財布をスッキリ整理する方法は? 選び方や使い方のコツも詳しく!

「財布がすぐにパンパンになってしまうが、スッキリ整理するにはどうすればいいのだろう」とお悩みではありませんか。財布には、小銭やレシート・カードなどがすぐにたまってしまうものです。ゴチャゴチャしていて何が入っているのか分かりにくい財布では、使いづらくて困りますよね。そこで今回は、財布をスッキリ整理する方法を詳しく解説しましょう。

  1. 財布を整理する必要性
  2. 財布を整理する方法
  3. 財布の選び方や使い方
  4. 財布の整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、財布を整理する方法やコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.財布を整理する必要性

最初に、財布を整理する必要性について詳しく見ていきましょう。

1-1.財布の中身に関するよくある悩み

財布の中身について、多くの人が以下のような悩みを抱えています。

  • カードが多すぎる
  • 小銭がすぐにいっぱいになってしまう
  • レシートがたまってしまう

1-2.財布がゴチャゴチャして出し入れしにくい

財布がゴチャゴチャしていると、以下のようなデメリットがあります。

  • 出し入れしにくい
  • 必要なものがすぐに見つからない
  • 中身が落ちやすい

1-3.財布を整理することが必要

まずは、ゴチャゴチャした財布を整理することが大切です。財布がスッキリすれば、中身が一目瞭然で、何があるのか分かりやすくなります。使いやすい財布になって、買い物のときのストレスもなくなることでしょう。いつも財布がパンパンになる人は、財布を整理して使い方を改めることが必要です。

2.財布を整理する方法

財布をスッキリ整理する方法を詳しく解説します。

2-1.中身を全部出してから厳選・収納する

財布を整理するためには、いったん中身を全部出してしまうことから始めましょう。次に、入れるものと不要なもの・処分するものを分けてください。入れるべきものだけになれば、財布がスッキリします。最後に、必要なものだけを種類ごとに適した場所に入れていきましょう。

2-2.カード類は普段使うものだけを入れる

カード類は、普段よく使うものだけに厳選して入れましょう。クレジットカード・会員カード・ポイントカードなど、財布の中にはいつの間にかカード類がたまってしまうものです。まずは、厳選して普段使うものだけを財布に入れてください。そのほかのカード類も持ち歩きたいのなら、専用のカード入れを別途用意して収納するといいでしょう。

2-3.小銭は入れる枚数を決めておく

財布に小銭がたまりやすい人は、入れる数を決めておくといいでしょう。たとえば、500円玉1枚・100円玉4枚・50円玉2枚・10円玉5枚・5円玉1枚・1円玉4枚といった感じです。決めた数以上になったら、別途小銭入れや貯金箱に移すといいでしょう。また、小銭を増やさないためにも、おつりが出ないような支払いを心がけてください。面倒だからといってお札だけを出していれば、財布の中に小銭が増えるだけです。

2-4.レシートは当日中にチェック・処分する

レシートは、なるべく当日中にチェック・処分しましょう。不要なレシートは、財布がパンパンになる大きな原因です。ただし、受け取った後すぐに処分するのはおすすめしません。支払い内容と金額を確認し、必要なものは別途保管しておきましょう。後日返品やクレームを申し出るときにも、レシートの提示が必要になります。

3.財布の選び方や使い方

中身をキレイに保ちやすい財布の選び方や使い方を詳しく解説しましょう。

3-1.整理しやすい財布の選び方

財布を選ぶときは、デザインの好みだけでなく、整理しやすいかどうかをチェックすることも大切です。具体的には、以下のポイントを参考にするといいでしょう。

  • 仕切りの数が適度にある
  • 中身が見やすく出し入れしやすい
  • 手に持ってしっくりくる大きさ
  • 丈夫な素材や作り

財布の形状には、長財布・二つ折り・がま口などさまざまなタイプがあります。最もおすすめなのは、各種カード類やお札などがかさばらずに整理しやすい長財布です。そのほかのタイプは中身がゴチャゴチャしがちなので、よりこまめな整理整頓が必要になるでしょう。

3-2.定位置を決めて収納するとスッキリ

財布の中身をスッキリ保つには、以下のような使い方を心がけましょう。

  • ものの定位置を決めて収納する
  • こまめに整理する
  • 定期的に中身をチェックし入れ替える

3-3.電子マネーなどを利用してキャッシュレス化する

財布の中身を常にキレイに保ちたいのなら、現金の使用を抑えることもひとつの方法です。たとえば、電子マネーの利用を増やすことも検討しましょう。キャッシュレスでの支払いが増えれば、必要以上に現金を財布に入れておく必要がなくなります。クレジットカードもキャッシュレス化に効果的です。ただし、電子マネー・クレジットカード共に、レシートや利用控えを受け取ったときは、こまめに整理・整頓することを忘れないでください。

4.財布の整理に関するよくある質問

最後に、財布の整理に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.クレジットカードを整理するときのポイントは?
A.財布に入れるクレジットカードは常に使うものだけにしましょう。そのほかでは、1年以上使わなかったものは解約することをおすすめします。特に年会費を支払っているものは無駄なので、早めに手続きしましょう。

Q.財布は何年ごとに買い替えるといい?
A.特に決まりはありません。汚れや傷みがひどい・使いづらいなどと感じたときに、適宜買い替えてください。

Q.毎日レシートを整理するのが面倒なのですが?
A.毎日整理するのが無理なら、レシート入れを別途用意して帰宅時に移しておくといいでしょう。レシート入れの中身は、1週間に1回程度チェックし不要なものを処分してください。

Q.財布の仕切りは多いほうがいい?
A.仕切りが多いほうが細かく仕分けしやすいのは事実です。しかし、仕切りが細かいほど財布がかさばる原因にもなります。必要最低限のものが過不足なく収納できるものがおすすめです。

Q.財布に入れるべきではないものには何がある?
A.以下のようなものは、財布に入れるべきではありません。支払いに直接関係のないものは、財布から除外しましょう。

  • ガムなどのお菓子
  • 備忘メモ
  • 常備薬

また、運転免許証や健康保険証などの身分証明書も、紛失や盗難の可能性を考えると財布に入れないことをおすすめします。

まとめ

今回は、財布の整理について詳しく解説しました。財布の中身がパンパンで何が入っているか分からない状態では、使いづらくて不便です。まずは、財布の中身をすべて出し、必要なものと不要なものを仕分けましょう。必要なものだけを収納すれば随分とスッキリするはずです。もし必要なものがすべて入らないのなら、財布を買い替えることも検討してください。使いやすい財布を選ぶには、実際に手に取ってチェックすることが大切です。必要なものだけがキレイに収納された財布になれば、格段に使いやすくなることでしょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!