福祉住環境整理とは? 高齢者が住みやすい環境を作り出すために

「福祉住環境整理」という言葉をご存じでしょうか? 「介護整理」とも呼ばれる、高齢者に特化したサービスのことをいいます。高齢化社会がすすむ今の時代、1人暮らしの高齢者が増えているのが現状です。そして、その中には「自分で部屋の片付けをするのが難しい」「安全で衛生的な住環境を維持することができない」と困っている高齢者もたくさんいます。福祉住環境整理は、そういった高齢者のためのサービスです。この記事では、福祉住環境整理の目的や必要性、依頼できる業者について詳しくご紹介しましょう。

  1. 福祉住環境整理とは?
  2. 福祉住環境整理の必要性
  3. 福祉住環境整理の方法やコツ
  4. 福祉住環境整理の業者について
  5. 福祉住環境整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、福祉住環境整理について詳しく分かるはずです。長く安全に暮らすことができる住環境を作り出すために、ぜひ参考にしてください。

1.福祉住環境整理とは?

まずは、福祉住環境整理の目的や現状などをご紹介しましょう。

1-1.自分で部屋の掃除や片付けをするのが難しい人のために

福祉住環境整理は「介護整理」とも呼ばれ、高齢や障害によって自分で部屋の掃除や片付けをするのが困難な人のためのものです。ものが散乱し、不衛生な部屋で暮らすことは、身体面だけでなく精神面にも悪影響を及ぼすことになるでしょう。そうした環境を整え、安心して暮らせる環境を作る必要があるのです。

1-2.目的は「安全で快適な住環境を作り出すこと」

福祉住環境整理の目的は、高齢者にとって安全で快適な住環境を作り出すことです。特に、体が不自由な高齢者にとって、部屋の掃除や片付けは大変な作業になります。「気がつけばゴミ屋敷のようになっていた」というケースも珍しくないのです。そういった状況を作り出さないためにも、福祉住環境整理は重要な役割を果たします。

1-3.業者への依頼が増えている

現状としては、福祉住環境整理を専門業者に依頼する人が増えています。その背景にあるのは、1人暮らしの高齢者や、家族と遠く離れて暮らす高齢者が急増しているという問題です。自分で部屋の片付けができない高齢者やその家族が、プロに依頼することでその問題を解決しています。

2.福祉住環境整理の必要性

福祉住環境整理の必要性やタイミング、相談窓口などをご紹介します。

2-1.「住みやすい環境」にするために必要なこと

福祉住環境整理は、老後の「住みやすい環境」を作り出すために必要なことです。高齢になると、さまざまなことが変化します。たとえば、「認知症を患って思うように片付けができなくなった」「自宅に介護ベッドを置きたい」などの、さまざまな変化に対応していく必要があるのです。自分にとって住みやすい環境にするために、福祉住環境整理について考えてみましょう。

2-2.実際に行うのは家族や専門業者

福祉住環境整理を実際に行うのは、主に家族や専門業者でしょう。家族が遠方に住んでいる場合や、処分が必要な不用品が大量にある場合などは、専門業者に依頼することをおすすめします。

2-3.タイミングは人それぞれ

福祉住環境整理を行うタイミングは、人それぞれです。たとえば、以下のような場合に検討する必要があるでしょう。

  • 体が不自由になった
  • 判断力が低下した
  • 入院中に、退院が見込めなくなった
  • 施設に入所することになった
  • 自宅がゴミ屋敷のようになってしまった

2-4.業者に相談してみよう

福祉住環境整理を行っている業者は年々増えてきているため、詳しく知りたい人は相談してみるとよいでしょう。ハウスクリーニングや生前整理・遺品整理なども同時に受け付けている業者がたくさんあります。まずは無料相談を利用して、料金なども確認してみてください。

3.福祉住環境整理の方法やコツ

福祉住環境整理の方法やコツをまとめました。

3-1.まずは不用品の処分から

暮らしやすい住環境を作り出すためには、まず不用品を処分してものを減らすことから始めましょう。部屋の中のものをすべて「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けし、不要なものを処分してください。ものが少なくなれば、整理しやすくなります。残ったものは、何がどこにあるか一目で分かるように収納していきましょう。

