洗濯機にカビが生える原因や掃除方法を解説!!掃除に役立つグッズは?

「洗濯をしたら、洗濯物に黒い汚れが点々とついていた」「洗濯機の内部にゴミがたまり、汚れているような気がする」と悩んでいる人は多いことでしょう。一見するとキレイに見える洗濯機内部ですが、洗濯槽の外側はカビが発生しやすい場所です。テレビのCMなどでカビだらけの洗濯槽の映像を見た方もいると思います。洗濯機は衣服の汚れを落とす家電ですが、洗濯機自体が汚れていてはどうしようもありません。

今回は、洗濯機の汚れやカビを落とす方法を紹介します。

  1. 洗濯機にカビや汚れが発生する原因
  2. 洗濯機の汚れやカビを放置する危険性
  3. 洗濯機のカビを掃除する方法
  4. 洗濯機のカビを予防する方法
  5. 洗濯槽をよりキレイにしたい場合はプロに依頼しよう

この記事を読めば、掃除をする頻度や目安なども分かるでしょう。洗濯機のカビが気になる人や、洗濯機をキレイに掃除したい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.洗濯機にカビや汚れが発生する原因

はじめに、洗濯機にカビや汚れが発生する原因を紹介します。

1-1.洗剤の使い過ぎ

現在の洗剤の多くが、水の量に対して使用量が決まっています。しかし、洗剤をつい大目に使ってしまう人もいるでしょう。水に対して洗剤の量が多すぎると、洗剤は石けんカスとなって洗濯槽の中に残ります。これをエサにカビが繁殖したり、洗濯カスそのものも汚れとなって洗濯機の中にたまったりするでしょう。

1-2.洗濯物の放置

洗濯が終わっても洗濯物をいつまでもそのままにしておくと、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。特に、気温が高い時期は数時間でも雑菌が繁殖し、洗濯槽のカビだけでなく洗濯物の悪臭の原因にもなるでしょう。

1-3.湿気

洗濯が終わった後でも、洗濯槽には湿気が残っています。カビが繁殖するには最適の環境と言えるでしょう。さらに、石けんカスなどの栄養分があれば、短期間でもカビが大量に発生する可能性があります。

2.洗濯機の汚れやカビを放置する危険性

この項では、洗濯機の汚れをそのままにしておくデメリットを紹介します。

2-1.洗濯物に汚れや臭いがつく

洗濯槽にカビが発生していると、黒っぽいビニール片のようなカビが洗濯物についてしまうことがあります。せっかく洗濯をしたのにカビが付着したのでは、洗濯の意味がありません。また、カビ臭いにおいがつくこともあるでしょう。

2-2.衣服にカビの胞子が付着する

カビが生えた洗濯機で衣服を洗えば、カビの胞子が付着します。カビの胞子はカビにとって好ましい環境になると、カビとなって広がっていくでしょう。たとえば、クローゼットの湿度が高ければ、服はもちろんのこと、壁や床にまでカビが生える可能性があります。

2-3.肌荒れやアレルギーの原因になる

カビは人体にも有害です。カビの胞子やカビが付着した服を着れば、肌荒れやハウスダストアレルギーを引き起こすかもしれません。赤ちゃんや肌の弱い人はさらにリスクが高まるでしょう。

3.洗濯機のカビを掃除する方法

この項では、洗濯機のカビを掃除する方法やグッズを紹介します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.洗濯機のカビ掃除は1か月に1度を目安とする

洗濯機のカビ掃除は1か月に1度を目安にしましょう。月に1度掃除をすれば、洗濯槽がカビだらけになることはありません。なお、使うグッズによっては洗濯機の掃除に1晩ほどかかります。ですから、休日前など時間に余裕があるときに行いましょう。

3-2.洗濯機はクリーナーや重曹で掃除をする

洗濯機は、以下のようなグッズで掃除をしましょう。

  • 酸素系クリーナー:過酸化ナトリウムを主成分としたクリーナー。コストコで人気の洗剤、オキシクリーンも酸素系クリーナーの一種。1回に掃除につき、約500gほどの洗剤を使用する。
  • 塩素系クリーナー:塩素系漂白剤と同じクリーナーで、カビを溶かして落とす。ドラム型の洗濯機は塩素系クリーナーで掃除をすること
  • 重曹:ナチュラル系洗剤。クリーナーよりもカビを落とす力は弱いが、身体に安全で臭いも少ない

このほか、出てきたカビを取るゴミ取りネットなどがあれば便利です。

3-3.酸素系クリーナーや重曹を使った掃除方法

酸素系クリーナーや重曹を使った掃除方法は以下のようなものです。

  • 洗濯機についているゴミ取りネットは外す
  • 洗濯機に40~50℃のお湯を入れる(風呂の残り湯でもよい)。ただし、洗濯機にお湯を入れると不具合が起きるものもあるので、事前に説明書を確認すること。洗濯機にお湯が入れられない場合は、40℃~50℃のお湯にクリーナーや重曹を溶かした後で、水を張った洗濯機にいれるとよい
  • 10分ほど洗濯機を稼働させ、そのまま3時間以上置く:このときに、クリーナーや重増の成分がカビを浮かび上がらせる
  • 浮いた汚れをゴミ取りネットですくう
  • 再度5分ほど洗濯機を稼働させ、再び3時間ほど放置
  • 汚れをすくい取り、再度稼働させる。10分ほど置き、汚れが出ないことを確認して水を抜く
  • 別に洗っていた洗濯機用のゴミ取りネットを装着し、キレイな水を張ってすすぎを行い、水を抜く

