野菜のリサイクルは今や常識! 再生野菜のやり方と成功のポイント

最近、ちまたで話題の「再生野菜」についてご存じでしょうか? スーパーで購入した野菜も家庭菜園で栽培した野菜も、本当なら余すことなく使い切りたいところですよね。毎日出る「野菜くず」、もったいないと思いませんか?その野菜くずになるはずだった根や軸、株元の部分を再生して、再び野菜として栽培したものが「再生野菜」なのです。野菜のリサイクルは、食費を節約するためにも絶対に知っておくべき情報でしょう。

「食費を節約する方法を探している」「野菜の再生栽培について知りたい」「野菜を再生栽培する方法とは?」そんな人たちのために、再生野菜についてまとめてみたいと思います。

1.再生野菜とは

1-1.野菜の成長点を活用した栽培方法

野菜には「成長点」というものがあります。成長点とは、茎の先端部分など植物が勢いよく成長する部分のことです。成長点を切断すると、野菜は脇芽にエネルギーを注(そそ)ぎ、何とかして成長を続けようとします。再生野菜は、野菜のそんな力を活用して作るものなのです。スーパーで購入した野菜や家庭菜園で栽培した野菜の根を捨てずに栽培し、そこから食べることができる部分を再生したものが再生野菜。まさに「野菜のリサイクル」なのです。

1-2.再生野菜のメリット

再生野菜を栽培することには、さまざまなメリットがあります。まず、食費の節約ができるということ。家族の健康を維持するためには、野菜が必要不可欠です。たとえスーパーの野菜が値上がりしても、再生野菜があればいつでもたっぷりと野菜を食べることができます。

また、家庭菜園を始めるときのように、苗や種を購入する必要もないのです。キレイな水と容器があれば、すぐに水耕栽培を始めることができるでしょう。水耕栽培なら害虫の駆除なども必要ないため、ガーデニング初心者でも簡単に始めることができます。水を換えたり収穫したりすることで、子供の食育にもつながるでしょう。

1-3.再生できる野菜とは

再生栽培できる野菜は意外と多いものです。葉物野菜なら小松菜やチンゲン菜・モロヘイヤ・キャベツ・白菜・ブロッコリーなど、薬味野菜ならネギやニンニク・ショウガなどの再生が可能。大根やニンジン、カブ、ゴボウなどの根菜も、再生栽培に適しています。ニンニクや根菜類は、根ではなく葉の部分から再生することになるのです。

特に「再生野菜の定番」といわれているのが小ネギ。初めての人は、まず小ネギから試してみてはいかがでしょうか。また、もともと入って売っている容器を利用できるカイワレもおすすめです。水さえあれば再生栽培を始めることができるでしょう。

2.野菜再生栽培のやり方とポイント

2-1.基本的なやり方は、水に浸けておくだけ

水耕栽培であれば、野菜再生は大変簡単です。使い終わった後の捨てるはずだった部分を、水に浸けておくだけ。早いものだと収穫まで1~2週間程度です。日当たりのよい窓ぎわなどに置いて、水をこまめに交換してあげてください。

2-2.再生成功のコツ

もちろん、ただ水に浸けておくだけでは、失敗する可能性もあるでしょう。野菜が水につかりすぎると腐りやすくなるため、根っこが水に浸る程度にしてください。根本の部分は少し余裕をもって残すようにしましょう。そうすることで、再生が速くなります。

特に、葉物は根っこの部分だけ残して切るのではなく、葉の部分を外側から取って中心部分の葉を残したほうが育ちやすいでしょう。また、夏場は水が腐りやすいため、1日に2回は水を交換するようにしてください。水を換えるときは、容器や野菜のぬめりをしっかり洗い流すとよいでしょう。

2-3.オシャレなインテリアとしても

再生野菜を栽培するとき、容器を工夫すればオシャレなインテリアとして見た目も楽しむことができます。水耕栽培なら、オシャレなガラス容器に入れるだけで見た目もかわいらしくなるでしょう。

3.野菜の種類別栽培方法

3-1.ネギ

ネギは生命力が強い野菜のため、再生栽培にも成功しやすいでしょう。容器は深さのあるものを選びます。スポンジを容器に合わせて切り取り、切り目を入れたところにネギをさせば簡単に固定できるでしょう。根元から5cmくらいを残してカットし、根の部分が水に浸るようにして容器に入れてください。カーテン越しの日光が当たる場所に置き、毎日水を取り換えていれば、3~5日で新しい芽が伸びてきます。

3-2.小松菜

小松菜は根の部分から3cmくらい上の部分をカットします。容器に入れて根っこが浸るくらいまで水を入れてください。このとき、切り口部分は水から出すようにしましょう。1週間ほどで少しずつ葉っぱが伸びてきます。収穫までは10~15日程度でしょう。

3-3.ニンジン

ニンジンは、ヘタの部分から葉の部分を再生して食材として活用します。1.5cm程度の厚みを残してヘタをカットし、浅い容器に入れてください。ヘタの上部分が水につからないように注意しましょう。1週間ほどで若葉が出てきます。

4.再生栽培の注意点

4-1.菌が繁殖することも

再生栽培でよくあるのが、菌やカビの繁殖です。カビが生えてきたら、すぐに捨てるようにしてください。「もったいない」と思うでしょうが、もともと費用がかかっているわけでは
ないので、思いきって捨ててしまいましょう。再び気軽にチャレンジしてみてください。

4-2.夏場は特に注意が必要

夏場は水が腐りやすいため、こまめに取り換えるようにしてください。また、温度が高すぎる環境に置いておくのも危険です。できるだけ涼しい場所に置くようにしましょう。

まとめ

野菜の再生栽培についてご紹介しました。

  • 再生野菜とは
  • 野菜再生栽培のやり方とポイント
  • 野菜の種類別栽培方法
  • 再生栽培の注意点

「食費を節約するために野菜のリサイクルをしたいと思っている」「再生野菜栽培の方法と成功の秘けつを知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。