ハウスダストなどのアレルギー対策 3つの方法

鼻水鼻づまり…それは風邪だけが原因であるとは限りません。
最近増えているハウスダストでの症状。
特に秋頃は繁殖したダニなどが死骸となる時期のため、ハウスダストがピークとなります。
ハウスダストのアレルギー症状は、くしゃみや鼻づまりだけではなく、何となく喉がひっかかる感じがする…というものが挙げられます。
では、ハウスダストにやられてしまわないためには、どのようなアレルギー対策をするといいでしょうか?

掃除をこまめにする

掃除はハウスダストのアレルギー対策の基本です。
まずは床のお手入れ、じゅうたんを敷いている場合はじゅうたんの毛の間にどうしてもホコリなどが溜まります。
じゅうたんにも縦と横がありますので、その目にあわせて掃除機をかけていきましょう。
下がフローリングという場合は掃除がしやすいですが、フチには溜まりやすいので気をつけてください。
じゅうたんなどは干せるのであれば、晴れているときには外に干して汚れとともにハウスダストもやっつけてしまいましょう。

眠る場所は特に清潔に

家にいる間でベッドや布団の中にいる時間は、少ないように見えて時間で考えてみると長いと思います。
また眠るときは無防備になりますから、ハウスダストも吸い込みやすい状態となるでしょう。
だからこそ、眠る場所は清潔に保ってください。
布団などをこまめに干すことはもちろんですし、マットレスなどで干せないベッドはきちんとハウスダスト除去をするスプレーなどを使ってみてください。

玄関もきれいにしておこう

玄関は出入り口なので、生活感が出やすいと思います。
気持ちよくお客様をお迎えできるでしょう。
また、出入り口は使用頻度が高いので、舞い上がって固まったほこりが片隅に丸まっていることも多いです。
玄関から全ての運気が始まるのですから、きちんと掃除をしなくてはなりません。

まとめ

  • 掃除をこまめにする
  • 眠る場所は特に清潔に
  • 玄関もきれいにしておこう

いかがでしょうか?
3つのハウスダスト対策をご紹介しました。
何よりも大切なのは掃除です。
しっかりと掃除ができていると、ハウスダストの症状も治まりやすいといわれています。
特に普段生活する場所はもちろん、無防備になりやすい寝る場所、更には出入り口となる玄関の清潔感があるかどうかが大事な問題となってきていますから、まずは重要な場所からハウスダストのアレルギー対策を始めてみましょう。