窓の掃除を楽に済ませる方法は? やり方・注意点・業者に依頼する方法も

「掃除したのにすぐ窓が汚れてしまう」「窓掃除を楽にする方法はないのか?」など、窓掃除で悩んでいる方は多いでしょう。面倒に感じてしまう窓の掃除ですが、コツさえつかんでおけば効率よくきれいにすることができます。また、自分で掃除できない高所の場合は、プロの業者に依頼するのも方法の1つです。

本記事では、窓掃除の方法などについて解説します。

  1. 窓が汚れる原因は?
  2. 窓の掃除に必要な道具
  3. 窓掃除のタイミング・頻度は?
  4. 窓掃除のやり方と注意点
  5. 窓掃除をプロに依頼する方法
  6. 窓掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、窓掃除を効率よく行う方法やポイントなどが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.窓が汚れる原因は?

まずは、窓が汚れる原因をチェックしておきましょう。

1-1.内側は手垢(てあか)・ホコリ・タバコのヤニなど

窓の内側は室内から発生するさまざまな汚れが付着しています。主な汚れは、手垢・ホコリ・タバコのヤニ・油汚れなどです。汚れた手でガラスに触れるだけでも手垢がついてしまい、さらに手の皮脂がガラスにくっつくと室内のホコリやゴミが付着しやすくなります。特に、タバコのヤニはガラスを黄ばませる原因となり、頑固な汚れになりやすいので注意が必要です。さらに、料理で油が含まれた水蒸気が発生し、ガラスの汚れになってしまうこともあります。掃除を疎(おろそ)かにするほど頑固な汚れになっては落ちにくくなるので適度な掃除が必要です。

1-2.外側は花粉・砂・泥・雨など

窓ガラスの外側は、風にのって飛んでくる汚れがほとんどです。たとえば、花粉・砂・泥・黄砂・雨・車などが出す排気ガスなどがあります。空気中に含まれる砂やゴミなどの汚れは、風が吹きつけるたびにガラスに付着し、そのまま放置することで汚れが固まり落としにくくなってしまうでしょう。黄砂や花粉が飛んでいる時期はガラスも汚れやすくなり、雨風が吹くと水・泥などが網戸に付着し、そこからガラスに汚れがつくこともあります。特に、道路が近い部屋の窓ガラスは排気ガスによる汚れが目立つでしょう。

2.窓の掃除に必要な道具

窓掃除を始める前に、準備してほしい道具は以下のとおりです。

  • ぞうきん・タオル
  • 新聞紙
  • 重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸
  • バケツ
  • ゴミ袋

窓の頑固な汚れを落としたい場合は、ガラス専用の洗剤スプレーやマイクロファイバータオルなども用意しておくと便利です。また、しっかりと窓を掃除したいときは、アルカリ電解水・スクイジーも準備しましょう。今はさまざまな便利グッズが発売されているので、いろいろと試してみるのもアリです。

3.窓掃除のタイミング・頻度は?

窓掃除の適切なタイミングと頻度について解説します。

3-1.簡単な窓掃除は月に1回、大掃除は年に2回

新聞紙やぞうきんを使った簡単な窓掃除なら、月に1回を目安に行うのが理想といわれています。徹底的に掃除しなくても、部屋掃除のついでに目につく汚れをサッと拭き取るだけで十分です。簡単な掃除は月に1回を心がけつつも、窓・サッシの大掃除は6~7月に1回、12月に1回の年に2回を心がけるといいでしょう。特に、花粉や黄砂が飛散する春~初夏、結露が発生しやすい冬は窓が最も汚れやすくなる時期です。汚れの付着が落ち着き始める6~7月、12月に大掃除を行うことできれいな状態を維持し続けることができます。

3-2.窓を掃除するタイミングは曇りの日がおすすめ

晴れた日が窓掃除に最適だと思うかもしれませんが、窓掃除は曇りの日がベストだといわれています。曇りの日は窓に付着した汚れが確認しやすく、湿度が高いので汚れがやわらかくなり落ちやすくなるからです。逆に、晴れの日は窓に太陽の光が反射するので、汚れが見えづらくなってしまいます。湿度も低くなるため、汚れが乾燥して固くなってしまうのです。きれいにしたと思っていても汚れが残っている可能性があるので、窓の掃除は曇りの日に行いましょう。

