拭き掃除のコツを知って効果アップ!テクニックや注意点を一挙公開!

拭き掃除のコツを知りたいと思いませんか? 拭き掃除は掃除の基本の一つです。しかし、実際には「面倒くさい」「うまく拭けなくて余計に汚く見える」という悩みは多いでしょう。拭き掃除にはコツがあります。うまくやれば部屋中が見違えるほどきれいになるはずですよ。この記事では、拭き掃除の正しい方法や必要な道具・うまく掃除するためのコツなどを詳しくご紹介します。

  1. 拭き掃除とは?
  2. 拭き掃除の方法
  3. 家具や家電などの拭き掃除について
  4. 拭き掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、拭き掃除の基本を押さえることができるはずです。ぜひ参考にして毎日の掃除に取り入れてみてください。

1.拭き掃除とは?

まずは、拭き掃除についてご紹介します。

1-1.拭き掃除とはどのようなものか?

拭き掃除とはその名のとおり、ぞうきんなどで拭いてきれいにする掃除方法のことです。毎日の掃除に拭き掃除を取り入れている家庭はあまり多くないでしょう。拭き掃除は手間や時間がかかり、体力的にも負担が大きいため、毎日続けるのは面倒に感じる人が多いと思います。特に床は家の中でも面積が広い部分なため、拭き掃除をするのは大変な作業です。しかし、面積が広いからこそ、常にきれいにしておきたい場所でもありますよね。拭き掃除をすることで空気まできれいになり、すがすがしい気持ちになれるものです。運動不足の解消にもなるため、ぜひ拭き掃除を毎日してみてください。

1-2.重要性

拭き掃除には重要な役割があります。毎日掃除機をかけていれば、部屋はきれいに見えるでしょう。しかし、目立つゴミやホコリがなくなっただけで、目に見えない汚れは残っているはずです。たとえば、屋外から入り込んだ砂や泥、タバコの煙、足の裏の皮脂、食べこぼし、カビやダニなど、目に見えない汚れはたくさんあります。拭き掃除にはそういった汚れをきれいに落とす効果があるため、部屋をよりきれいにすることができるのです。掃き掃除で取れない汚れを落とすためにも、拭き掃除をすることをおすすめします。

2.拭き掃除の方法

では、拭き掃除の方法を詳しくご紹介しましょう。

2-1.用意するもの

拭き掃除に必要なものは、基本的にぞうきんとバケツ・洗剤だけです。床の拭き掃除をぞうきんで行うのがつらい場合は、柄の長いワイパーにぞうきんを固定して使用するとよいでしょう。立ったままで拭き掃除ができるため、腰に負担をかけずに済みます。ぞうきんは水拭き用と乾(から)拭き用の2枚を用意してください。

2-2.ぞうきんのたたみ方と持ち方

拭き掃除に必ず使用するぞうきんは、たたみ方や持ち方を工夫することで掃除が楽にできます。まず、ぞうきんを無造作にたたんだまま使用すると、あちこちが汚れてしまうため、端をそろえて手のひらのサイズになるまで折りたたんでいきましょう。端の部分を親指と人差し指ではさみこむようにして持ち、折りたたんだぞうきんがバラバラにならないようにしてください。人差し指から小指までを広げるようにし、均等に圧がかかるようにして拭きましょう。

2-3.拭き掃除のタイミング

拭き掃除をするタイミングとしては、人の動きが少ない時間帯を選ぶことをおすすめします。空気中のホコリが床に落ちているため、拭き掃除をすることで一気に取り除くことができるのです。起床後すぐや帰宅直後などのタイミングで拭き掃除をしましょう。

2-4.拭き掃除の順番

掃除機をかけた後、仕上げとして拭き掃除をする人は多いでしょう。しかし、拭き掃除をしてから掃除機をかけるのが正しい順番です。先に掃除機をかけると排気の風でホコリを舞い上げてしまうため、拭き掃除をしてある程度のホコリを取り除いておくようにしてください。また、拭き掃除をすると拭いた部分に跡がついてしまうことも多いでしょう。跡がつかないようにするためには、乾(から)拭きを行うのが効果的です。両手にぬれたぞうきんと乾いたぞうきんを1枚ずつ持ち、交互に拭いていくようにすると手間が省けます。