3-2.安全な部屋にする

まず、安全に暮らせる部屋にしましょう。高齢者や体が不自由な人にとって、床にものが置いてある部屋は危険です。つまずいて転んでしまうと、ケガをする可能性もあるでしょう。また、できるだけ高いところにものを置かないようにすることも大切です。ものを取ろうとしてバランスを崩し、転倒してしまうと困ります。普段よく使うものは、取り出しやすい場所に置くようにしてください。

3-3.衛生的な部屋にする

衛生的な部屋にすることも大切です。高齢者はものを大切にする人が多いため、捨てられずに残してあるものも多いでしょう。しかし、ものが多いとほこりがかぶりやすく、掃除がしにくい部屋になります。必要のないものは置かないようにし、掃除がしやすい部屋を作ってください。

4.福祉住環境整理の業者について

福祉住環境整理を業者に依頼するメリットや費用などを詳しくご紹介します。

4-1.自分で整理するのが難しいときは業者に

自分で片付けや掃除をするのが難しいときは、業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼するメリットには、以下のようなものがあるでしょう。

  • 自分の手間と時間をかけずに済む
  • 効率的に部屋を整理できる
  • 短時間で済ませられる
  • 事前に費用を把握できる

4-2.福祉住環境コーディネーターの資格について

福祉住環境整理を依頼する業者に、福祉住環境コーディネーターの有資格者がいると安心でしょう。高齢者の住環境整理について、アドバイスする役割を持つ民間資格です。医療・福祉・建築に関する幅広い知識を身に着けているため、安全で快適な住環境作りを提案してくれるでしょう。

4-3.業者選びは慎重に

福祉住環境整理を依頼する業者は、慎重に選ぶことをおすすめします。中には悪質な業者も存在するため、十分注意してください。業者選びのポイントは、以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 福祉住環境コーディネーターの有資格者がいるか
  • 見積書の内容は明確か
  • 事務所の所在地や固定電話の番号は明記されているか
  • 丁寧でスピーディーな対応をしてくれるか

4-4.費用は複数の業者を比較するのがおすすめ

費用は業者によって異なるため、できれば事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して選ぶことをおすすめします。そうすることで、大まかな相場を把握することができるでしょう。

4-5.まずは電話やメールで申し込みを!

たいていの業者では、電話かホームページのフォームから無料見積もりを申し込む形になります。見積もりの内容に納得できたら、正式な契約となり、作業日時の決定という流れになるでしょう。

5.福祉住環境整理に関するよくある質問

「福祉住環境整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.実家の片付けをしようとすると、親とケンカになってしまいます。どうしたらよいでしょうか?
A.今後も安全に暮らすために必要なことだと伝え、できるだけ親御さんの意志を尊重しながら片付けをすすめていくようにしてください。勝手にものを捨てたり、感情的に怒鳴ったりしないようにしましょう。

Q.なぜ高齢者にはものを捨てられない人が多いのですか?
A.戦後のものがない時代を生きてきた高齢者の中には、ものを捨てることに抵抗を感じる人が多いのでしょう。また、社会的な孤立からものをためてしまう人も少なくありません。

Q.必要なものと不要なものを判断できず、仕分けに時間がかかってしまうのですが、どうしたらよいでしょうか?
A.残すべきか捨てるべきか迷ったものは、一時的に箱に入れるなどして保管しておきましょう。時間がたってから再び考えると、あっさり決断できるものです。

Q.捨てるのはもったいない不用品はどうしたらよいでしょうか?
A.比較的状態のよいものは、リサイクルショップや不用品買い取り業者などを利用して買い取りに出すことをおすすめします。

Q.福祉住環境整理と生前整理は、どう違うのですか?
A.生前整理は、自分が亡くなった後、遺族に迷惑をかけないように、身の回りを整理しておくことをいいます。今後の生活を健全なものにするための福祉住環境整理とは、目的や内容が異なるのです。

まとめ

いかがでしたか? 福祉住環境整理について詳しくご紹介しました。高齢者が安全で快適に生活できるようにするために、福祉住環境整理は必要なことです。しかし、この言葉を知らない人もまだ多いのが現状でしょう。ぜひこの記事を参考にして、いつどのように住環境整理を行うべきか考えてみてください。