コンパクトを追い求めたらこうなった! 究極の収納術。

都会に近づくほど家賃が高いにも関わらず部屋が狭くなる傾向にあります。
スペースが限られてしまうと、荷物を少なくしなければなりませんが、生活に必要な家具や家電はキープせざるを得ません。
そんな時、常に頭を悩ますことが家具と収納のバランスではないでしょうか。
実際の事例を参考に、解決法を探っていきましょう。

1.海外ドラマからヒントを得る

まずご紹介したいのが、アメリカの大手テレビ局HBOの話題のドラマ「ガールズ」です。
大都会ニューヨークに住む、20代のイマドキの若者がたくさん出てくる話で、同世代は共感できるドラマだと思います。
ニューヨークの物価は非常に高いことで知られ、治安の良さにもよりますが1DKで15万程度が相場と言われています。
そのため彼等にとって収納は大きな問題なのですが、お部屋ごとに「なるほど!」と思わずうなってしまうアイデアの数々。
例えば、ベッドの上部の空きスペースにはミニテーブルや観葉植物がある、収納は壁一面にまとめて置き、インテリアとして機能させながら使用する、などです。
もしドラマを見る機会があれば、お部屋の隅々まで注目してみてくださいね。

参考サイトはこちら
Laura Ballinger Gardner
SATCの妹版?海外ドラマHBO「Girls」とは?

2.断捨離を極める

最低限の物をキープしたつもりでも、部屋を見回すと、案外断捨離できる物があるかもしれません。
上手な断捨離の仕方ですが、お部屋ごと一気にまとめて行うことがコツで、いるもの、悩み中、いらないもの、に区分します。
分別する際時間をかけずに、インスピレーションでどんどん作業を進めていきましょう。
結果的に捨てる物が出てきたけれどなんだか勿体ないと言う人は、自宅出張サービスを行うリサイクルショップに連絡を取って、査定を受けることもお勧めです。

参考動画はこちら

3.家具と収納の合体ワザ

テレビ・ベッド・タンス・たくさんの収納・・。
場所を取るこれらの家具はできるだけ1つにまとめてしまいましょう。
組み立て式の家具を販売するインテリアショップであれば、オールインワンスタイルの収納がたくさん販売されています。
1つずつ購入するよりスッキリ統一できますよ。

参考動画はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。
安価な収納ボックスや小型家具などに頼りがちですが、それ自体が物を増やす原因になることも。
時には大胆なお部屋改革で、見栄えも映える収納を進めていくことをお勧めします。

この記事が役に立ったと思ったら下のボタンを押してシェアしてくださいね。