3-3.気になったときに汚れを落とす

窓掃除の頻度とタイミングを意識しつつも、汚れが気になったときに掃除するのも大切です。たとえば、子どもが窓ガラスに触れて手垢がついたり、雨が降った翌日に泥がはねていたりした場合は、すぐにぞうきんやタオルなどで拭き取りましょう。すぐに拭き取れば、頑固な汚れを未然に防ぐことができます。気になったときにわざわざ道具を取りに行くのが面倒に感じる方は、窓の近くに掃除グッズを置いておくと便利です。

4.窓掃除のやり方と注意点

それでは、窓掃除のやり方と注意点をいくつか紹介します。

4-1.新聞紙を使った簡単なやり方

新聞紙は細かい繊維でできているため、窓の汚れを吸着しやすい便利アイテムです。また、新聞紙のインクはツヤ出し効果が期待できます。新聞紙を使った主な掃除方法は以下の手順を参考にしてください。

  1. 手のひらにのる大きさに新聞紙を丸める
  2. 新聞紙を水にぬらす
  3. ギザギザを描くように窓ガラス全体を拭く
  4. かわいた新聞紙を丸めて円を描くようにから拭きする

新聞紙だけで水拭きとから拭きの両方できれいにできます。新聞紙を使っても落ちづらい汚れがある場合は、窓専用の洗剤または中性洗剤をごく少量つけて水拭きするといいでしょう。

4-2.重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸を使った掃除方法

新聞紙だけでなく、重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸を使った窓掃除のやり方があります。重曹・セスキ炭酸ソーダは油汚れなどの酸性汚れを、クエン酸は水垢(みずあか)などアルカリ性の汚れを中和して落とす効果が期待できるのです。また、重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸は自然由来の成分でできているため、子どもやペットがいる家庭でも安心して使うことができます。3つを使用した掃除方法は以下のとおりです。

  1. 重曹水(水300ml:重曹小さじ3杯)またはセスキ炭酸ソーダ水(水300ml:セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯)を作りスプレーボトルに入れる
  2. クエン酸水(水300ml:クエン酸小さじ1杯)を作りスプレーボトルに入れる
  3. 窓全体に重曹またはセスキ炭酸ソーダ水をまんべんなくスプレーして5分放置する
  4. 水でぬらし固くしぼったぞうきんで汚れを拭き取る
  5. クエン酸水を窓全体にまんべんなくスプレーし5分放置する
  6. 水でぬらし固くしぼったぞうきんで汚れを拭き取る
  7. かわいたぞうきんでから拭きをする
  8. しっかり乾燥させて完了

4-3.高所の窓掃除はフローリングワイパーを使う

2階などの高所は掃除しにくいため、フローリングワイパーなどを使ったやり方がおすすめです。フローリングワイパーは長さもあるので高所の窓掃除に役立ちます。以下の手順を参考にしてください。

  1. ぞうきんまたはスポンジに洗剤を混ぜた水を含ませる
  2. ワイパーの先に輪ゴムなどで固定する
  3. 窓を拭いた後、かわいたぞうきんをワイパーにつけてから拭きする

ただし、高所での作業は危険なので無理は禁物です。自分でできない場所に窓がある場合は、専門業者に依頼するといいでしょう。

4-4.ガラスに直接洗剤をスプレーしない

窓を掃除する際に気をつけてほしいのは、ガラスに直接洗剤をスプレーしないことです。洗剤スプレーを使用するときはガラスに直接吹きかけず、タオルやぞうきんにスプレーして掃除してください。直接ガラスに吹きかけてしまうと、洗剤tがたれて跡が残ってしまうからです。また、うまく拭き取れずにムラができてしまうので注意してください。さらに、最初にすべての窓ガラスに洗剤をつけるのもNGです。ぞうきんなどで拭き取る前にかわいてしまい、洗剤の跡が残ってしまう可能性があります。ガラスを掃除するときは1枚ずつ洗剤をつけて、かわく前に素早く拭き取りましょう。

5.窓掃除をプロに依頼する方法

ここでは、窓掃除をプロに依頼する方法を解説します。

5-1.どんな頑固な汚れでもスピーディーに落としてくれる

窓掃除を専門業者に依頼する大きなメリットは、どんな頑固な汚れでもスピーディーに落としてくれることです。頑固な汚れほど強力な洗剤を使わなければなりませんが、素人ではどの洗剤が効果的なのか判断できません。窓掃除の知識と実績が豊富な業者に依頼すれば、汚れの特徴に合った洗剤を使い、どのような汚れでも徹底的に落としてくれるでしょう。また、時間と手間がかからないのも大きなメリットとなります。窓がたくさんあって掃除するのが大変・体力や気力がない方は、専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

