VAIOパソコンの廃棄方法は? メーカーの回収or業者へ依頼すべき?

「VAIO(バイオ)」は、Windowsを搭載したパソコンのシリーズブランドです。仕事で気軽に持ち運べるタイプなどがあり、ビジネス向きとしてノートパソコンに圧倒的な人気があります。そのため、「できるだけ安く購入したい」という方は、状態の良い中古を検討するケースが増えているのです。要らなくなった「VAIO」の処分を検討している場合は、ゴミとして処分するだけでなく、「買い取り」という方法も選択できるでしょう。複数の廃棄方法を把握しておけば、適切な方法で手放すことができるはずです。本記事では、VAIOパソコンの廃棄方法とポイントを解説します。

  1. VAIOパソコンの廃棄方法
  2. VAIOパソコンの廃棄~メーカーに依頼する
  3. VAIOパソコンの廃棄~回収業者へ依頼する
  4. VAIOパソコンの廃棄前にすべきこと
  5. VAIOパソコンの廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、VAIOパソコンの廃棄方法が分かります。処分を検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.VAIOパソコンの廃棄方法

VAIOパソコンの廃棄方法はさまざまですが、一体どのような方法があるのでしょうか。

1-1.どんな方法があるか

主な廃棄方法としては、メーカーの下取りがあります。パソコンは、資源有効利用促進法によって、自治体での回収ができなくなりました。その代わり、メーカーによる回収が義務づけられたのです。ほとんどのメーカーでは、要らなくなったパソコンの回収を行っています。すでに、メーカーがなくなった場合は、「パソコン3R推進協会」へ連絡すると有料で回収してもらえるでしょう。
また、回収・買い取りを行っている業者へ依頼するのも方法の1つです。回収業者への依頼に関しては、後ほど【3.VAIOパソコンの廃棄~回収業者へ依頼する】で説明します。

1-2.資源有効利用促進法って何?

資源有効利用促進法は、循環型社会を形成していくために必要な3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みを総合的に推進するための法律です。パソコンを始めとした家電には、銅・鋼・鉄・レアメタルなどの貴重な資源が含まれています。限られている資源だからこそ、要らなくなったものから取り出して再利用しなければなりません。資源有効利用促進法では、デスクトップ本体・ノートパソコン・液晶ディスプレイ・ブラウン管ディスプレイが対象となっています。

2.VAIOパソコンの廃棄~メーカーに依頼する

要らなくなったVAIOパソコンは、メーカーに回収を依頼する方法があります。具体的な方法と注意点についてチェックしておきましょう。

2-1.メーカーの下取り

メーカーの下取りは、期間限定のキャンペーンとなります。たとえば、現在では1月18~4月26日までの期間で、「VAIO買い替え応援キャンペーン」を実施中です。新しいVAIOパソコンの購入者限定で、最大2万円がお得になる内容となっています。必ずしも、1年中下取りキャンペーンを行っているわけではないため、こまめにソニーのホームページをチェックしておいたほうがよいでしょう。

2-2.メーカーによる回収

パソコンメーカーによる回収は、1年中受けつけているので下取りを考えていない方におすすめです。PCリサイクルマークがついていれば無料、PCリサイクルマークがないものは資源化料金が別途かかるので注意してください。ソニーへ回収依頼をする場合は、まず、「ソニーパソコンリサイクル受付センター」に申し込みをします。インターネットまたはナビダイヤルで受けつけていますが、受付時間が土・日・祝日・指定の休日をのぞく10~17時となっているので注意が必要です。また、申し込みから回収まで1~2週間かかり、梱包(こんぽう)も自分でしなければなりません。梱包した後は、「エコゆうパック伝票」を貼りつけて、郵便局へ持ち運ぶか回収してもらう方法となります。

2-3.メーカーサポートは?

