廃車にするなら必見! 廃車にするために必要な書類たち

自動車を廃車にする場合、どのような手続きが必要か知っていますか?
また手続きの際には揃えておかないといけない書類もたくさんあります。
廃車をする際に知識がなく必要書類を揃え忘れてしまうと、廃車の手続きが延長してしまいます。
廃車をすると自動車重量税や自賠責保険料などが還付される仕組みになっていますが、その還付も遅れてしまいます。
きちんと書類を整えて廃車手続きをとるために、廃車で必要となる書類をご紹介します。

お店に廃車手続きを依頼する場合

お店に依頼をして廃車手続きをとってもらう場合に必要な書類についてです。
「発行から3ヶ月以内の印鑑証明書・実印の押されている委任状・車検証・ナンバープレート2枚・リサイクル券の番号と解体の日付がわかるもの」以上となります。
お店に依頼をするということで、その旨を記載してある委任状が必ず必要です。
本当であれば本人が行かなくてはならないことなので、きちんと委任状は書いておきましょう。
これ以外でも、車検がまだ1か月以上残っているときは重量税を還付してもらうための書類が必要ですし、車検証に記載されている氏名や住所が印鑑証明書と異なっているときには、別途戸籍謄本や住民票などが必要となります。
どちらにせよお店に依頼をするのであれば、お店の人から必要な書類を教えてくれるので、それにしたがって不備のないように持ち込みましょう。

自分で廃車手続きをする場合

上のお店に廃車手続きを依頼する場合で挙げた書類の他に、必要なものがありますのでそろえてから廃車手続きに向かいましょう。
「手数料還付書・永久抹消登録申請書・自動車税、自動車所得税申告書」の3つです。
これらは当日に準備ができるものなので、忘れるというよりかは記入をすることを忘れずに行ってください。
また委任状がない代わりに、実印が必要になるので、こちらも忘れないように持参してくださいね。
自分で廃車手続きに行く場合は誰かに教えてもらえるわけではないので、不備が出やすいです。
せっかく廃車手続きにいっても書類がなくて手続きできなかったでは二度手間です。
きちんとそろえて持参するように、準備しておきたいところです。

まとめ

  • お店に廃車手続きを依頼する場合
  • 自分で廃車手続きをする場合

この2つで必要な書類をわけてご紹介しました。
どんな理由で廃車にするのかはそれぞれですが、日本ではこのような廃車手続きがしっかりと行われていますので、適当に車を捨てることはできません。
適切な廃車処理をしましょう。