酸素系クリーナーを使った場合、掃除完了まで12時間近くはかかります。夜寝る前に洗濯機にクリーナーを入れておくなど、時間を節約する工夫をしましょう。

3-4.塩素系クリーナーを使った掃除方法

塩素系クリーナーを使う場合、洗剤を水を張った洗濯機に投入した後、標準コースで洗濯機を回してください。洗濯槽クリーナーの機能がついている場合は、それを利用します。つけ置く必要はありません。あとは洗濯機に任せておけば、1時間程度で清掃は完了します。臭いが気になるようならば、もう一度水を入れてすすぎましょう。塩素系クリーナーは酸素系クリーナーに比べると、かなり短時間で掃除ができます。

3-5.塩素系クリーナーはほかの洗剤と混ぜないこと

塩素系クリーナーは、酸性の洗剤と混ぜ合わせると有毒なガスを発生させます。汚れを落としたいからと洗剤同士を混ぜないようにしましょう。市販されている洗濯槽用のクリーナーは、それだけで十分に汚れを落とせるものです。

4.洗濯機のカビを予防する方法

この項では、洗濯機のカビを予防する方法を紹介します。

4-1.汚れた衣類を長時間洗濯槽内に置いておかない

ランドリーボックスの代わりに、洗濯する衣類を直接洗濯機の中に入れている人もいるでしょう。しかし、汚れた衣類は雑菌が繁殖しやすい状態です。また、カビの胞子などもついているかもしれません。何日も汚れた衣類を洗濯機の中に入れておけば、洗濯槽内の湿気と合わさって、カビが生えやすくなります。汚れた衣類はランドリーボックスに入れ、洗濯する直前に洗濯機の中に入れましょう。

4-2.洗剤を使いすぎない

前述したように、洗剤を使いすぎると石けんカスが汚れとなって洗濯槽内にたまり、カビのエサとなります。洗剤は水の分量に合わせて入れましょう。

4-3.洗濯槽内を乾燥させる

洗濯槽内に適度な湿気があれば、それだけカビが繁殖しやすくなります。洗濯槽内はできるだけ乾燥した状態にしておきましょう。洗濯機が終わったら、数時間ふたを開けておくだけでも違います。また、乾燥機付きの洗濯機の場合は、定期的に乾燥機を使いましょう。そうすれば、洗濯槽内が乾燥してカビが生えにくくなります。

5.洗濯槽をよりキレイにしたい場合はプロに依頼しよう

この項では、洗濯槽をよりキレイにしたい場合の方法を紹介します。

5-1.洗濯機の掃除をプロに依頼するメリット

洗濯機は、個人では洗濯槽の外側までキレイに掃除をすることはできません。洗濯機の掃除をプロに依頼すれば、一度洗濯機を分解してキレイにしてくれます。これならば、洗濯槽クリーナーでは落としきれなかった汚れまでキレイに落とすことができるでしょう。

5-2.洗濯機の掃除をプロに依頼したほうがおすすめのケース

洗濯クリーナーを使っても、嫌な臭いやカビが洗濯物に付着する場合は取りきれない汚れが洗濯槽の中に残っている証拠です。何度もクリーナーを使えばだんだんと取れてくることもありますが、長年洗濯機内の掃除をしていない場合は、時間をかけても掃除しきれないこともあります。また、忙しくて洗濯機を掃除する時間が取れない、できるだけ短い時間で洗濯機を可能な限りキレイにしてほしいという場合もおすすめです。

5-3.洗濯機の掃除はハウスクリーニング業者に依頼する

ハウスクリーニング業者の中には、洗濯機の分解や洗浄を行っているところもあります。ただし、業者によって分解できる洗濯機の種類が異なったり、ドラム式は不可だったりすることもあるので、よくサービス内容を確認して申し込みましょう。洗濯機の分解洗浄は1台当たり、1万7千円台~が相場です。また、分解するのでほかの家電の掃除より時間がかかることもあるでしょう。

5-4.ハウスクリーニング業者は実績や補償内容で選ぶ

ハウスクリーニング業者はたくさんありますが、実績や口コミ、補償内容で選びましょう。電化製品のクリーニングは万が一故障したことを考え、優良な業者ならば保険に入っています。契約を交わす際に、掃除によって洗濯機が故障してしまった場合の補償内容を尋ねておくことが大切です。また、口コミも確認しましょう。エアコンよりも掃除料は高いので、自分が納得した業者に依頼することが大切です。

5-5.電気店が分解・掃除を請け負っているところもある

ハウスクリーニング業者のほかに、家電量販店が洗濯機の分解・洗浄を請け負っているところもあります。一例をあげるとヤマダ電機です。また、町の小規模な電気店が行っているところもあるでしょう。家電量販店のほうが家電に詳しいので、より安心感があります。最近では、洗濯機を買ったときにクリーニングサービスを有料で申し込めるところもあるので、利用してみてもいいでしょう。

5-6.DIYで洗濯機は分解しないこと

インターネットの動画サイトなどでは、自分で洗濯機を分解して掃除する様子を説明したものなどがアップされています。縦型の全自動洗濯機ならば、個人でも分解できるといわれていますが、無理をしてはいけません。無理やり分解して壊した場合、新しい洗濯機でも補償の対象外になる可能性があります。洗濯機を新たに購入する場合、安くても10万円前後はかかるので、洗濯機の掃除を徹底して行いたい場合は、プロに依頼しましょう。

まとめ

さて、ここまで読んでいただければ洗濯機の掃除方法がお分かりいただけたと思います。洗濯機の掃除も、部屋の掃除と同じようにこまめに行うことが汚れの蓄積防止になるでしょう。カビのカスが洗濯機に付着してから掃除を始めるより、買った当初から1か月に1度の割合で掃除をするように心がけると、分解して掃除しなければならないほど汚れはたまらないはずです。