安全性は大丈夫!? 水耕栽培で使う液体肥料の真実

最近話題になっている水耕栽培。あなたも始めて見たいと思っていますか?  水耕栽培は土を使わずに水と液体肥料だけを使って植物を育てる栽培方法です。自宅で簡単に美味しい野菜を作ることができるため、水耕栽培に挑戦する人が増えています。しかし、「水耕栽培に使用する液体肥料の安全性は大丈夫なのか?」と心配になるかもしれません。美味しい野菜が作れても、それを安全に作ることができなければ意味がありませんよね。 

そこで本日は、水耕栽培に使用する肥料が本当に安全なのかという点をご紹介してみたいと思います。

  1. 室内で液体肥料を使っても大丈夫なの?
  2. 液体肥料には農薬も含まれているの?

1.室内で液体肥料を使っても大丈夫なの?

水耕栽培は通常室内で行ないます。そのため、室内で液体肥料を使うことになりますよね。「人工的に作られた液体肥料を室内で使うと、有害な物質が室内に残るのではないだろうか?」と心配していますか?  水耕栽培の液体肥料に使用されている物質は、土に含まれているのと同じ物質で、植物が育つのに必要なものです。水耕栽培は土を使わない栽培方法ですが、そのためには土に含まれている栄養分を補給する必要があります。そのために液体肥料が使用されるのです。 

室内で土を使っても、体に悪い影響はありませんよね。同じように水耕栽培の液体肥料も、正しい方法で使っている限り体に悪い影響を与えることは無いのです。

正しい使い方をしていれば、体に害はないんですね。
はい。むやみに怖がる必要はありません。

2.液体肥料には農薬も含まれているの?

水耕栽培で使用する液体肥料には農薬も含まれているのでしょうか? そのようなことはありません。 水耕栽培に使用される液体肥料には、植物が成長するのに必要な物質だけが含まれています。ですから、植物は農薬の影響を受けずに安全に育つことができるのです。

「でも野菜に虫とか付かないの?」と心配になりますか? 水耕栽培は室内で行われます。そのため、虫が入り込む隙間がほとんどありません。また植物に悪い影響を与える菌がほとんどいないので、植物が病気になることもないのです。ですから、自宅で行なう水耕栽培に農薬は必要ありません。

もちろん、水耕栽培に使用される液体肥料にも農薬は含まれていませんので、無農薬で安全な野菜を作ることができるのです。

液体肥料は農薬とは違うんですね。
はい。農薬の成分は含まれていません。

まとめ

水耕栽培は、水と液体肥料だけを利用する人気急上昇中の栽培方法です。手軽に安心して植物を栽培することができる方法として、メディアでも頻繁に取り上げられていますよね。でも、その液体肥料は本当に安全なのでしょうか? 水耕栽培に使用される液体肥料には、植物が育つのに必要な栄養素だけが含まれています。そして、農薬は含まれていません。 ですから、水耕栽培は自宅で安心して出来る栽培方法なのです。