5-2.プロの業者による窓・サッシ掃除の流れ

具体的なサービス内容や掃除方法は業者によって異なりますが、大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 床が傷ついたり、窓際が汚れたりしないようにビニールシート等で養生する
  2. 隅々まで掃除するために窓ガラスやサッシ・網戸を取りはずす
  3. 汚れ具合に応じて掃除道具を変えながらサッシを掃除する
  4. ワイパーなどを使って窓ガラスを掃除する
  5. 最後に網戸を掃除して完了

掃除内容によって費用は異なりますが、1,000円~/1㎡が目安です。掃除内容・範囲と併せて費用もチェックしながら、信用できる業者を選び依頼してください。

5-3.業者選びのポイントをチェック!

窓掃除を依頼する業者を選ぶ際、ぜひチェックしてほしいポイントがあります。

  • サービス内容が詳しくホームページ等に記載されているか
  • 料金設定が明確になっているか
  • 窓・サッシ掃除に長(た)けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • オプションサービスが充実しているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか

清掃業者の中には、作業後に追加料金を請求したり、きちんと掃除してくれなかったりなどの不正を働く悪徳業者が存在しています。悪徳業者に引っかからないためにも、しっかりとポイントをチェックし、複数の業者を比較することが大切です。

6.窓掃除に関してよくある質問

窓掃除に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.新聞紙以外にも使える掃除アイテムは?
A.おすすめしたいのがメラミンスポンジです。メラミンスポンジに水を含ませて汚れが部分をこすると、洗剤を使わなくても簡単に汚れを落とすことができます。ただし、メラミンスポンジは汚れを削り落とす作用が働くため、やわらかい素材や傷つきやすい素材には不向きです。ガラスの一部がコーティングされている場合は、コーティング部分が傷つく恐れがあるので注意してください。

Q.スクイジーの使い方は?
A.主な使い方は以下の手順を参考にしてください。

  1. 窓全体にスプレーボトルで水を吹きかける
  2. スクイジーを上から下に動かす
  3. スクイジーを左から右に動かす
  4. 右側にたまった水を上から下にスクイジーで落とす

また、25cm以下のスクイジーを使うと、力が均等にかかり安くなるので吹き残しが残りにくくなるでしょう。窓の内側を掃除する際は、窓周辺の床に水が飛び散る恐れがあるため、タオルなどを用意しておくと安心です。

Q.サッシの掃除方法は?
A.サッシを掃除する際は、掃除機が大活躍します。水で汚れを落とす前に掃除機を使うことで、すき間にたまった汚れが落としやすくなるでしょう。主な手順は以下のとおりです。

  1. 掃除機でサッシの汚れを吸い取る
  2. ペットボトルに少量の中性洗剤を混ぜた水を入れる
  3. サッシに水を流して汚れを落とす
  4. ぞうきんで残った汚れを拭き取る
  5. サッシ全体をから拭きする

固まった汚れがある場合は、ブラシまたはつまようじを使ってかき出してください。窓ガラスと一緒に掃除をする場合は、ぞうきんで汚れを拭き取る前に窓掃除を行いましょう。

Q.網戸の掃除方法は?
A.フロアワイパーとウェットタイプのシートだけを使って網戸掃除ができます。フロアワイパーの柄を短くして持ちやすい状態にしたら、網戸の内側から外側の順で全体を拭いてください。特に、外側が汚れているのでこまめにシートを替えるのがポイントです。また、網戸が老朽化している場合は、張り替えを検討しましょう。

Q.窓に汚れがつきにくくするコツは?
A.柔軟剤がおすすめです。柔軟剤はガラスに汚れを付着させないようにしてくれます。窓ガラスをきれいに掃除した後、水で100倍に薄めた柔軟剤をスプレーボトルに入れて吹きかけ、水滴を拭き取ってください。仕上げに柔軟剤を使うことで、ガラスが汚れにくくなります。

まとめ

窓の掃除は、中性洗剤・重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸・新聞紙などのアイテムを使います。できれば、湿度が高く汚れが落ちやすい曇りの日に窓ガラスを掃除しましょう。簡単な窓掃除は月に1回、サッシを含めた大掃除は年に2回が目安です。汚れが気になったときに素早く掃除をすれば、頑固な汚れを防ぐことができ、大掃除も楽になるでしょう。