日当たりの悪い部屋も快適に!明るい&湿気で困らない方法を解説!

日当たりの悪い部屋に住んでいると、昼間でもなんとなく暗くて嫌ですよね。今回は、日当たりの悪い部屋でも明るく快適に過ごすための方法を、ご紹介しましょう。

この記事を読むことで、日当たりの悪い部屋でも明るく快適に過ごすことができますよ。

1.日当たりの悪い部屋の特徴を確認しよう

日当たりが悪い部屋には、いくつかの特徴があります。部屋の環境を改善するためにも、改めて特徴を確認しておきましょう。

1-1.日が当たらなくて昼間でも暗い

日当たりが悪い部屋は、昼間でもまるで夜であるかのように暗いことが大きな特徴。そのため、昼間でも部屋の電気を付けておく必要があります。人間の体内リズムは、適度に日光を浴びることで整いますから、24時間暗い部屋にいることはマイナスでしょう。

1-2.湿気がこもってカビが発生しやすい

日当たりが悪いと、どうしても湿気がこもってしまいやすいものです。なんとなくジメジメする状態が、続いてしまうことは日当たりの悪い部屋の特徴でしょう。湿気がこもった状態では、カビの温床になることも。カビは室内に置いてある大切な物を傷めるだけでなく、アレルギーの原因になって健康にも悪いのです。日当たりの悪い部屋は、カビが生えない環境に改善することが大切でしょう。

1-3. 室温が上がらずに寒い

日当たりが悪いことで、日中でも室温が上がりにくくなります。窓のそばでも肌寒く、冬は暖房を欠かすことができません。部屋を暖めるために、電気代が多くかかることが日当たりの悪い部屋のマイナスポイントであるのは確実です。寒い部屋は、体に負担がかかるばかりか気分的に落ち込む原因にもなるので、改善するべきでしょう。

2.日当たりの悪い部屋を明るく快適にするコツ

日当たりの悪い部屋であっても、工夫しだいで快適に過ごすことも可能です。具体的に、どんな工夫や対策をすると効果的なのかご紹介しましょう。

2-1.カーテンをブラインドタイプに変更する

暗い部屋に、遮光(しゃこう)カーテンをかけてしまうとどうしても暗くなってしまいます。
たとえば、窓にかけるカーテンをブラインドタイプにすると最大限の日光を部屋に取り入れることができるでしょう。しかも、ブラインドタイプの物は外からも部屋の中が見えづらい性質のためにプライバシーも守られますよ。日当たりが悪い部屋であっても、日光を最大限に活用するために積極的にカーテンの取り替えを考えてみてください。

2-2.明るい色の家具に変更する

明るい色の家具に変更することは、暗い部屋を明るくするために効果的な方法です。白色かナチュラルな色合いの家具を選ぶと、室内の雰囲気が明るくなるでしょう。家具の色から受けるイメージは、想像以上に効果的。明るい色調の家具に囲まれた部屋にいるだけでも、気分が明るくなります。この機会に、今の生活スタイルに合わせて買い替えることも考えてはいかがでしょうか。特に、現在黒色や濃い茶色の家具を使用している人は、家具の色調を変更することをおすすめします。

2-3.エアコンや除湿機を活用する

日当たりの悪い部屋の湿気対策は、エアコンや除湿機を活用しましょう。日当たりが悪いという条件は、どうしても湿気がこもりやすくなる上に自然な除湿も難しくなります。強制的に湿気を追い出すためには、エアコンや除湿機を活用することが最善の対策となるでしょう。室内には、皆さんの想像以上に湿気があるものです。部屋の中の家具や物にカビが発生しないようにするためにも、湿気対策は確実に行わなければなりません。普段から、風通しを少しでも良くしたり、除湿に気を付けたりするなどの対策を行ってください。

3.部屋の環境改善には物を少なくすると効果的

日当たりの悪い部屋が、余計に暗くて湿気がこもりがちになる原因のひとつに物が多すぎることが挙げられます。部屋の環境改善には、物をできるだけ少ない部屋にすると効果的でしょう。では、どうして物を少なくすることが効果的なのかの理由を説明していきます。

3-1.物が少ないと部屋が明るくなる

まず、物が少ないと物理的に部屋の光を遮(さえぎ)る物が減って室内が明るくなりやすいのです。特に、窓の近くのスペースが物であふれていたり、背の高い家具が意味も無く置かれていたりすると外(そと)からの光がさらに届きにくくなるでしょう。日当たりの悪い部屋の場合は、物を減らすことで少しでも光が室内に届くように改善することをおすすめします。物理的に不用品を少なくして部屋がスッキリすることは、室内環境改善に大切なことだと覚えておきましょう。

3-2.物が少ないと湿気対策になる

物が少ないと、それだけ湿気を吸い込む対象物が無いことになります。つまり、室内に湿気がこもりにくくなるわけですね。また、物が少ないと風通しも良くなるため、湿気対策には必要不可欠と言えるでしょう。部屋の中に物を置いておくとカビやすいとか、湿気やすいとか感じているのなら、思いきって不用品を処分して物を減らすことが効果的ですよ。大切な物を湿気やカビで台無しにしたくないのなら、早急に不用品処分を検討しましょう。

3-3.物が少ないと気分的にもスッキリする

部屋を明るくしたいとか快適にしたいと考えるとき、物理的な効果だけに注目しがちです。しかし、物を減らすことで気分的にもスッキリすることを忘れてはいけません。物が多いと、無意識に気が散ってイライラしているはずです。普段から部屋が暗い環境なのに、さらに物が多くてイライラしているのでは困るでしょう。気分的にスッキリして明るくなるためにも、部屋の中にある不用品を処分してしまうことです。必要な物だけに囲まれた生活は、気分がスッキリして明るくなることを実感できるでしょう。

4.まとめ

今、日当たりの悪い部屋に住んでいても、工夫しだいで明るく快適に過ごすことは可能です。暗さや湿気に悩むこと無く、快適に暮らすための方法を再度確認しておきましょう。

  • 日当たりの悪い部屋の特徴を確認する
  • 日当たりの悪い部屋でも明るく快適に過ごすためのコツを学ぶ
  • 環境改善には物が少なくすることが効果的な理由を知る

今回の記事を参考にして、少しでも明るく快適な生活を実現してください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!