リバウンドしない片付け方3つのコツ! ~散らかる部屋からの卒業~

綺麗(きれい)な部屋をずっと維持したい。しかし、仕事やプライベートが忙しくなるとあっという間に散らかるもの。片付けてもリバウンドしてしまう部屋から卒業したいものですよね。そこで、この記事ではリバウンドしない片付け方についてまとめました。

1.部屋の汚れがリバウンドする原因

部屋を綺麗(きれい)にしても汚れがリバウンドして困っている女性は多いかと思います。そこで、まずは汚れがリバウンドする原因について確認しておきましょう。

1-1.片付けた後もものを入れ続ける

ものを一気に捨ててから1週間。いつの間にか元の汚い部屋にリバウンドしてしまう人も多いのではないでしょうか。その原因は、生活習慣の改善が行われていないことにあるのです。
部屋からものを無くしたとします。しかし、ものを増やす習慣が直っていないと部屋にものがたまっていくのです。どれだけ部屋からものが無くなっても入る絶対数が減らない限り改善はされないと思いましょう。
たとえば、運動によって体重を減らそうとします。しかし、食べる量が変わらないと体重を減らすのは難しいものです。部屋の片付けも同じだと思いましょう。いくら部屋の中を綺麗(きれい)にしても入る量が変わらない限り意味がありません。

1-2.ものが散らかる状態に慣れてしまう

部屋が散らかっている状態に慣れてしまうと「片付けよう」と思えません。床にものが置いてある状態と普通だと思うことで「片付いている」と錯覚してしまうのです。まずは、本棚やクローゼットなどにものが収納してある状態を目指すのが大切になってきます。

1-3.片付け自体にコンプレックスがある

部屋がリバウンドしてしまう人の中には、片付けること自体に抵抗がある人もいるもの。片付けようとすると「面倒だ」、「しんどい」、「絶対に片付けないと」など必要以上にプレッシャーを負う人に多い傾向があります。
部屋が汚れてしまう人は、根本的に片付けることに対して嫌悪感を抱いていたり後ろ向きになっていたりするもの。掃除や片付けをする前には、まず気持ちを前向きにしていくことが重要です。また、片付けを気持ちから前向きにすることでよい循環が生まれます。

2.汚れをリバウンドしないための心構え

綺麗(きれい)にした部屋は、二度とリバウンドしたくないもの。そこで、部屋の汚れをリバウンドしないための心構えについてチェックしておきましょう。

2-1.片付けに対する嫌悪感を無くす

まず、大切なのは片付けや自分に対する嫌悪感を無くしていくことです。片付けることに対する心の負担を無くすようにしましょう。
片付けができない人にとっては、片付けること自体に何らかの抵抗心や嫌悪感を含んでいます。また、自分には片付けなんてできないと思い込んでいるものです。そういったマイナスの心を押し込めず認めることが重要となってきます。
片付けが嫌なときは、無理にする必要はありません。また、誰にだって苦手なことはあります。そういった押し込んでいるネガティブな部分を認めていきましょう。

2-2.片付けることで「なりたい」自分をイメージする

片付けをするときは、片付けることで「なりたい」自分をイメージします。部屋を綺麗(きれい)にすることでどのような生活をしたいのか具体的にイメージしましょう。

  • 自分が大事したいもの。
  • どんな自分になりたいか。
  • どんな暮らしがしたいのか。

自分が部屋を片付けることでどのようなことを実現したいのか想像します。頭の中だけでぼんやりするときは、紙などに書いて目標を形にしましょう。

2-3.片付けた後の部屋のゴール設定をする

自分の目標をしっかり作った後は、自分の部屋をどのようにしたいのかゴール設定を決めます。「どのようなレイアウトにしたいのか」で大丈夫です。もしくは、「こんなインテリアを絶対に置きたい」など部屋にかんする目標を決めます。これは、なりたい自分を軸にして考えるようにしましょう。
ゴールには「友だちを呼べる部屋」などもアリです。友だちを呼べる部屋にするには、インテリアや家具にもこだわるようになります。自然と部屋を綺麗(きれい)にするモチベーションも上がってくるでしょう。

3.汚れがリバウンドしない3つの片付け方

片付けに対する心構えをしっかり作った後は、片付けの実践に移ります。ここでは、具体的な片付け方についてまとめました。

3-1.片付ける順番を決めて捨てる

リバウンドしない部屋にしたいときは、捨てる順番に気を付けて捨てましょう。何でも捨ててしまうとリバウンドする原因になります。
捨てる順番としておすすめなのは衣類・本(紙類)・インテリア(雑貨や小物)・思い出の品がおすすめです。
衣類は部屋の中でも占領するスペースが多い上、タンスや収納ボックスなど納める場所があやふやになります。収納場所があやふやなため、いつの間にか増えているのです。
衣類を捨てるときは、1年間着ていないものや同じ種類のものから捨てていきましょう。また、ほつれていたり汚れていたりするものも捨てていきます。1年間ずっと補修しなかったものは興味を無くしているものです。
本や紙類で多いのは、雑誌系が多いかと思います。こちらも読んでいないものは積極的に捨てましょう。また、使い終わったノートやメモ用紙も一緒に捨てることがおすすめです。
次に、気に入っていた小物やインテリアも捨ていきます。思い出の品とつながっていることも多いでしょう。しかし、押し入れやダンボールに入れっぱなしのものは、よほど思い出が無い限り捨てるのをおすすめします。

3-2.自分の部屋に収納できる量を考える

ものを減らすときは、自分の部屋にある収納スペースや収納機能を把握しましょう。何でも捨てるのはストレスを感じることがあります。まずは、自分の部屋に置けるスペース量と共に置きたいものを決めましょう。
自分の部屋に置けるスペースや量を把握できれば自然と必要なものが見えてきます。また、自分の部屋に置いた絶対に必要なものがわかるとものを丁寧に扱うようになるのです。
また、やたらものを買っているときは、金銭感覚もマヒしていることが多くなっているもの。しかし、きちんとものを選んで買うようになればお金の使い方をしっかり考えるようになります。部屋に収納できるスペースや場所をしっかり把握しましょう。
自分の部屋のスペースと置きたいものを把握した後、実際に収納をしていきます。ものをいきなり収納するのは、最もリバウンドしやすい原因です。収納するのは最後にしましょう。

3-3.適度に模様替え・レイアウトを変更する

片付けをした後は「ずっと同じ部屋・レイアウトを維持しないとダメ」と思いがち。しかし、綺麗(きれい)な人の発想は反対です。適度に模様替えやレイアウトを変更しています。
模様替えやレイアウトを変更するのは、部屋に対する興味を持つようにするためです。興味が無くなると部屋にごみや不用品が増えていきます。また、レイアウトを変更することによって自然と部屋の片付けにもつながるのです。

4.まとめ

いかがでしたか? この記事ではリバウンドしない片付け方についてまとめました。
部屋の汚れがリバウンドするのは、無理に片付けようとするため。まずは、自分の苦手意識や無理な部分を受け入れましょう。それと同時に、片付けることによって前向きに掃除する気持ちに持って行きます。
実際に片付けるときは、衣類から本・小物・思い出の品の順番で数を減らしていきましょう。減らした後、自分の部屋にある収納スペースに入るだけ入れていきます。入らないものは、捨てるか選別のし直しを繰り返しましょう。適度に模様替えやレイアウトを行うことで「捨てる」以外の選択肢も取れますよ!