「注文住宅」と「建売」の違いって何? 2つの特徴を比較しよう!

人生最大のお買い物とも言える「マイホームの購入」は、慎重にすすめていかなければなりません。
予算や資金計画はもちろん、ある程度、購入する家を決める必要があるでしょう。
一戸建ては、「注文住宅」か、「建売」のどちらかになります。
注文住宅と建売の違いやそれぞれのメリット・デメリット、注文住宅に向いている人、建売が向いている人など詳しく説明しましょう。
マイホームの購入を検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。

1.注文住宅と建売の違い

基本的に、一戸建ては「注文住宅」と「建売」の2つにわかれます。
注文住宅と建売には、どのような違いがあるのでしょうか。
2つの違いについて詳しく説明するので、必ずチェックしてくださいね。
自分に合った家を選ぶためにも大切なことですよ。

1-1.土地を購入して家を建てる「注文住宅」

注文住宅は、土地を購入して自分たちで家を建てる仕組みになっています。
あらかじめ、土地に家が建っているわけではありません。
そのため、土地を購入して、家を建てるまでが注文住宅になるのです。
注文住宅は、自分たちが想像しているとおりの家を建てることができるでしょう。
マイホームを建てる際、最も設計の自由度が高いのは「注文住宅」になります。
何もない土地を購入して、自分たちで最初から家を建てていくのは「注文住宅」と覚えておいてください。
しかし、注文住宅の中には、「建築条件付き土地」というものがあります。
建築条件付き土地は、売建(うりたて)住宅とも呼ばれており、建物のプランが作られているのが特徴的です。
最初から作る注文住宅より設計の自由度は低くなってしまうでしょう。

1-2.住宅が建っている土地を購入する「建売」

一方、建売は、すでに住宅が建っている土地を購入することを指しています。
注文住宅は、何も建っていない状態の土地を購入しますが、建売は建物がある土地を購入するのです。
建物の値段も土地代の中に入っているため、注文住宅よりも値段を低く設定しているところが多いでしょう。
家を建てる費用はかからないのが大きな特徴になります。
基本的に、建売で販売している建物は、建築確認が申請済みになっているので安心してください。
建売の中には、まだ建物が建っていないケースもあります。
未完成住宅とも呼びますが、設計の自由度は低いと考えてください。
注文住宅とは違い、建売はほとんどの設計を変えることができません。すでに建てられている住宅で暮らすことになるでしょう。

1-3.土地に建物が建っているかどうか

注文住宅と建売の大きな違いは、「建物が建っているかどうか」にあります。
ほかにも、さまざまな違うはありますが、主な違いは“建物”になるでしょう。
すでに住宅が建っている土地は、建売になります。
そして、住宅が建っていない土地は注文住宅になるのです。
低い予算で購入できる「中古住宅」は建売の中に入るでしょう。
注文住宅・建売どちらにするのかで、設計の自由度は大きく異なります。
最近は、住宅も多様化してきているため、注文住宅と建売の境がハッキリしていないのが現状です。

2.注文住宅・建売のメリット・デメリット

2-1.注文住宅のメリット・デメリット

設計の自由度が高いところが、注文住宅の大きなメリットになります。
ほかにも、たくさんのメリットがあるので紹介しましょう。
主なメリットは、以下のとおりになっています。

  • 自分が理想していたとおりの家が建てられる
  • 内装、外装のデザインが自由にできる
  • 好みの設備が取り入れられる
  • 建築過程が確認できる
  • 将来を見越した備えができる

以上のような点が、注文住宅のメリットです。
設計の自由度が非常に高いので、内装・外装のデザインはもちろん、自分のこだわりを反映できるでしょう。
建築過程もしっかり自分の目で確認できますね。
また、将来を想定した家作りができるのも注文住宅のメリットです。
しかし、実物がイメージしにくいというデメリットもあります。
こだわりが多ければ多いほど、費用も高くかかってしまうでしょう。

2-2.建売のメリット・デメリット

一方、建売のメリット・デメリットは、どのようになっているのでしょうか。
あらかじめ、住宅が建っている建売のメリットは、以下のとおりになっています。

  • 注文住宅より価格が低め
  • 仮住まいの費用がかからない
  • 手間がかからない
  • 価格がわかりやすい
  • 実際の建物を自分の目で確認できる

以上が、建売のメリットになるでしょう。
注文住宅とは違い、住宅を建てる必要がないので、価格が低いです。
仮住まいの費用はかかりません。さらに、建てるまでの時間・手間もかからないでしょう。
建売は、販売価格がきちんと表示されているので、価格がわかりやすい点もメリットのひとつです。
実際の建物を自分の目で確認できると、安心して購入できるでしょう。
しかし、デメリットもあるので注意してくださいね。
建売のデメリットは、「構造部分が確認できない」「設計の自由度が低い」ことです。
注文住宅は、建築過程が確認できます。
しかし、建売はすでに建てられているため、自分の目で確かめることができる部分が限られているのです。
設計の自由度も低いことを覚えておいてくださいね。

3.注文住宅・建売に向いている人

3-1.注文住宅をおすすめしたい人

注文住宅か、それとも建売にするのか、悩む人も多いでしょう。
注文住宅に向いている人は、こだわりの家を建てたい人です。
リビングはこだわりの内装にしたい、自分の趣味に合ったデザインにしたいと、“こだわり”を持っているなら、注文住宅にした方が良いでしょう。
注文住宅は、自分の思いどおりに設計できる自由さを持っています。
好みの設備や建材を取り入れたい、将来、自分たちのライフスタイルに合わせたリフォームがしたいと考えている人も、注文住宅がぴったりですよ。

3-2.建売に向いている人

一方、建売に向いている人とは、どのような人なのでしょうか。
できるだけ費用を抑えたい、コストダウンをしたい人は、建売がおすすめです。
建売は、販売価格がすぐにわかります。
建物と土地の値段がすべて入っているため、予算があまりない人にはぴったりでしょう。
自由に設計することはできませんが、費用を抑えたいのなら建売になります。
また、実際に、どういう感じの家になるのか確かめてから購入したい人も、建売の方が向いているでしょう。
建売は、実際の建物を見ることができます。自分の目で確かめてから購入ができるでしょう。

4.まとめ

注文住宅と建売の違いやそれぞれのメリット・デメリット、注文住宅・建売に向いている人について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
マイホームの購入を検討している人はもちろん、いずれ自分の家を持ちたいと思っている人も、必ず基礎知識として身につけてください。
それぞれのメリット・デメリットを把握しておくと、自分たちに合った家が購入できるでしょう。

  • 土地を購入して家を建てる「注文住宅」
  • 住宅が建っている土地を購入する「建売」
  • 土地に建物が建っているかどうか
  • 注文住宅は設計の自由度が非常に高い
  • 建売は、販売価格がわかりやすい
  • 家にこだわりたい人は注文住宅がおすすめ
  • できるだけコストを抑えたい人は建売がおすすめ

主にチェックしておきたいポイントは以上のとおりです。
しかし、ほかにも頭に入れておきたい知識はたくさんあります。
人生で大きな買い物になるからこそ、満足いく家を購入したいですね。