洗濯してしまったティッシュの取り方は? 一瞬で取る方法・対処法まとめ

洗濯物の中に混ざっていたティッシュペーパーは、とてもやっかいなものです。「服についたティッシュがこびりついて取れない!」「もう1回洗濯しないといけないの!?」と困っている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、衣類のティッシュペーパーの取り方や、洗濯機の掃除方法などをご紹介します。

  1. ティッシュを洗濯してしまった場合の衣類の対処法
  2. ティッシュを洗濯してしまった場合の洗濯機の対処法
  3. よくある質問

ティッシュを洗濯してしまって困っている・衣服のティッシュを簡単に取る方法が知りたいという方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.ティッシュを洗濯してしまった場合の衣類の対処法

衣類についたティッシュを取る対処法についてご紹介します。

1-1.乾燥させてから取る

細かく付着したティッシュペーパーは、ぬれたままだと取れにくいものです。ぬれた状態では無理に取ろうとせず、軽くはたくくらいでよいでしょう。その後、洗濯物を干したり乾燥機にかけたりして、乾燥させてからティッシュを取りましょう。乾燥機を使った場合は、フィルターやゴミ取りも掃除してください。ただし、衣類によっては乾燥機がNGのものもあるので、タグをよくチェックしましょう。

1-2.柔軟剤を使ってすすぐ

柔軟剤を入れてすすぎ洗いをすると、静電気が抑えられるため、乾いた後、よりティッシュを取りやすくなります。洗濯の途中で、ティッシュが入っていることに気づいた場合などは試してみてください。

1-3.湯船でゆすぐ

湯船に残り湯がある場合は、ティッシュのついた洗濯物を湯船の中ですすぐとティッシュが取れやすくなります。湯船は体積が大きく水面の面積も広いので、すすぎやすいでしょう。残り湯の中に衣類をくぐらせるようにすすいでください。ティッシュが浮くたびに、市販のゴミ取り網などですくうとさらに効率的です。

1-4.果物ネット・排水口ネットなどを使って取る

乾燥させても残ってしまったティッシュくずは、果物やにんにくが入っていたネットや、排水口用のネットで取ることができます。ネットを手袋のように手にはめ、衣類を優しくこすりましょう。その際は、ポロポロとティッシュくずが落ちるので、お風呂場で取るか、新聞紙をしいてから取ってください。

1-5.コロコロ・ガムテープなどで取る

ティッシュくずは、粘着テープでも取ることができます。ガムテープで取るときは、粘着面を外側にしてわっかを作ると使いやすいでしょう。

1-6.エチケットブラシで取る

衣類のホコリなどを取るエチケットブラシは、ティッシュくずにも効果的です。同じ方向に優しくブラッシングするとティッシュくずが徐々に取れていきます。こちらも、ティッシュくずがポロポロと落ちるので、お風呂場か新聞紙の上で行ってください。

2.ティッシュを洗濯してしまった場合の洗濯機の対処法

ティッシュペーパーによる被害は、衣類だけではありません。洗濯槽の中にもティッシュの破片が残ってしまうことがあるでしょう。その際の掃除方法などについてご紹介します。

2-1.洗濯槽についたティッシュは手で取る

脱水まで終わっている場合は、洗濯物をすべて取り出した後、洗濯槽の表面についたティッシュくずを、ティッシュ(あたらしいもの)などで拭き取りましょう。

2-2.ゴミ取りネット(糸くずフィルター)の中身を捨てる

ティッシュを入れたまま洗濯してしまった後のゴミ取りネットには、ティッシュくずが多く入っています。いったんゴミ取りネットの中身を捨てましょう。

2-3.すすぎ洗いをする

上記の作業が終わったら、すすぎモードか槽洗浄モードで数回洗濯槽を回転させてからストップボタンで止めましょう。ゴミ取りネットの中にティッシュがたまっていきます。もし、水面にティッシュくずが浮いてきたらゴミ取り網ですくい取ってください。洗濯機の回転を何度か繰り返し、ティッシュが浮いてこなくなったらコースを最後(脱水)まで行います。

2-4.ついでに洗濯槽掃除も

ティッシュを取るためだけに水を使うのがもったいないという方は、ついでに洗濯槽の掃除を行いましょう。市販の洗濯槽クリーナーや酸素系漂白剤が便利です。水をためたら、クリーナーの説明書の分量通り、洗濯槽の中に投入します。浮いてきた汚れは、ゴミ取り網ですくいましょう。ゴム手袋を装着すると安全です。

3.よくある質問

Q.ティッシュを取りやすくするポイントは?
A.上記でご紹介した取り方をするときは、衣服の形状や取りたい場所によって、床に置いたりハンガーにかけたりと、取りやすい形にしましょう。場合によっては、ティッシュのついた衣服を着て布が張った状態にし、テープなどで取ったほうがやりやすいこともあります。

Q.ティッシュを洗濯機に入れないようにするには?
A.家族や小さな子供が、いつもティッシュを入れっぱなしにしてしまうというご家庭は、洗濯かごや洗濯機に「ポケット確認」という注意書きを貼っておきましょう。また、ティッシュを入れっぱなしにした人に掃除をさせるのも効果的です。

Q.ゴミ取り網の代わりになるものは?
A.専用の網がない場合は、ストッキングや目の細かい排水口用フィルターと、ハンガーを組み合わせることで作成できます。ハンガーを曲げて直径10cmくらいの輪を作り、ストッキングをかぶせれば、簡易版のゴミ取り網の完成です。

Q.ティッシュを洗濯すると洗濯機は壊れてしまいますか?
A.洗濯機は異物の混入に弱いのですが、ティッシュのような柔らかい異物であればふつうは大丈夫です。念のため、ゴミ取りネットや排水口などをきれいにしておきましょう。異音や不具合がある場合は無理に使い続けず、メーカーHPをチェックし、点検を検討してみてください。

Q.洗濯をするとバラバラになるティッシュと固まるティッシュの違いとは?
A.ティッシュを入れたまま洗濯してしまった! と気づいて見てみると、意外に被害が少なかったということもあるでしょう。実は、保湿タイプのティッシュはバラバラになりにくく、洗濯をしてもひと固まりになる性質があるのです。

まとめ

ティッシュを洗濯してしまった場合の対処法などについてご紹介しました。どれも、衣服についてしまったティッシュを、より簡単に取る方法なので、困ったときはぜひ実践してみてください。乾燥機やブラッシングは、素材によっては衣類を傷めることもあるので、タグの注意書きをよく確認しましょう。また、事前にポケットのチェックを行ったり家族にも注意喚起を行ったりすれば、ティッシュをうっかり洗濯してしまうことを防げます。