雨が降ると、土地が低い場所などでは車が水没して使えなくなるケースもあります。しかし、火災保険では車が水没しても補償対象にならないのです。車の補償は、自動車保険によってカバーされており、火災保険の家財に当たりません。したがって、水没に限らず、台風の影響で車が使えなくなった場合は、火災保険ではなく自動車保険を利用することになります。

3-3.建物の経年変化による雨もりで屋内が浸水被害を受けた

台風の豪雨により雨もりして屋内が浸水被害を受けた場合でも、建物の経年変化が原因ならば補償対象外になります。以前から老朽化で雨もりしていた場合、台風による被害とは見なされないからです。屋根が明らかに台風で破損し、破損した部分から雨もりが発生したことが証明できなければ、保険金を受け取るのは難しいでしょう。

4.火災保険の保険金を請求する方法

火災保険の保険金を請求する方法を詳しく見ていきましょう。

4-1.被害状況を把握し証拠写真を撮影する

まずは、被害状況を把握して証拠写真を撮影しましょう。実際にどんな被害を受けたか分かりやすいように、さまざまな場所・角度から撮影してください。撮影するときは、撮影日時が入るものがベストです。スマホでも構わないので必ず撮影しておき、後からもめることがないようにしておきましょう。

4-2.保険会社に連絡して現地視察を依頼する

次に、保険会社に依頼して現場視察を依頼してください。火災保険の補償を受けるには、保険会社による被害状況の確認が必要です。保険会社は、加入者から依頼を受けて現場視察にやってきます。保険会社は、現場視察をして自社の査定基準に基づいて被害状況を把握するのです。なお、保険会社の確認を受ける前に自分たちで修復しないでください。台風の被害によるものか判断できず、保険金の支払いが保留になることがあります。

4-3.規定の内容にて保険金が支払われる

保険会社が現場視察をし、台風による被害を受けたと判断した場合は、保険金の請求手続きに入ります。保険会社から保険金の請求書のフォーマットを受け取って記入し、提出してください。保険金の請求書以外にも、必要なものがある場合があるので、事前に保険会社に確認しておきましょう。保険会社での事務手続きが終わると、指定の口座に保険金が振り込まれて完了です。

5.火災保険を見直すときに押さえるポイント

火災保険を見直すときに押さえるべきポイントを詳しく見ていきましょう。

5-1.十分な補償内容があるか

火災保険を見直す際は、補償内容を第一にチェックしてください。火災保険も、年々内容がリニューアルしていています。一昔前に加入したままの内容では、現状に合っていないこともあるでしょう。まずは、保険会社の営業担当に連絡して、最も補償内容が有利になるプランを提案してもらいましょう。場合によっては、保険会社を変更することも必要です。

5-2.毎月の保険金を支払うことができるか

火災保険料を毎月支払うことができるかも重要なポイントになります。保険料を多く支払えば、万が一のときに手厚い補償を受けられるのは事実です。しかし、毎月の保険料が家計を圧迫しているようではいけません。毎月の収入と比較して、余裕を持って払い続けることができる範囲にしましょう。

5-3.地震保険に同時加入するか

火災保険を見直すときは、地震保険についてもチェックしてください。地震保険には、火災保険ではカバーできない部分を補う意味があります。日本は地震大国ですから、いつどこで大きな地震が起きるか分かりません。万が一のときのためにも、地震保険に加入することを同時に検討してみてください。

6.台風の被害と火災保険に関するよくある質問

最後に、台風の被害と火災保険に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.高額な火災歩意見ほど充実した保証が受けられる?
A.契約内容によります。高額な保険金を支払っていても、本当に必要な補償が受けられるとは限りません。特に、長年見直しを行っていない場合は、不利な内容のままになっていることがあるので注意してください。

Q.大した家財がないので建物だけを補償範囲にしてもいい?
A.家財の補償を受ける必要がなければ、建物だけにしても大丈夫です。家財が補償されない分、保険料も安くなることでしょう。ただし、実際に台風の被害に遭うと、家財が補償されないデメリットを大きく感じるものです。補償対象に家財を含めるかどうかは、じっくり考えて決めましょう。

Q.毎年大型の台風がやってくれば、保険会社が倒産するのでは?
A.確かに、台風の被害が拡大して保険金の支払いが続けば、保険会社の経営状態が悪化する可能性があります。しかし、複数の保険会社がお互いに支え合って運営していることや、政府からの公的資金の投入などもあるため、必要以上に心配することはありません。

Q.家財の補償を受ける場合は、以前と同等のものを購入できる?
A.一概には言えません。家財の補償金額を決めるときに、時価額か再取得価額かによっても異なるからです。なお、家財の補償金額は、火災保険の契約内容な保険金額にもよるので、詳しくは火災保険の契約書を確認してください。

Q.台風で保険金を受け取った場合は火災保険を解約させられる?
A.契約内容によります。保険金の支払金額が保険金額の上限に達した場合は、解約となることでしょう。たとえば、保険金額2,000万円の契約の場合、保険金の支払いが2,000万円に達した時点で解約です。保険金の支払いが1,000万円だった場合は、残り1,000万円を受け取るまで契約し続けることができます。

まとめ

今回は、台風の被害と火災保険について詳しく解説しました。台風の被害状況によっては、火災保険の補償対象になることがあります。建物や家財が台風の被害を受けたら、一刻も早く保険金を受け取ることができるように、保険会社に連絡して被害状況を確認してもらいましょう。なお、火災保険を見直すときは、補償内容と保険料とのバランスだけでなく、地震保険に加入するかどうかも併せて考えてみるといいでしょう。台風と同様、地震による被害もカバーできれば、より安心です。