VAIOパソコンは、家庭用パソコンの回収・再資源化だけでなく、事業系パソコンのリサイクルも行っています。資源有効利用促進法に基づいて行い、サポートは充実しているので安心してください。具体的なサポート内容に関しては、「VAIO株式会社のパソコンリサイクル」のページをチェックしましょう。

2-4.注意点

VAIOで回収しているパソコンは、ソニー製・アイワ製のデスクトップ、ノートパソコン、一体型パソコン、CRT/液晶モニターが対象です。ソニー製・アイワ製以外のパソコンは回収してもらえませんので注意してください。また、CRTモニターと本体を処分したい場合は、別々に申し込みが必要となります。さらに、PCリサイクルマークがついていない場合は、料金を郵便局またはコンビニで支払うことが可能です。詳細は、メーカーの「SONY パソコンリサイクルページ」をご覧ください。

  • ノートブックパソコン・デスクトップパソコン・液晶ディスプレイ・液晶一体型パソコン:3,000円+税
  • CRTディスプレイ・CRT一体型パソコン:4,000円+税

3.VAIOパソコンの廃棄~回収業者へ依頼する

メーカーへ回収依頼をするほかに、回収業者を利用する方法があります。では、回収業者へ依頼するメリット・業者選びのポイント・料金をチェックしておきましょう。

3-1.回収業者へ依頼するメリット

大量のパソコンがある・できるだけ早めに処分したいという方は、回収業者への依頼がおすすめです。メーカーへの依頼は、申し込みから回収まで1週間程度かかるため、引っ越しなど即日処分が必要な場合は利用することが難しくなるでしょう。しかし、即日対応が可能な業者なら、すぐに回収してもらえます。また、買い取りを行っている業者もあるため、買い取り可能なら処分費用をかけずに手放すことができるでしょう。

3-2.回収業者の選び方

回収業者の中には、高額な料金を請求する悪質な業者が存在しています。優良業者と悪質業者を見極めるために、業者選びのポイントを押さえておきましょう。業者選びに悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 回収と買い取りを行っている
  • 回収の実績がある
  • サービス内容が充実している
  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得している
  • 口コミでの評判がいい
  • 見積書の内容が具体的に記載されている

3-3.回収方法、料金は?

主な回収方法は、宅配・持ち込み・出張回収の3点です。業者によって回収方法が異なるため、事前にホームページなどで確認しておくとよいでしょう。パソコン以外に処分したい不用品があれば出張回収、近くに店舗がありすぐに処分したいのなら持ち込み回収を選択してください。自分のペースで処分したい場合は宅配回収など、そのときの状況と不用品の量に合わせて選択するのがポイントです。また、料金は3,000~4,000円が目安ですが、具体的な料金は業者で異なります。複数の業者を比較して、見積内容をチェックしてください。

3-4.注意点

出張回収を利用する場合、運搬料金が別途かかる可能性があります。「見積書とは異なる追加料金を請求された」というトラブルが起きているため、運搬料金・送料など追加料金についてもきちんと確認するようにしてください。

4.VAIOパソコンの廃棄前にすべきこと

VAIOパソコンを廃棄する前に、必ずデータを消去しておかなければなりません。では、なぜデータの消去が必要なのでしょうか。その理由とデータの移行・消去の方法について説明します。

4-1.パソコンのデータ消去は必要?

パソコンには名前・住所・生年月日・電話番号などの個人情報から、クレジットカード情報、ID・パスワードなどさまざまなデータが含まれています。仕事用で使ったことがあるなら、仕事関連のファイル・顧客データなども含まれているでしょう。これらのデータをきちんと消去して処分しなければ、外部へ流出するおそれがあります。実際に、廃棄したパソコンからデータが抜き取られ、悪用されたというトラブルも起きているのです。データの流出を防ぐためにも、データを完全消去する必要があります。

