制震ダンパーとは? 地震に備えて知っておこう

みなさんは「制震ダンパー」について詳しくご存知でしょうか? 
制震ダンパーは、地震や強風・災害対策には欠かせない製品(メカニズム)のひとつです。
今回は、制震ダンパーの仕組みやメカニズムについて、詳しくご説明したいと思います。

制震ダンパーは、どのような働きをするのか?

日本は、世界でも有数の「地震や災害の多い国」として知られています。
大きな地震や強い風(その他災害)が発生すると建物にエネルギーが伝わり、揺れや倒壊によって建物が大きく損傷する恐れがあります。
ここで、役に立つが「制震ダンパー」の存在です。 
「制震ダンパー」は、建物の代わりに揺れ(地震など)のエネルギーを効率良く吸収・反発する仕組みを持っています。一般的には、上下の梁を繋いだり、室内に(ダンパーを)筋交いに設置して、建物内部の揺れを低減させるよう使われているのが特徴です。

制震ダンパー・製品の仕組みについて

制震ダンパーは、収縮時には(製品)中央部分が収縮する仕組みを持っています。
反対に、伸びている時には製品の両部分が圧縮を行い、外からのエネルギーを効率良く吸収・反発するメカニズムを使っています。 
もちろん、制震ダンパー以外にもさまざまな「制震装置」がありますが、ほかの装置がエネルギーの低減を重視しているのに対し、制震ダンパーは「復元力」に優れた商品となっています。
大切な「建物の損壊や倒壊」だけでなく、建物内部と家族の命を守るには、制震ダンパーの存在が不可欠と言えるでしょう。

長く劣化しない・安全な制震ダンパー

優れた制震ダンパーは、内部の構造も「ウレタンゴム」などを採用し、剛性と反発力に優れた製品となっています。
こうした製品なら、長期間劣化することなく(住宅や各種建物にも)安心して使い続けることができそうですね。

制震ダンパー・どんな場所で使われているの?

制震ダンパーは、一般の住宅や小さな建物はもちろん、大都市の大型ビルや商業施設、橋げた(斜張橋)などにも採用されている優れものです。

一般の住居に制震ダンパーを設置したい

設置を依頼する場合は、信頼出来る業者さんに工事を依頼してください。
住居に使われる制震ダンパーは、新築だけでなくリフォーム住宅にも設置することが可能です。
木造の工法で立てられた建物・住居、2×4(ツーバイフォー)工法の住まい、軽量鉄骨等のプレハブ工法の建物に「制震ダンパー」を使えます。
実際の工事では、家の中で最もエネルギーを受けやすい、1階部分の梁に「制震ダンパー」をX方向もしくはY軸方向に設置します。
設置する基準は、4坪につき1基の制震ダンパーを使うので(工事の)目安にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
私たちの大切な家屋を、地震や災害から守るためにも「制震ダンパー」は欠かせない製品・メカニズムと言えそうですね。
各メーカーで、無料で見積もりや相談を受け付けているので、分からないことがあれば、積極的に相談してみてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!