ハウスダスト対策を知りたい人必見! 掃除法から予防法まで徹底解説

「ハウスダストが体によくないと聞いたので、対策を立てたい」「ハウスダストをキレイに掃除する方法が知りたい」という人はいませんか? ハウスダストは目に見えないので、正しい掃除方法を知って実践することが大切です。

今回は、ハウスダストの対策方法を紹介します。

  1. ハウスダストの概要と問題点
  2. ハウスダストは高いところにたまりやすい
  3. ハウスダストの掃除方法
  4. ハウスダストの発生を予防する方法
  5. ハウスダスト対策に関するよくある質問

この記事を読めば、ハウスダストの発生を抑える方法や掃除する際の注意点もわかるでしょう。ハウスダストの対策方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

1.ハウスダストの概要と問題点

はじめに、ハウスダストがどのようなもので、健康にどんな悪影響があるかなどを紹介します。

1-1.ハウスダストは目に見えないホコリの総称

ハウスダストは、大きさが1mm以下のホコリを指します。小さいので肉眼では目に見えにくく、ちょっとした衝撃で宙に舞って、体内にも入りやすいものです。ハウスダストは、以下のようなもので構成されています。
綿をはじめとする繊維類

  • 花粉
  • 土・砂
  • ペットの毛
  • ダニの死骸
  • 排気ガス
  • 食べもののカス
  • たばこの煙
  • 病原菌
  • 髪の毛など
  • カビの胞子

1-2.ハウスダストはどこの家でも発生する

ハウスダストは、どこの家でも発生する可能性があります。私たちの体からも、フケ、皮膚片・髪の毛などハウスダストが発生するでしょう。このほか、布製品や食べのなど、ありとあらゆる場所からハウスダストは発生します。また、花粉や排気ガスなど、外から屋内に侵入するハウスダストもあるので、普通の生活を送っている限り、ハウスダストの発生を完全に防ぐのは難しいでしょう。

1-3.ハウスダストはぜんそくやアレルギーの原因となる

ハウスダストは、空気と共に体内に入ることが珍しくありません。体内に入ったハウスダストによって、ぜんそくやハウスダストアレルギーを発症する可能性もあります。特に、子どもや高齢者など免疫力が低い人はハウスダストの悪影響を受けやすいでしょう。

2.ハウスダストは高いところにたまりやすい

ハウスダストは、家中に存在します。また、前述したように軽いのでちょっとした衝撃で高く舞い上がるので、高いところにたまりやすいでしょう。一例を挙げると棚の上・電灯のカサ・机の上などです。これらの場所は、普段は掃除が行き届きにくい場所でもあります。しっかり掃除をしているつもりでも、ハウスダストだけは取りきれていないということもあるでしょう。

3.ハウスダストの掃除方法

この項では、ハウスダストの掃除方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.掃除は朝一か外出からの帰宅時に行う

ハウスダストは、人が床を歩いても舞い上がります。ですから、朝一に掃除をすれば床や家具の上につもったハウスダストを効率よく掃除できるでしょう。朝は忙しくて時間がない場合は、外出から帰ってすぐに行いましょう。

3-2.掃除は上から下へ行う

ハウスダストの掃除は上から下が基本です。ハンディーモップのようにホコリを絡め取る掃除グッズを使いましょう。「ハウスダスト掃除用」と宣伝しているものもあります。ただし、ハタキのようにホコリを舞い上げて落とすようなものは、ハウスダスト掃除にはおすすめできません。より丁寧に掃除をする場合は、モップをかけたあと固く絞った雑巾で水拭きしましょう。

3-3.床掃除はモップで行い掃除機は最後にかける

床掃除は、モップでホコリを絡め取りましょう。掃除機は、排気でハウスダストを舞い上げてしまいます。一通りモップをかけ終わったら、最後に掃除機をかけましょう。

3-4.布製品は定期的に洗濯する

布製品で洗濯可能なものは、定期的に洗濯しましょう。また、柔軟剤を使用すると静電気を押さえ、ハウスダストを吸着しにくくします。また、布団も専用の掃除機を用いて定期的に掃除しましょう。

4.ハウスダストの発生を予防する方法

この項では、ハウスダストの発生を予防する方法を紹介します。

4-1.ダニ対策を行う

ハウスダストの原因となるチリダニやコナダニは、20℃以上の気温と適度な湿度がある場所を好みます。布団は絶好のすみかとなりがちなので、布団乾燥機を2日に渡ってかけるなどダニ対策をしましょう。ダニは高温を嫌うので、布団乾燥機を50℃前後にしてかけると死滅します。その後、掃除機でダニの死骸を丁寧に掃除し、防ダニシーツなどを敷くと効果的です。また、布団を丸洗いクリーニングに出してもいいでしょう。

4-2.空気清浄機を使う

掃除をこまめにしても、ハウスダストを完全になくすことはできません。空気清浄機を使えば、フィルターがハウスダストをキャッチしてくれます。

4-3.布製品を減らす

布製品は、ハウスダスト発生の原因になります。カーペットや絨毯(じゅうたん)をやめてフローリングにするだけでも、ハウスダストは減らせるでしょう。また、ぬいぐるみはビニール袋に入れて飾っておくなど、ハウスダストが発生しにくい工夫をしてください。

4-4.外出後は部屋に入る前に服へモップをかける

外出すると、服には花粉や排気ガスなどがつきます。外出から帰ってきたら、部屋に入る前にさっと服にモップをかけましょう。それだけで、ハウスダストをいくらか減らすことができます。

5.ハウスダスト対策に関するよくある質問

この項では、ハウスダスト対策に関するよくある質問を紹介します。

Q.ハウスダスト対策としてペットに服を着せることは有効ですか?
A.はい。一定の効果は期待できますが、ペットのストレスにならないように注意しましょう。

Q.ハウスダスト対策にハウスクリーニングは効果が期待できますか?
A.はい。徹底した掃除はハウスクリーニングの除去に効果的です。

Q.ハウスダストの量は季節によって変わりますか?
A.春は花粉が増えやすく、初夏~秋にかけて、地域によっては中国から黄砂がやってくるでしょう。ダニも夏場のほうが発生しやすいものです。ですから、夏場のほうがハウスダストの量は多くなるでしょう。

Q.ハウスダストは新築の家でははっせいしにくいものですか?
A.いいえ。家の築年数よりも家具やインテリアによって変わるでしょう。布製品が多ければ発生しやすくなります。

Q.ハウスダストの掃除はどのくらいの頻度で行えばいいですか?
A.最低でも週に3回以上は行いましょう。

まとめ

今回は、ハウスダスト対策について解説しました。ハウスダストの完全除去は難しくても、ハウスダストを意識した掃除をすれば、減らすことはできます。掃除を行う時間や掃除の手順を守り、こまめに掃除をすることが大切です。また、ハウスダストの予防も同時に行いましょう。