House

省エネ住宅とは? 代表的な省エネ住宅を3つご紹介します!

最近「省エネ住宅」という言葉をよく聞きますよね。どのような住宅かご存知ですか? 省エネ住宅には、「冷暖房と給湯に使うエネルギーの節約できる家」「住む人の健康に配慮した家」「自然エネルギーを活用できる家」などがあります。
省エネ住宅に住めば家の維持費を節約出来ますし、二酸化炭素の排出量を減らして環境に貢献することも出来るでしょう。省エネ住宅の構造についてもっとよく知りたいと思いませんか?

そこで本日は代表的な3つの省エネ住宅について詳しくご説明します。
現在家を建てることを検討中の方は是非参考にしてみてください。

1.断熱効果の高い家

省エネ住宅の代表的な特徴として、断熱効果が非常に高いということが挙げられます。
断熱効果の高い屋根や壁を使用して室内が外気の影響を受けにくい構造になっているのが特徴です。
具体的には、

  • 日差しを反射する屋根材を使用
  • 外気の影響を最小限に抑える外張り断熱の使用
  • 断熱効果のある塗料を使用

によって断熱効果を最大限に高めています。
この断熱効果によって冷暖房費を大幅に抑え二酸化炭素の排出量を減らすことが出来るのです。
高い断熱効果によって「夏涼しく冬暖かい」家を実現しています。

2.換気効率の良い家

部屋の空気は常に新鮮な状態にしておきたいと思いますよね。
そのために大切なのは換気です。
部屋の換気ができていないと汚れた空気が溜まってしまいます。
それはシックハウス症候群などの健康被害を引き起こす原因となるでしょう。
省エネ住宅の中にはこうした問題を解決したものもあります。
24時間の換気システムを導入しているため効率良く換気ができ、部屋の空気を常に新鮮な状態にしておくことができるのです。
これによって「24時間しっかり換気ができる家」「いつでも新鮮な空気がある健康的な家」を実現しています。

3.太陽光発電ができる家

自然エネルギーを最大限に活用している家。
代表的な省エネ住宅の一つです。
最近太陽光発電パネルを取り付けている家を多く見かけるようになりましたよね。
自然エネルギーの一つである太陽光で自家発電を行なう省エネ住宅が増えてきているのです。
太陽光の力で作った電気は自宅で使うことが出来ますが、最近では余った電気を電力会社に売ることもできるようになりました。
日本の電力不足を補うために太陽光発電も大きな注目を集めています。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では代表的な省エネ住宅の特徴についてご説明しました。

  • 断熱効果の高い家
  • 換気効率の良い家
  • 自然エネルギーを有効活用できる家

もし、家を建てることを検討中でしたら、このような省エネ住宅も選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?