Home

注目!外構工事の打ち合わせ時に注意する3つのポイントとは? 

「自宅の庭をきれいに整える」「門から玄関まで石畳を作る」「浄化槽から下水に切り替える」あなたもこのような計画を立てていませんか?

自宅の建物以外を整える工事のことを「外構工事」と言います。外構工事は家の外観や使い勝手に直接影響を与えますので、施工前に良く業者と打ち合わせを行ない、妥協しない施工をしてもらうことが大切です。

しかし、「一体どんなことを打ち合わせたらいいのだろうか?」「自分は外構の素人だから難しいことは良くわからない…」と思う人もいるようですね。あなたはいかがですか?
もしそう思っているのであれば心配しないで大丈夫です。外構工事の打ち合わせをするとき注意点を知っておけば、外構工事に関する知識がほとんどなくても満足できる施工をしてもらうことができますよ。

失敗しない外構工事の打ち合わせ方法。知りたいと思いませんか?
そこで本日は、外構工事の打ち合わせ時に注意するポイントを3つ紹介します。
失敗しないで外構工事をするために是非お役立てください。

ポイントその1.トータルバランスを考える

外構工事の良し悪しは自宅の見た目に直結します。庭の整備・駐車場の整備・玄関のアプローチの整備など見える場所の工事をする場合はトータルバランスを意識した施工をお願いしましょう。
具体的なイメージを口で伝えられない場合はその業者が実際に施工した住宅の写真を見せてもらうと良いでしょう。イメージが湧きやすくなりますよ。
「自分は外構工事の素人だから」と思わないでください。良い施工業者ならあなたの希望通りの施工をするために丁寧に打ち合わせをしてくれるはずです。ためらわず自分の意見を言うようにしてください。

ポイントその2.使用する予定の建材の特徴を教えてもらう

外構工事の打ち合わせ時には、使う予定の建材についてしっかり聞いておきましょう。デザインだけで建材を選ぶと耐久性が足りずにヒビや破損が起きてしまうかもしれません。
建材にはそれぞれ適材適所があります。外構工事の打ち合わせをする時には使われる建材の特徴や耐久性などについて良く話し合いましょう。
特に排水関係の外構工事の場合、配管や補強材として使われる建材の破損は致命的な損傷になる場合があるので良く打ち合わせてくださいね。

ポイントその3.適正価格で施工してもらう

外構工事の打ち合わせ時に忘れてはいけないのが予算に関する相談ですよね。
「なるべく安く良い施工をして欲しい」と思うのは依頼者として当然ですが、外構工事は安ければそれでいいというわけではありません。
予算を削るというのはその分の人件費や建材費を削る必要があるということです。確かな施工をして欲しいと思うなら安すぎず高すぎない適正価格で外構工事をしてくれる業者を選びましょう。
施工業者と本格的な打ち合わせに入る前に幾つかの業者から見積もりを取り、その価格を比較しながら打ち合わせをすることもできますよ。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では外構工事前の打ち合わせ時に注意するポイントを3つ紹介しました。

  • 自宅の外観を工事する場合はトータルバランスを意識する
  • 使用予定の建材の特徴を教えてもらう
  • 適正な価格で施工してもらう

外構工事の打ち合わせ時にはこれらのポイントを意識してください。そうするならあなたが満足できる外構工事をしてもらうことができるでしょう。現在外構工事の予定がある方は是非お役立てください。