「 災害対策 」一覧

「職場の安全対策担当になったが、具体的に何をすればよいのだろう」「職場では、どんな事故やケガが多いのか知りたい」とお考えではありませんか? 職場では、何らかの原因による事故で従業員がケガをする可能性があります。従業員の安全を守るためには、職場の安全対策をきちんと実施することが必要です。そのためにも、まずは、どんな事故が起こりやすいのか、どんな対策を行うべきかなど、よく理解しておくことが大切でしょう。

そこで今回は、職場の安全対策について詳しく解説します。

  1. 職場で起こるケガの原因は?
  2. 職場ではどんな事故が起こりやすい?
  3. 職場でのケガを防ぐ安全対策は?
  4. 職場でケガをしてしまったときの対応
  5. 職場の安全対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、職場の安全対策を進めるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


「ゴミ屋敷だと火事が起きやすいと聞いたが、本当なのか」「ゴミ屋敷の火事を防ぐ方法を知りたい」とお考えではありませんか? 確かに、ゴミ屋敷はものが異常に多くて不衛生なだけでなく、さまざまな理由から火事が起きやすいのも事実です。そのため、まずは、ゴミ屋敷自体を片付ける必要があります。しかし、どんな方法で片付けるとよいのか、どんな点に注意するべきかなど、よく分かりませんよね。

そこで今回は、ゴミ屋敷の火事について詳しく解説します。

  1. ゴミ屋敷が火事になりやすい理由は?
  2. ゴミ屋敷が火事になった事例を紹介
  3. 周囲にゴミ屋敷がある場合の対策
  4. ゴミ屋敷になってしまった場合の対処法
  5. ゴミ屋敷の火事に関するよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷の火事を防ぐポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


「台風の被害に遭った場合は、加入中の火災保険でカバーできる?」「台風の被害で火災保険の補償対象になるケースを詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 最近は、スーパー台風と呼ばれる猛烈な台風が増え、日本各地に大きな被害をもたらすことが多くなりました。台風の大きさや強さ・進路も多種多様であり、場合によっては住んでいる地域に大きな被害をもたらすこともあります。まずは、台風の被害を受けたときに備えて、火災保険を見直すことが大切です。

そこで今回は、台風の被害と火災保険について詳しく解説します。

  1. 台風による被害は火災保険で補償される?
  2. 火災保険の補償対象となる被害例
  3. 火災保険の補償対象とならない被害例
  4. 火災保険の保険金を請求する方法
  5. 火災保険を見直すときに押さえるポイント
  6. 台風の被害と火災保険に関するよくある質問

この記事を読むことで、台風の被害と火災保険の関係についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


「震度4以上の強い地震が起こった後、ガスがつかなくなってしまった」というケースは珍しくありません。ガスが止まるといろいろと不便ですが、特にお湯が出ないとなると大変です。「地震に備え、ガスが出なくなる仕組みや復旧させる方法を知りたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、地震でお湯が出なくなる理由やその対処方法を紹介します。

  1. 地震後にお湯が出なくなる理由
  2. 地震後にお湯が出ない場合に確認すること
  3. お湯が出ない場合の対処方法
  4. 地震後のガス復旧に関するよくある質問

この記事を読めば、地震でガスが止まっても慌てることはありません。地震に備え、ライフラインとして重要なガスの復旧方法を知りたい人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

続きを読む


「災害に備えて何を準備すればいいのか分からない」「どのくらいの食料品や飲料水があればいいの?」など、災害の備蓄品で悩んでいる方は多いでしょう。災害に備えてどのくらいの量があれば安心できるのか、目安を把握しておけば万が一のときでも生き抜くことができます。

そこで、本記事では、災害の備蓄品について解説しましょう。

  1. 災害に備えて備蓄しておくべきものは?
  2. 備蓄品をそろえる前に確認したいこと
  3. 備蓄品の最適な保管場所は?
  4. 備蓄以外に準備しておきたいことは?
  5. 災害の備蓄品に関してよくある質問

この記事を読むことで、災害に備えるべき備蓄品などが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

続きを読む


「非常食を用意したがどこに置けばよいのか?」「最適な収納場所を知りたい」という人は多いと思います。近年、地震や台風などの自然災害が多数発生したことにより、非常食を用意した家庭も増えたはずです。しかし、実際に用意したところで、果たしてどこに置いておけばよいのでしょうか。非常時にすぐ持ち出すことができるように、適した収納場所を考えておかなければなりません。

この記事では、非常食の収納方法や収納する際のポイント・注意点などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 非常食について
  2. 非常食の収納方法
  3. 非常食を収納するポイント
  4. 非常食の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、どんな非常食を用意し,何に入れてどこに収納しておくべきなのかが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む


1995年の阪神大震災・2011年の東日本大震災と、日本はここ数十年で2度の大きな地震に見舞われました。
家屋が倒れ、避難所生活を余儀なくされる被災者の方々を見て、災害に対する意識が変わった人も多いはずです。
大きな地震の後、命を守るために最低限必要なものを用意しておき、避難する際に持っていけるように準備しておきましょう。
市販の災害グッズも役に立ちますが、それだけでは不十分かもしれません。
下のリストを見ながら、地震の時に必要なものを家族分用意しましょう。

続きを読む


日本は「災害列島」と言われるほど災害の多い地域です。
特に心配なのが地震ですね。
東日本大震災以降、地震に対する備えを気にする人が増えてきました。
では、地震が起きたときに最低限必要なものとはどんなものなのでしょうか?
ここでは非常用として家に常備しておきたい物をご紹介します。
地震が起きる前に確認しておきたいことも解説していきましょう。

続きを読む


地震が起きるメカニズムをご存じでしょうか?
日本付近では、人間が感じることのできる地震だけでも1年間に1,000回以上発生しています。地震は世界中で発生していますが、そのおよそ3分の1が日本付近に集中しているのです。
地震大国ともいえる日本に住んでいる以上、地震への備えは常にしておかなければなりません。そのためにも、地震が発生する原因や仕組みを理解しておきましょう。

続きを読む


日本は地震が多い国です。
ですから、ほかの国よりも住宅の耐震技術が進歩しています。
また、1996年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災の教訓をいかして、耐震基準法も改正されているのです。
しかし、たとえ耐震基準法に沿って建てられた家でも、間取りによっては地震に弱くなるケースがあるでしょう。
そこで、今回は間取りと耐震の関係についてご説明します。
地震に強い間取りと弱い間取りの違いは何でしょうか?
また、地震に強い間取りの特徴もご紹介しますので、これから家を建てたり買ったりする方はぜひ参考にしてください。

続きを読む