拭き跡が残らない窓掃除のコツは? おすすめの掃除道具や洗剤も紹介

「窓掃除をすると拭き跡が残ってしまう」「拭き跡が残らないようにするにはどんな道具を使えばよいのか?」とお悩みではありませんか? 窓をきれいにするために掃除をしたのに、拭き跡が残って余計汚なく見えてしまうとショックですよね。できるだけ手間と時間をかけずに窓をピカピカにするためには、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、窓掃除で拭き跡が残ってしまう理由や拭き跡を残さない掃除方法などを詳しくご紹介します。

  1. 窓掃除で拭き跡が残ってしまう理由は?
  2. 拭き跡を残さない窓掃除の方法を紹介
  3. 窓をきれいに保つ3つのポイント
  4. 窓掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、窓掃除のコツやおすすめの道具・汚れを予防する方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.窓掃除で拭き跡が残ってしまう理由は?

まずは、拭き跡が残ってしまう理由や知っておくべき窓掃除のコツをご紹介しましょう。

1-1.ぞうきんや洗剤が拭き跡の原因

窓掃除をした後、窓ガラスに拭き跡が残ってしまうのは、ほとんどが掃除に使ったぞうきんや洗剤が原因でしょう。きちんと洗剤が拭き取れていない場合や、ぞうきんの繊維が窓に付着してしまった場合などに、拭き跡が残ってしまうのです。

1-2.曇りや雨の日で湿度が高い日がおすすめ

窓掃除は、できるだけ曇りや雨の日で湿度が高い日に行うのがおすすめです。晴れた日は空気が乾燥しているため、汚れが固まって落としにくくなります。しかし、曇りや雨の日だと湿度が高く、汚れが緩んで落ちやすくなるのです。また、晴れた日はガラスの光が反射して汚れが見えにくくなるため、汚れをチェックしやすい曇りの日や雨の日のほうが掃除しやすいでしょう。

2.拭き跡を残さない窓掃除の方法を紹介

拭き跡を残さず窓掃除をするために、おすすめの道具や洗剤・方法をご紹介しましょう。

2-1.拭き跡が残らない掃除道具や洗剤は?

拭き跡が残らないように窓掃除をするには、以下のような道具や洗剤を使うのがおすすめです。

2-1-1.マイクロファイバークロス

マイクロファイバークロスは普通のタオルなどと比べて繊維が細かいため、汚れをかき取るようにして落とすことができます。素材を傷つけることなく汚れを拭き取ることができるため、窓掃除に最適です。また、繊維のほつれもほとんどありません。拭き跡を残さず窓をきれいにすることができるでしょう。

2-1-2.キッチンペーパー

マイクロファイバークロスがない場合は、キッチンペーパーを使う方法がおすすめです。固く絞ったぞうきんなどで窓の汚れを拭き取った後、キッチンペーパーで乾(から)拭きをします。繊維が窓に付着する心配もなく、きれいに仕上げることができるはずです。

2-1-3.新聞紙

手近なアイテムでは、新聞紙を使った方法があります。新聞紙は繊維が粗く、汚れをしっかりと絡め取ってくれるのです。しかも、新聞紙に使われているインクにはツヤ出し効果があるため、窓ガラスがピカピカになります。

2-1-4.中性洗剤

窓掃除に使う洗剤は、中性洗剤がおすすめです。中性洗剤は酸性やアルカリ性の汚れも落とす作用があるため、基本的にどこでも使えます。普通の汚れであれば、窓もきれいに掃除することが可能です。また、市販のガラス用洗剤に比べて汚れが落ちやすいため、拭き跡を残しません。

2-2.拭き方や仕上げ方法にも工夫が必要

窓掃除の際は、一定の方向に拭いていきましょう。方向を定めず上下・左右に行ったり来たりさせると拭きムラが残ってしまいます。また、洗剤スプレーを使用する場合は、ガラスに直接吹きかけるのではなく、ぞうきんにスプレーして掃除するようにしてください。ガラスにスプレーすると洗剤が垂れて跡が残ってしまいます。さらに、窓掃除にはスピーディーさも必要です。ガラスに洗剤をつけてから拭き取るまでに時間がかかると、洗剤が乾いて跡が残ってしまいます。最初にすべての窓に洗剤をつけるのではなく、1枚ずつ乾(から)拭きまで仕上げていくことがポイントです。

3.窓をきれいに保つ3つのポイント

窓がきれいだと部屋が明るく見えます。普段からできるだけ窓をきれいに保つためには、どうしたらよいのでしょうか。

3-1.曇り止め効果があるクリーナーを使う

曇り止め効果のあるガラスクリーナーを使って掃除をすると、ガラスの表面に保護膜ができます。雨を弾(はじ)く効果があるため、汚れにくくなりおすすめです。

3-2.柔軟剤でコーティングする

窓掃除に柔軟剤を使うことで、汚れが付着しにくくなります。柔軟剤の主成分は陽イオン界面活性剤で、静電気の発生や汚れの付着を防止する効果があるのです。水に柔軟剤を溶かして固く絞ったタオルで拭き掃除してみましょう。

3-3.定期的に掃除をする

窓をきれいに保つためには、定期的な掃除が必要です。1~2か月に1回は窓ガラスをチェックし、目立つ汚れが付着していれば簡単に掃除をしておきましょう。そうすれば、本格的な掃除は半年に1回程度で十分です。梅雨明けや年末年始のタイミングで掃除するとよいでしょう。

3-4.網戸を先に掃除する

掃除をする際は、窓ガラスより先に網戸をきれいにしましょう。網戸が汚れていると、窓ガラスにもその汚れが付着してすぐまた汚れてしまいます。網戸も定期的に掃除していれば簡単な掃除で済むため、窓ガラスより先に取りかかっておきましょう。

4.窓掃除に関するよくある質問

「拭き跡を残さずに窓掃除をしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.窓ガラスが汚れる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.外窓の汚れは砂や土・黄砂・粉じんなどが主な原因です。内窓は手アカや調理による油分・ホコリ・カビなどが主な原因でしょう。

Q.窓掃除にメラニンスポンジを使っても問題ありませんか?
A.窓ガラスのように硬い素材なら、メラニンスポンジを使っても傷をつける恐れはないでしょう。ただし、一部がコーティングされているガラスや樹脂フィルムが貼ってある場合などは傷をつける可能性があるため、注意してください。

Q.窓掃除をする時間帯はいつがよいですか?
A.汚れを目で確認しやすい夕方や、比較的ゆっくりと乾燥する朝方をおすすめします。

Q.窓ガラスの結露が原因で、ゴムパッキン部分にカビが発生してしまいました。どうやって掃除すればよいでしょうか?
A.消毒用エタノールをカビ部分にスプレーし、30分ほど放置してください。その後、ティッシュペーパーなどでやさしく拭き取りましょう。

Q.窓ガラスは内側と外側、どちらから先に掃除するべきですか?
A.外側から先に掃除してください。外側のほうが汚れているため、先にきれいにしておくことで、内側を掃除するときに汚れ具合を確認しやすくなります。

まとめ

拭き跡を残さず窓掃除をする方法やコツ・汚れを予防するポイントなどをまとめてご紹介しました。拭き跡が残らないよう完璧に窓掃除をするためには、いくつかコツや注意点があります。家にある道具だけを使って窓ガラスをピカピカに掃除することは可能です。ぜひこの記事を参考にして、窓掃除をきれいに仕上げる方法を知ってください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!