車の廃車手続の方法とは? こんな場合も届け出が必要!

自動車が事故で破損したり災害などで水没したりして壊れてしまった場合、必要となるのが廃車手続です。
では、この廃車手続はどのように行えばよいのでしょうか?
今回はその方法や廃車手続の種類、必要な書類をご紹介します。
また、修復が不可能で廃車にしてしまった車も売却することが可能です。
その方法や理由もご紹介しましょう。廃車手続の方法が分からないという方や、廃車にした車を売却したいという方はぜひ読んでみてください。

  1. 廃車手続のやり方とは?
  2. 廃車を売却できる理由とは?
  3. 廃車の引き取り先を自分で見つけることはできるの?

1.廃車手続のやり方とは?

この項では、廃車手続のやり方や必要な書類をご紹介します。
廃車手続とひとくちにいっても、いくつかの種類があるのです。
また、所有権を移すだけでも廃車手続をしなければなりません。

廃車手続の種類とは?

車を手放したい、もしくは廃車にしたという場合は車の状態によって以下のような手続きが必要です。

永久抹消登録

すでに解体を済ませてしまった車を廃車にする手続きです。大規模災害によって車が行方不明になり、回収不可能という場合もこの手続きをする必要があります。

一時抹消登録

車を売却したり、譲渡したりする場合に行う手続きです。また、車が盗難にあった場合も同様の登録をする必要があります。
さらに、この登録をした後に車を解体した場合は「解体届」を提出しなくてはなりません。

輸出抹消仮登録

自分の車を輸出したいというときに提出する届け出です。

廃車手続の届け出先と必要書類とは?

廃車手続はすべて「陸運局」で行います。各県に支部があるので場所が分からない場合はインターネットや地図アプリなどで調べましょう。
また、廃車手続は自分で行う方法と、業者に代行してもらう方法があります。
廃車手続に必要な書類は

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • 所有者の委任状
  • 自動車税・自動車取得税申告書

などがありますが、自分で行う場合と業者に代行してもらう場合では必要書類が一部異なります。
また、種類によっても必要書類が変わってきます。
正確に必要な書類が知りたい、という場合は陸運局に問い合わせたり、車の各種手続きをまとめたサイトを調べたりしてみましょう。

廃車手続を行わないとどうなるの?

自動車は所持しているだけで、重量税などの維持費がかかります。
廃車手続を行わないと重量税はずっと所有者に請求され続けることになるでしょう。
また、廃車手続を行うことで、払っていた重量税の一部が変換されたり、これから払う重量税が日割りになったりします。
さらに、所有者が移る場合も一度歯医者手続を行わない限り、何か不備があった場合は元の所有者の責任になります。
ですから、廃車手続は必ず行いましょう。
仕事が忙しい、被災して廃車手続を行っている暇がないという場合は、代行業者に依頼をしてください。

2.廃車を売却できる理由とは?

インターネットには「廃車を買い取ります」という業者のサイトがたくさんあります。
では、なぜ廃車が売れるのでしょうか?この項では、廃車が売却できる理由をご紹介していきます。

廃車は使えない車ではない

廃車というと、使い物にならない車というイメージがあります。
しかし、事故で大破したり災害で燃えてしまったりしない限り、車は修理をすれば再び走行できるようになります。
しかし、日本では事故車の人気は低く、需要があまりありません。
ですから多くの方が廃車にするのです。
しかし日本車は海外で人気が高いため、修理して海外の業者に転売したり、部品だけを取ってリサイクルする業者が廃車を買い取ってくれるのです。

新しい車ほど廃車でも高く売れる

車を持っている限り、事故や災害に巻き込まれる可能性があります。
場合によっては新車が事故にあったり災害に巻き込まれることもあるでしょう。
しかし、新しい車ほど廃車でも高く買い取ってもらえます。
新車を廃車にしなくてはならない場合は、解体する前にぜひ一度業者に見積もりを取ってもらいましょう。

廃車を買い取ってくれる業者とは?

廃車の買取を行う業者には以下のようなものがあります。

廃車買取専門業者 

廃車を専門に買い取って自社工場で修理をして販売したり、海外へ部品を輸出したりします。
独自の販売ルートを持っていることも多いので、高く買ってくれる可能性も高いでしょう。

中古車販売会社

中古車販売会社の中には廃車を買い取ってくれるところもあります。しかし、あまりに破損が激しいものは買取を拒否されることが多いでしょう。修理工場で修復が可能な破損状態の車ならば査定にだしても大丈夫です。

自動車部品のリサイクル業者

廃車でも、部品は使えるという車も多いです。自動車部品のリサイクル業者は廃車から部品をとり、リサイクルすることも少なくありません。
破損の激しい車も引き取ってくれる可能性があります。
インターネットには、廃車を一括査定してくれるサイトもありますので、廃車の買取を希望する方は利用してみましょう。

3.引き取り先を自分で見つけることはできる?

現在はインターネットオークションなど、個人で物品を売買できる場所が増えています。
そのような場所をし利用すれば、個人で廃車を販売することができるでしょう。
しかし、廃車といえども自動車ですから、売買にはある程度のお金が動くことになります。
また、インターネットオークションでは、現物を見ずに取引が行われるため、想像していたものと届いた現物が異なってトラブルが起こることも珍しくありません。大きなお金が動いた取引ほど、トラブルは起こりやすくなります。
個人で廃車を売買したいという場合は、そのリスクを十分に理解してから行ってください。
また、前述したように、車は必ず廃車手続をしなければ所有権を移すことはできません。
手続きを忘れないように注意しましょう。
しかし、個人で廃車を売買する場合でも、業者が仲介に入ってくれればリスクも少なく、売買契約もスムーズに行えます。
現在は、車を売りたい人、買いたい人を仲介するマッチングサイトを運営している業者もありますので、業者の査定に納得できないという方や、思い入れがある車を自分の手で売りたいという方は利用してみるとよいでしょう。
このようなサイトを利用すると、業者が廃車手続を代行してくれたり、引き渡し方法を決めてくれたりしますので、個人でも簡単に自動車を売ることができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は自動車の廃車手続の種類や方法、さらに廃車になった自動車も売却できる、ということをご紹介しました。
まとめると

  • 廃車手続は所有者が移ったり、海外へ輸出する際にも必要
  • 盗まれたり、災害で車が行方不明になっても廃車手続は必要
  • 自分で行う場合と業者に代行してもらう場合は必要な書類が異なる
  • 廃車でも売却できる

ということです。日本では解体して処分するしかない、という自動車も海外では立派に現役で動いているということは多いです。
また、日本車は優秀ですから激しく破損していない限り、部品だけでも再利用が可能という場合が少なくありません。
事故や災害に巻き込まれて車が激しく破損してしまった、という場合は廃車にする前に一度査定に出してみませんか?
もしかしたら値段がついて自動車が再び世界のどこかで走れるようになるかもしれません。
また、新しい車をかう資金の一部を賄えることもあるでしょう。