2-5.洗剤について

拭き掃除に使用するのは、中性洗剤がおすすめです。バケツ1杯分の水に中性洗剤を小さじ1杯入れて洗剤液を作り、ぞうきんを浸して固く絞った状態で拭き掃除をしましょう。重曹にも汚れを落とす効果はありますが、弱アルカリ性なのでワックスをはがしてしまう恐れがあるため注意してください。

2-6.掃除のポイント

床に食べこぼしの汚れが付着している場合は、1回拭いただけではムラになってしまいます。汚れが水に溶けた状態のまま乾いてしまうため、ぞうきんを何度もすすいで繰り返し拭くのがポイントです。また、目の向きがあるフローリングを拭く場合は、円を描くようにして拭くのではなく、目に沿って拭くことでムラを防ぐことができます。

3.家具や家電などの拭き掃除について

家具や家電など、細かいものを拭き掃除する方法や注意点をご紹介します。

3-1.細かいものの拭き掃除方法

家具や家電を掃除する際は、まず水拭きができる素材かどうかを確認してください。特に家電は水拭きできないものが多いため、マイクロファイバータオルなどで拭いてきれいにしましょう。細かい部分は軍手を活用する方法がおすすめです。ビニール手袋の上に洗剤をつけた軍手をはめ、指で汚れを拭き取りましょう。仕上げに水ですすいで固く絞った軍手を使い、再度拭き掃除をしてください。

3-2.注意点

家具や家電の素材によって、適した掃除方法は異なります。家庭用洗剤や化学モップなどを使うと変色の原因になることもあるのです。説明書がある場合はしっかりと確認しておきましょう。特に、木製家具や革ソファーの掃除は乾(から)拭きが基本です。

4.拭き掃除に関するよくある質問

「拭き掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.畳の拭き掃除はどのように行えばよいのですか?
A.薄めた中性洗剤をぞうきんに染みこませ、固く絞って拭き掃除をしましょう。畳に水分が残るとカビの原因になってしまうため、しっかりと絞るのがポイントです。最後に乾いたぞうきんで水分を完全に拭き取ってください。

Q.カーペットも拭き掃除ができますか?
A.可能です。カーペットは足裏の皮脂で汚れがちなため、拭き掃除をすることで清潔に保つことができます。ぬらしたぞうきんを固く絞り、「の」の字を書くようにしっかりと拭き取りましょう。早く乾くように、天気がよく乾燥した日に窓を開けながら掃除するのがおすすめです。

Q.床がベタベタする原因にはどのようなものがありますか?
A.調理中に飛んだ油汚れやホコリ、足裏の皮脂、湿気などがベタつきの原因です。

Q.壁の拭き掃除をするとヤニ汚れも落とすことができるでしょうか?
A.重曹や中性洗剤を使って拭き掃除をすると、ヤニ汚れも落ちる可能性があります。ただし、壁紙によっては劣化の原因になるため、問題がないか確認してから掃除するようにしてください。

Q.拭き掃除をしてもすぐホコリがたまってしまいます。どうしたらよいですか?
A.ホコリが付着する原因となる静電気を防止するために、界面活性剤が含まれた洗濯用柔軟剤を使用する方法があります。柔軟剤を溶かした水にぞうきんを浸し、固く絞ってから拭き掃除に使用してください。

まとめ

いかがでしたか? 拭き掃除の重要性やコツなどを詳しくご紹介しました。拭き掃除をすることで部屋はきれいになり、空気もすがすがしくなります。手間と時間がかかって面倒に感じる拭き掃除も、ポイントやコツを押さえることで効率的にできるようになるはずです。ぜひこの記事を参考にして部屋も気分もすっきりしてください。