4-2.データの移行・消去の方法

パソコンデータを消去する前に、新しいパソコンへ移さなければなりません。データ移行方法としては、外付けハードディスク・CD/DVD・USBメモリーなどを利用してバックアップを取るやり方があります。直接データをコピーして、新しいパソコンに接続すれば移行完了です。ほかにも、有料版ソフトを使ってデータを移行する方法があります。
そして、データの消去方法は、論理的方法と物理的方法の2つです。論理的方法は、専用ソフトを使用することになります。専用ソフトはパソコン関連の販売店で手に入りますが、無料版もインターネットでダウンロードが可能です。一方、物理的方法は、ハードディスクを取り出してカナヅチまたはカッターでキズをつけるやり方となります。VAIO電子マニュアルにて、具体的な消去方法が記載されているので、ぜひチェックしてください。「自分で消去してもきちんと消えたか不安」という方は、データ消去サービスを行っている業者に依頼するのも選択肢の1つです。

4-3.注意点

「初期化すれば大丈夫!」と思われがちですが、初期化だけでは不十分です。初期化は出荷前の状態に戻すだけなので、含まれているデータは残っています。復元ソフトを使用すれば、すぐにデータが復活できるのです。そのため、きちんと正しい方法で消去してから、初期化を行ってください。

5.VAIOパソコンの廃棄に関してよくある質問

VAIOパソコンの廃棄に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.人気のあるVAIOパソコンの種類は?
A.さまざまな製品が発売されていますが、中でも人気があるのが2017年9月に発売された「VAIO S13」です。新モデルではLTE機能が搭載され、今までよりも高速アクセスが可能になりました。13.3インチディスプレイは、持ち運ぶのにちょうどよい大きさで、特に、出張の多いビジネスマンに好評です。人気のあるVAIOパソコンほど、中古需要も根強くあり高額で売れる可能性があります。

Q.買い取りが可能なパソコンは?
A.基本的に、正常に稼働できるパソコンが買い取り対象となります。もちろん、故障している・不具合や不調が起きているパソコンは買い取ってもらえません。また、発売年月日から3~5年以上経過している場合も、買い取りが難しくなるでしょう。なぜなら、パソコンは次々と新しいモデルが発売されるため、古いタイプほど価値が下がるからです。買い取りを利用したい方は、早めの査定をおすすめします。

Q.買い取り額がアップするコツは?
A.専用マウス・スピーカーなどセットで発売された周辺機器や、取扱説明書などの付属品を一緒に査定へ出すと、買い取り額がアップする可能性があります。また、ホコリや汚れがついている場合は、やわらかい布でキレイに拭き取りましょう。新品状態に近いものほど、高く売れる可能性があります。

Q.周辺機器の処分方法は?
A.メーカーによる回収の対象に、スキャナー・プリンター等の周辺機器は含まれていません。そのため、周辺機器は回収業者へ依頼するか、自治体の回収ボックスによる処分を選択することになるでしょう。パソコン周辺機器は小型家電に含まれるため、自治体が回収ボックスを設置しているなら投函(とうかん)するだけで処分できます。ただし、自治体によっては実施していないところもあるので注意が必要です。

Q.事業系パソコンを回収してもらう際の注意点は?
A.事業で使用したVAIOパソコンは、「一般社団法人パソコン3R推進協会」が回収・再資源化することになります。VAIOのサポートセンターではなく、「パソコン3R推進協会」へ直接申し込みをする方法となるので注意してください。

まとめ

いかがでしたか? VAIOパソコンの廃棄方法は、メーカーへ回収を依頼するか回収業者へ依頼する方法となります。メーカーへ回収を依頼する場合は、対象品目が定められ申し込みから回収まで1週間程度かかるのがデメリットです。また、PCリサイクルマークがついているパソコンは無料ですが、ついていないパソコンの回収にはリサイクル費用がかかります。一方、回収業者へ依頼する際は、「買い取り」が利用できるかどうかに注目してください。買い取ってもらえれば処分費用を抑えることができるでしょう。たとえ、買い取り不可でもそのまま回収してもらえます。処分費用はかかりますが、素早く廃棄できるでしょう。