小物が収納スペースの中で行方不明になる!! 上手に分類するコツは?

整理整頓が苦手、という方の中には「収納グッズがうまく使いこなせない」という方も少なくありません。特に、たっぷりと収納力があるグッズに小物を上手にしまえないと、収納グッズの中でものが行方不明になってしまうでしょう。

そこで、今回は小物を分類して収納するコツをご紹介します。分類の仕方と収納グッズへの収め方さえ分かれば、整理整頓も上手にできるようになるでしょう。収納グッズの中がいつもごちゃごちゃという方やいつの間にか小物が行方不明になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.たっぷり入る収納グッズの意外な欠点とは?

広い収納スペースやたっぷりものが収納できるグッズは、皆のあこがれです。「もう少し収納力があるグッズやスペースがあれば、家の中が片付くのに」と思っている方も多いでしょう。

しかし、収納力抜群のスペースやグッズは、その中にものを整理して収める必要があります。
無差別にものを入れていけば、あっという間にいっぱいになってしまうでしょう。また、小物を適当にしまっていけば、収納グッズやスペースの中で行方不明になってしまいます。

つまり、収納力が高いグッズやスペースを使いこなすには、収納するものを分類して取りだしやすいようにしまう能力が必要です。整理整頓が苦手という方は、この分類がうまくできないという方が少なくありません。ですから、どんなに収納力の高いグッズやスペースがあっても、ものが片付かないことが多いのです。

2.小物の上手な分類の仕方とは?

では、どうすれば小物を上手に分類できるのでしょうか? この項では、コツの一例をご紹介します。

2-1.同じ使用目的ごとに分類する

たとえば、文房具なら文房具でひとつの箱にまとめます。そうすれば、文房具が欲しい場合は、その箱を見ればよいのです。このように、同じ使用目的ごとに小物をまとめてください。小物の量が多いという場合は、さらに分類をします。文房具なら「切る(はさみ・カッター)」「はる(のり・セロハンテープ)」という風に分類をしていくのです。そして、それぞれの器にしまってください。そうすれば、どこに何があるか一目で分かります。

2-2.使う人ごとに分類する

家族と暮らしている場合は、人数分のかごや箱を用意してください。そこに、それぞれの持ち物を分類していきます。これは、ウォーキングクローゼットや押し入れに家族全員の衣類をしまうときに便利な収納法です。

また、いくつもの引き出しがついた収納グッズに、家族全員の文房具や私物をしまうときにも使えるでしょう。家族ごとに色を変えたりネームタグをつけたりすると、さらに分かりやすいです。しまうときも、そこにしまっていけばよいのですから、迷うこともありません。

2-3.出しやすいようにしまう

同じ小物でも、大きな箱に無造作に放りこんでも大丈夫というものから、小分けしてひとつひとつしまわないと出すのが大変、というものまであるでしょう。ですから、小物を収納するグッズを選ぶときは、取りだしやすさを考えて購入してください。

また、お菓子の空き箱や空きびん・空き缶などを収納グッズとして利用することもできます。

2-4.使うものは、使う場所に置く

さて、無事に小物の分類がすんだら、使うものを使う場所に置きましょう。キッチンで使うものをリビングに置けば、使いにくいですよね。ですから、すべての小物類を使う場所に置いてください。そして、収納場所を増やさないことが大切です。文房具を家じゅうに分散しておけば、目的のものを探すのに手間取るでしょう。ですから、同じものは一か所にまとめ、そこを探せばすむようにします。

家族が共有するリビングに私物を置きたいという場合は、家族に人数分かごなどを用意し、そこにそれぞれ入れておきましょう。そうすれば、「確かにここに置いた」と探し回ることもなくなります。

3.収納力の高い場所への小物のしまい方とは?

では、前述した収納力の高いスペースやグッズに小物をしまうときは、どうすれば上手にできるのでしょうか? この項では、その一例をご紹介します。

3-1.使用頻度の高いものは、胸から目線の高さにしまう

使用頻度の高いものは、胸の位置から目線の高さまでの場所にしまってください。この範囲が最も取りだしやすく、しまいやすいのです。小物を収納した箱などを、取りだしやすさを考えて収納しましょう。プラスチック製の衣装ケースのように、上のものをいちいちどけなくても中のものが取りだせる箱に小物を入れるのも、ひとつの方法です。

3-2.上と下は、季節のものやめったに使わないものを入れる

自分の背よりも高い場所は、使う季節が限られていて軽いものを置きましょう。段ボール箱に入れても構いませんが、側面に内容物を書いておくと分かりやすいです。季節ごとに段ボールの中身を入れ換える場合は、側面も書き換えてください。逆に、かがまなければ取りだせないような下の場所は、使う時期が限られている重いものを入れましょう。そうすれば、重いものを持ち上げたり下したりする手間が省けます。

3-3.ものを詰めこみすぎない

ものを詰めこみすぎると、中に何が入っているか分からなくなります。また、隙間家具にぎっしり小物を詰めこんでも、中身が分かりにくくなるでしょう。どんな収納場所やグッズでも、3割くらいのあきをキープしておいてください。3割のあきがあれば、中に何が入っているか見ただけで把握できます。

また、新しいものを入れる余裕もあるでしょう。収納グッズやスペースが満杯になってきたら、定期的に整理してください。

3-4.収納グッズが使いやすいか見直す

タンスや食器棚などの大きな収納グッズは、年月とともに使いにくくなる場合があります。この場合は、思いきって収納グッズを処分し、新しく使いやすいものを購入してください。
大型の収納グッズは、粗大ゴミとして自治体が回収してくれます。

また、重くてゴミ捨て場まで持っていけない場合や事情があって今すぐ処分したい場合は、不用品回収業者を利用しましょう。有料ですが、家まで回収にしてくれますから重い収納グッズを処分するときはとても便利です。回収料金を事前に知りたい場合は、必ず見積もりの作成を依頼しましょう。収納グッズだけの回収を依頼するならば、驚くほど高額にはなりません。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は、小物を上手に分類して収納するコツをご紹介しました。
まとめると

  • 小物をは同じ使用目的ごとに分類するとよい。
  • 家族全員の分をひとつの場所に収納する場合は、使う人ごとに分類してしまう。
  • 使うものは使う場所に置いておく。
  • 使用頻度が高いものは、胸から目線の高さまでの場所にしまう。
  • 収納グッズが使いやすいか確かめる。

ということです。今はいろいろな収納グッズが出ていますが、小物を収納する場合は空き缶や空き箱、空きびんを上手に利用しましょう。特に、文具やリモコン類・アクセサリー類は空き箱や空きびんで十分です。また、衣類などは横に並べて上に重ねていくより、縦にしておくから衣装ケースの中に詰めていくと、中に何が入っているか一目で分かります。収納力が高いグッズやスペースほど、うまくものを収納すれば驚くほど大量のものが入るでしょう。