初心者向け! 野菜作りの方法や上手に育てるコツを解説!

「食育や食費節約のために、家庭菜園をしてみたい」と思っている人はいませんか? 野菜作りは、実益を兼ねた趣味としてもおすすめです。その一方で、「初めて野菜作りをするが、どうすればうまくできるかコツを知りたい」という人も多いことでしょう。

そこで今回は、昇進者でも失敗しにくい野菜作りの方法を紹介します。

  1. 自宅で手軽に家庭菜園を行う方法
  2. 初心者向け土作りのコツ
  3. 初心者でも育てやすい野菜
  4. 野菜作りに関するよくある質問

この記事を読めば、初心者にも作りやすい野菜も分かります。野菜作りを始めてみたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.自宅で手軽に家庭菜園を行う方法

この項では、自宅で家庭に家庭菜園をする方法を紹介します。

1-1.庭の一角を畑にする

庭つき一戸建てにお住まいの場合は、庭の一角を畑にしてもいいでしょう。花壇を畑にする方法もあります。

1-2.プランターを使って野菜を育てる

庭がない、もしくはあっても狭い場合はプランターで野菜を育てる方法もあります。これならば、マンションのベランダでも野菜作りができるでしょう。

1-3.水耕栽培をする

水耕栽培とは、土の代わりに肥料を溶かした水溶液で野菜を育てる方法です。根菜を育てるのは難しいですが、葉物野菜などは立派に育てることができるでしょう。家の中で野菜栽培をすることもでき、水やりの手間も省けます。

1-4.貸農園を利用する

自治体などでは、貸農園をお手ごろ価格で開放しているところがあります。1年間数千円~1万円前後でレンタルできるので、今すぐ野菜作りを始めたい人にはおすすめです。

2.初心者向け土作りのコツ

この項では、初心者が土作りを行う際に気をつけるポイントや注意点を紹介します。

2-1.庭の一部を畑にする場合は土を耕すところから始める

庭の一部を畑にする場合は、土を耕して細かくしましょう。シャベルで土を掘り起こし、クワで耕していきます。シャベルやクワは、ホームセンターで千円前後で購入可能です。

2-2.土の酸性度を調べて肥料を投入する

土を耕したらpH値測定器などを使い、pH値を測定します。多くの野菜は弱酸性の土地を好むので、pH値によって石灰や鹿沼土などを用いて土を野菜作りに適したものにしましょう。その後、堆肥や肥料を入れ、再度土をよく耕します。これで、畑作りに適した土ができました。

2-3.ホームセンターで野菜作り用の土を購入する

プランターで野菜作りをする場合、ホームセンターなどで野菜作り用の土を購入して使いましょう。野菜作り用の土には、堆肥や肥料など必要なものがすべて含まれています。ただし、追肥用の肥料などは購入しておきましょう。また、水はけをよくし、肥料の持ちをよくするために、鹿沼土をプランターの底に敷き、その上に野菜作り用の土を入れて使うのが一般的です。

2-4.水耕栽培はキットを使う方法もある

水耕栽培を行うには、必要なものがすべてセットになったキットを使うのがおすすめです。届いたらすぐに水耕栽培を始められるよう、必要なものがすべてそろっています。

3.初心者でも育てやすい野菜

この項では、昇進者でも育てやすい野菜の一部を紹介します。

3-1.葉物野菜やハーブ類は生命力が強く育てやすい

ベビーリーフ・小松菜・ルッコラなどの葉物野菜は、育てやすく栽培期間も短いので、初心者向きです。プランターや水耕栽培でも育てやすいでしょう。また、ミント・バジル・しそなどのハーブ類も生命力が強くて育てやすいものです。ただし、ハーブ類は繁殖力が強いので、畑に直播きするよりプランターで育てましょう。

3-2.ミニ野菜はプランターで育てやすい

ハツカダイコンやミニキャロットなど「ミニヤサイ」と呼ばれる品種は、1か月程度で収穫でき、プランターでも育てやすいものです。ただし、水耕栽培では根菜類は難しいので注意しましょう。丈が2m近くになりますが、ミニトマトも育てやすい野菜の1つです。ミニトマトを育てる場合は、必ず支柱を用意しましょう。

3-3.支柱やネットを用意できるならトマトやキュウリがおすすめ

トマトやキュウリ・ナスなどのおなじみの野菜を育てるには、支柱やネットがいります。これらを立てることができる場所なら、育ててみましょう。キュウリは、緑のカーテン代わりになります。

3-4.野菜はまき時に気をつける

野菜の種や苗はまき時があります。必ず、植えたり撒いたりする季節を確認しましょう。苗は植え時にしか出回りませんが、種は1年中出回っているので注意が必要です。

4.野菜作りに関するよくある質問

この項では、野菜作りに関する質問を紹介します。

Q.野菜作りの土を使う場合、耕す必要はありませんか?
A.はい。野菜作りの土は、すでに細かく砕かれているので改めて耕す必要はありません。

Q.根菜類は初心者には難しいですか?
A.ジャガイモは比較的育てやすいですが、収穫まで時間がかかるのでまずは葉物野菜から挑戦しましょう。

Q.果物を育てるのは難しいものですか?
A.はい。果物は野菜より難しいですが、いちごならばプランターでも育てられます。

Q.プランターでは一度野菜を育てた後は、土を新しいものに替えたほうがいいですか?
A.はい。それがおすすめです。

Q.野菜作りをする際、2~3種類同時に育てることはできますか?
A.はい。慣れたらやってみましょう。

まとめ

今回は、初心者向けに野菜作りの方法を紹介しました。庭の一角を畑にする場合は、まず土作りから始めましょう。手軽に始めたいという場合は、プランターと市販の土を使うのがおすすめです。